読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

【洋書】 China Rising: 著David C. Kang

過去記事の再掲です。元は10/10に書いたものです。 さて、読んだは良いが、まとめるのがまためんどくさいな(´-ω-`)。 China Rising: Peace, Power, and Order in East Asia (Contemporary Asia in the World) 作者: David C. Kang 出版社/メーカー: Columbia…

地雷化する地政学?

たまにはまともに記事を書きたいと思います。「地政学」について少し。 この記事がツイッターで話題になっていたので、読んでみたのですが、ギリシャ問題を「宗教」で説明するのはやや強引。無理がある。それはさておいて、この記事のタイトル、副題ですかね?そ…

日本の核武装を考えてみる

ここで、核武装は日本の安全保障にプラスにならない。安易な核武装はダメだという話がありました。当時は冷戦中であり、今とは時代背景・環境が違う。それならば今はどうなのか?今、日本が核武装をした場合、安全保障上プラスになるかということを考えてみ…

『平和の代償』から中国の革命路線とベトナム戦争について

J-49 平和の代償 (中公クラシックス)/中央公論新社 ¥1,836 Amazon.co.jp 放置していて読んでいなかったのをとうとう読み終えたので、本格的な話は後にして。今回単独で書いておきたいことを触りとして。 ベトナム戦争について多くの人はどんなイメージを持…

日中関係史(有斐閣)

日中関係史 (有斐閣アルマ)/有斐閣 ¥2,052Amazon.co.jp さて『日中関係史』、手を出してかたしていなかったものをメモ。どうもこういう教科書的なのは、普通の時系列的な記述が多くて取り上げる点が多くない。近代化が始まる頃の見解の方が、新しい知見が反…

坂本義和、軍縮の政治学

新版 軍縮の政治学 (岩波新書)/岩波書店 ¥608 Amazon.co.jp 坂本義和さんの『軍縮の政治学』を読みました。まあ、だから何だという話ではないんですが、なんというか、あの時代(冷戦)の人はやっぱこういう話をするのかな、という本でしたね。永井陽之助の『…

リアリズムの疑問とか帝国論とか

ウォルツのシステム論見たあとで、思いついたこと。リアリズムについての限界とかなんとか。 ネオネオ論争とかやっぱり国際政治学、関係論として有意義とは思えない。自説に拘ってるだけで視野が狭すぎる気がするなぁ。なんでネオネオ論争になるのかがそもそ…

三浦瑠璃氏の「平和のための徴兵制」

日本に平和のための徴兵制を(by三浦瑠璃)http://blogos.com/article/93190/ 敢えて今民主主義諸国で徴兵制を採用することで戦争のコスト(血を流すというコスト)を上げる、それによって開戦に対して抑制的になるという話。徴兵制が平和にプラスに働いている実…