てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

外交関係

安心供与というロジックの話

安全保障には威嚇の論理と安心供与の論理がある。攻めてきたら反撃で相手をひどい目に合わすぞというロジックと、相手にウチの国は攻め込む必要性がそもそも無いですよ~とか平和的な国なので軍事力行使のハードルは高いですよ~とかまあそういうロジックで…

FAから、漂流する日本の政治と日米同盟

フォーリン・アフェアーズ・リポート2011年9月10日発売号/フォーリン・アフェアーズ・ジャパン ―から、『漂流する日本の政治と日米同盟』byエリック・ヘジンボサム、エレイ・ラトナー、リチャード・サミュエルズを取り上げたいと思います。ランド研究所の…

憲法九条と中国のノーベル平和賞

憲法九条にノーベル平和賞をという話が前にありました。憲法九条を守れ!という主張は精神としての憲法九条、世界から戦争をなくしていこうという精神を殺す―という話を以前しました。憲法九条を守ることで、日本が軍事支援をすれば救われる友好国・民主主義…

中国の「國體」と領有権主張は日本を有利にする

今の中国の外交などの行動をうまく説明するのに、戦前の日本の戦略が「國體」を守ること、自分たちの価値観を守るために行動していたことと重ね合わせると上手く説明できるんじゃなかろうか?中国の「國體」という切り口で説明すると割りとわかりやすいのか…

イランの核武装容認で同盟を結ぶべきか

フォーリン・アフェアーズ・リポート2012年2月10日発売号/フォーリン・アフェアーズ・ジャパン ¥2,263 Amazon.co.jp いまこそイランを軍事攻撃するタイミングだ― 封じ込めは最悪の事態を出現させる(マシュー・クローニッグ)を読んでいて、米はイランの核武…

ロシアのクリミア編入と北方領土

クリミアの話の前に日本の外交、領土問題との話を。 多分、ブログでも、安倍=プーチンでパイプがあるっていうのを一年くらい前に書いたと思うんですけど、そういえば安倍ちゃんは北方領土問題でなぜか熱心だった。解決するわけないだろ!いい加減にしろ!と…

世界平和=国際秩序を軽視する日本

米欧同盟の協調と対立 渡邊啓貴著 今度はこの続きです。 さて米欧秩序、米国と欧州の間に存在する外交関係について気づいた現行国際秩序のポイントなのですが、末文において欧州がその機構としての対外関与を深めていることが重要だということを書きました。…

欧州秩序と東ア秩序の比較

ヨーロッパ国際関係史の続きになります。 ここで見た、欧州外交つまり近代外交の基本構造・図式を見た上で半島の統一、東ア冷戦はどうなるか?ということを書いてみたいと思います。 欧州では二度の世界大戦の悲劇から、絶対に二度と戦争を起こさないという…

米の対日観と尖閣衝突について

靖国参拝は日本の戦略的利益にとって無意味 ダニエル・スナイダー氏に聞く 東洋経済オンライン http://toyokeizai.net/articles/-/28287 概ね米の学者はこのように見るだろう。ここから有意義なことがいくつかわかる。①米は「守ってやっている」と考える。守…

オバマ外交の根本的誤り

そろそろ靖国ネタは今回くらいで終わりにしたい。というかさっさと書いておけよという話ですが。 オバマさんは丁度、日本で言ったら鳩山さんのように保守派からは映っているんでしょうか(※)。理念だけの現実を無視した外交オンチと。まあその保守派からして…

河野談話の補足

維新、河野談話の撤回要求へのはなしの続きです。産経の報道で河野談話は日韓合作であり、欺瞞に満ちたものだ!!!なんてのがありました、筋違いの視点での報道だったので、この話を。別に韓国よりに韓国のお伺いを立てて作られたなんてものではありません…

日本の英兵捕虜問題

ハフィントン・ポストでこんな記事がありました。『日本人はなぜ謝りつづけるのか』 http://huff.to/1geaVh7 これが面白かったので、これについて書きたいと思います。英で未だに元日本捕虜になった人達の反日的な感情があるとは思いませんでした。無論、こ…

外交力学を無視した韓国外交

韓国の話の続き。韓国サイドの視点から、現実主義的な実務担当者の立場で今の韓国外交を見てみると、多分怖くてしかたがないハズ。これまでの大統領は「新思考外交」路線を取ってきた。毎回歴史棚上げを踏みにじる韓国トップだが実はそこにアヤがある。 ―と…

米の外交的愚かさは安倍政権の外交ミスの言い訳にはならない

自民党議員の誰か忘れましたが、靖国参拝による「失望」は共和党ならありえなかった―と自民党議員が語っていた記事がありました。 そして今回バイデン副大統領の能力に疑問符が付けられるような記事が産経に出ていました。あまりに韓国よりだと。「失望」は…

日本の声を聞かない米は反米派を育成している

靖国参拝は意識していなくとも、そういう意図がなくとも、中国への挑発行為になる。結果、対日強硬派・軍部の台頭に繋がるから止めろ!というロジックが出てきます。そしてそれは正しいものです。しかし同時に米が、また世界的に緊張状態を好まないためでも…

靖国参拝について日本国際問題研究所の小谷哲男さんの分析

安倍首相の靖国参拝 日本はどのように外交を立て直すか WEDGE Infinity http://bit.ly/18Uf8qn 日本国際問題研究所の小谷哲男さんの分析が非常に良く出来ている、良質なものだと思いましたので紹介しておきます。 オチにちょっと語り不足という所があるが、…

オバマの参拝批判に見る米の対日観

前回オバマ外交の稚拙さについて書きましたが、ではどうしてそういった稚拙な対応をしたのかという解説をしたいと思います。 まあ、米は基本的に軍事大国であり、実力で何とか出来てしまうので外交が下手です。冷戦・第二次世界大戦は言うまでもなく、第一次…

靖国批判に見るオバマ外交の稚拙さ

靖国系のつぶやきがたまっているのでその消化がしばらく続きます。かなり時間経ってしまいましたがご容赦を。今回はオバマ政権の対応の稚拙さについてです。 ダボス会議で安倍首相が今の日中関係は英独関係のような―発言で欧諸国から注目されたように、中日…

東京裁判とサンフランシスコ体制を結びつける愚かさ

靖国参拝に関連して河村市長は「A級戦犯を裁いた東京裁判を支持しない」と述べたようです。このような姿勢について、否定的な意見を表明する人は少なくありません。「東京裁判を受け入れた」からこそ、「先の大戦の非を認めた」からこそ、「責任者が処罰さ…

維新、河野談話の撤回要求へ

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/31228/stt13122808150000-n1.htm…河野談話の撤回と、河野氏の国会への参考人招致を求める署名運動を全国で展開するみたいです。慰安婦像の設置について維新の議員を派遣したとか。VS韓国について、維新は一歩も引く…

靖国報道に見る自民族中心主義と「失望」

安部首相の参拝に対して、国内メディアが中国・韓国の反発やアメリカの失望がという視点でされていることが残念だ。自国の首相の無謀な行為を、日本社会の視点や国内政治という視点で批判できないのか―というのを見ました。 むしろ、そういう視点は普通にあ…

靖国参拝について

地震速報のようにTLで安倍ちゃんの参拝を知った。しかしなんで8・15でも9・2でもなく、今なのか?小泉みたいに政権の求心力、権力争いに利用する気かしらね。反感煽って、不当な圧力に立ち向かう安部総理(キリッ)って感じですかね。 ASEANで参拝承認を得よう…

第三次アーミテージ&ナイレポートについて

第三次アーミテージ&ナイレポートhttp://iwj.co.jp/wj/open/archivs/56226… IWJに訳文がありましたので、リンクを。 米の要求を日本の政治家がママ受け入れてしまうことが問題というツイートを見ました。それは確かだが、本質的には日本が戦略を持って、米…

鳩山訪中で大活躍中!正直、今が全盛期!?

鳩山元首相が尖閣問題を領土問題として主権主張をすべきみたいな記事を見た時、領土問題として日本側が譲歩することで、なにか問題が解決される目処があるのならばいいんですが、そんな目処が立っているのか、かなり疑問。相手の面子を立てることは間違いで…