読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

本・読書―批評・批判・感想・レヴュー

【洋書】 China Rising: 著David C. Kang

過去記事の再掲です。元は10/10に書いたものです。 さて、読んだは良いが、まとめるのがまためんどくさいな(´-ω-`)。 China Rising: Peace, Power, and Order in East Asia (Contemporary Asia in the World) 作者: David C. Kang 出版社/メーカー: Columbia…

ヨーロッパ覇権以前:もうひとつの世界システム(下) ジャネット・L.アブー=ルゴド著

例によって、再掲です。元は10/09に書いたものです。 じゅっ、需要はあるのか…?(^ ^;) 下です。あ、書き忘れてたけど、黒字が己の感想で重要なところね。たまにどっちかわかんなくなって、普通に色字になってるけど。 ヨーロッパ覇権以前〈下〉―もうひとつ…

機関銃の社会史

機関銃の社会史 (平凡社ライブラリー) 作者: ジョンエリス,John Ellis,越智道雄 出版社/メーカー: 平凡社 発売日: 2008/02 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 35回 この商品を含むブログ (15件) を見る ※珍しくアマゾンレビューがオモシロイと思ったので…

ヨーロッパ覇権以前:もうひとつの世界システム(上) ジャネット・L.アブー=ルゴド著

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/09に書いたものです ヨーロッパ覇権以前〈上〉―もうひとつの世界システム 作者: ジャネット・L.アブー=ルゴド,Janet L. Abu‐Lughod,佐藤次高,高山博,斯波義信,三浦徹 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2001/11/27 …

小室直樹著 『これでも国家と呼べるのか』続き

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/09に書いたものです 続きです。【四章】 ココからの経済の話は昔の話なので、あまり参考にならない話もあります。ただエッセンス、その重要性は全く変わりません。 歳出増→国債増→国債費増(利子とか)→歳出増…このよ…

小室直樹著 『これでも国家と呼べるのか : 万死に値する大蔵・外務官僚の罪』

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/09に書いたものです 検索ワードが天才 小室直樹 死去、逝去で来る人も結構いるので、追悼企画で要約を載せることにしました(全然要約にならんかった…む、難しい…)。(天才社会学者―小室直樹 死去 の続きで書いたもの…

これからの「正義」の話をしよう―いまを生き延びるための哲学 マイケル・サンデル

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/09に書いたものです これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 作者: マイケルサンデル,鬼澤忍 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2011/11/25 メディア: 文庫 購入: 4人 クリック: 204回 …

貨幣システムの世界史―「非対称性」をよむ 黒田明伸

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/07に書いたものです 貨幣システムの世界史 増補新版――〈非対称性〉をよむ (世界歴史選書) 作者: 黒田明伸 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2014/03/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る *1 20…

貨幣の中国古代史 山田勝芳

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/07に書いたものです 貨幣の中国古代史 (朝日選書) 作者: 山田勝芳 出版社/メーカー: 朝日新聞社 発売日: 2000/09 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログを見る 当時の経済状況を理解するために必要だ…

地雷化する地政学?

たまにはまともに記事を書きたいと思います。「地政学」について少し。 この記事がツイッターで話題になっていたので、読んでみたのですが、ギリシャ問題を「宗教」で説明するのはやや強引。無理がある。それはさておいて、この記事のタイトル、副題ですかね?そ…

西嶋定生東アジア史論集〈第1巻〉 中国古代帝国の秩序構造と農業

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/07に書いたものです 西嶋定生東アジア史論集〈第1巻〉中国古代帝国の秩序構造と農業 作者: 西嶋定生 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2002/06/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る を取り上げるの、…

書評―恐慌は日本の大チャンス 官僚が隠す75兆円を国民の手に/高橋 洋一

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/05に書いたものです 恐慌は日本の大チャンス 官僚が隠す75兆円を国民の手に 作者: 高橋洋一 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2009/09/30 メディア: 単行本 購入: 4人 クリック: 86回 この商品を含むブログ (22件) …

民主党が知らない―官僚の正体/日下 公人

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/05に書いたものです 民主党が知らない―官僚の正体 作者: 日下公人,金子仁洋 出版社/メーカー: ベストセラーズ 発売日: 2010/01/26 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 3回 この商品を含むブログ (2件) を見る ま…

貨幣とは何だろうか (ちくま新書)/今村 仁司

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/05に書いたものです 貨幣とは何だろうか (ちくま新書) 作者: 今村仁司 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 1994/09 メディア: 新書 購入: 2人 クリック: 28回 この商品を含むブログ (15件) を見る また評価に困る本…

ビルマ仏教徒 民主化蜂起の背景と弾圧の記録―軍事政権下の非暴力抵抗

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/05に書いたものです ビルマ仏教徒 民主化蜂起の背景と弾圧の記録―軍事政権下の非暴力抵抗― (世界人権問題叢書71) 作者: 根本敬,守屋友江,ダニエル・シーモア,箱田徹,ビルマ情報ネットワーク 出版社/メーカー: 明石書…

書評―ユニオンジャックの政治パワー/河合 宏一

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/05に書いたものです ユニオンジャックの政治パワー 作者: 河合宏一 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社 発売日: 2010/03/20 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (6件) を見る 書評っ…

書評―人間を幸福にしない日本というシステム カレル・ヴァン・ウォルフレン

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/04に書いたものです 人間を幸福にしない日本というシステム (新潮OH!文庫) 作者: カレルヴァン・ウォルフレン,Karel van Wolferen,鈴木主税 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2000/10 メディア: 文庫 購入: 9人 クリ…

『知の鎖国』 アイヴァン ホール

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/03に書いたものです 知の鎖国―外国人を排除する日本の知識人産業 作者: アイヴァンホール,Ivan Hall,鈴木主税 出版社/メーカー: 毎日新聞社 発売日: 1998/03/01 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 8回 この商品…

宮城谷昌光 『三国志』

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/03に書いたものです。 三国志〈第1巻〉 (文春文庫) 作者: 宮城谷昌光 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2008/10/10 メディア: 文庫 クリック: 4回 この商品を含むブログ (29件) を見る メモ程度の話。流石は宮城谷…

天才社会学者デュルケム +日本社会の病理分析

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/02に書いたものです。 とうとうアレをやれる日が来ました!そうアレと言えばキラークイーンがストレイキャットの空気弾を血管爆破して摘出したのでも、チョ☆チョニッシーナマッソコぶれッシュ☆エスボ☆グリバンバーベ…

2009年、なぜ政権交代だったのか 田中愛治

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/03に書いたものです。 2009年、なぜ政権交代だったのか―読売・早稲田の共同調査で読みとく日本政治の転換 作者: 田中愛治,河野勝,日野愛郎,飯田健,読売新聞世論調査部 出版社/メーカー: 勁草書房 発売日: 2009/10/24…

書評― 民益論―われら官僚主導を排す 鳩山 由紀夫 菅直人

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/01に書いたものです。 民益論―われら官僚主導を排す 作者: 鳩山由紀夫,菅直人,古川元久 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 1997/06 メディア: ハードカバー クリック: 12回 この商品を含むブログ (3件) を見る 続…

書評― 新憲法試案 鳩山由紀夫

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/01に書いたものです。 アイケンベリーの次にデュルケムに手を出すべきじゃなかったな(´-ω-`)。イヤーつらかった。しかしデュルケム凄いわ。マックス・ウェーバーも天才だと思ったが、この人も間違いなく天才ですわ。…

アフター・ヴィクトリーの感想

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/01に書いたものです。 続きです。重要なことは立憲型秩序といわれるもの、自分の力・優位をあえて捨てて、制度に参加することによって帰って相手の信頼を獲得することが出来、長期的に必ず自国のためになるということ…

書評― アフター・ヴィクトリー(1) 戦後構築の論理と行動 G.ジョン・アイケンベリー

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/01に書いたものです。 After Victory: Institutions, Stategic Restraint, and the Rebuilding of Order After Major Wars (Princeton Studies in International History and Politics) 作者: G. John Ikenberry 出…

書評― 新平等社会・希望格差社会 山田 昌弘

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/01に書いたものです。 前回の書評でけなしていたのにもかかわらず、取り上げます。なぜかというと、一気に50人以上が検索して拙ブログを訪れたからです(^ ^;)。たぶん大学かなんかの課題でググったんでしょうね。解…

中国は崩壊しない 陳 惠運

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/01に書いたものです。 中国は崩壊しない 作者: 野村旗守・陳惠運 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2010/01/06 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 1回 この商品を含むブログ (3件) を見る 新刊レヴュー…

鳩山由紀夫の政治を科学する 高橋 洋一

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/01に書いたものです。 新刊レヴューっても、この本近所の本屋においてなくてだいぶ遅くなっちゃった。あとようやく、アイケンベリー終わったズサ━━━━⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!まだ、英文は読んでないけど、この本も誤訳…

書評― ?アジア主義を問いなおす 井上 寿一

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/01に書いたものです。 単に保管庫代わりに、使います。内容は取り立てて言うこともない本でした。 アジア主義を問いなおす (ちくま新書) 作者: 井上寿一 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2006/08 メディア: 新書 …

書評― 小宮一慶の「深掘り」政経塾

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/01に書いたものです。 小宮一慶の「深掘り」政経塾 ― 世の中がまるごとよくわかる、モノの見方、考え方 作者: 小宮一慶 出版社/メーカー: プレジデント社 発売日: 2009/12/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリ…

『経済はナショナリズムで動く』 中野 剛志 『日本経済の突破口』東谷暁

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は10/01に書いたものです。 経済はナショナリズムで動く 作者: 中野剛志 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2008/10/25 メディア: 単行本 購入: 3人 クリック: 39回 この商品を含むブログ (13件) を見る を今回は取り上…

書評― 英語は逆から学べ!&洗脳支配 苫米地英人

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は09/12に書いたものです。 もう一人書いていなかった苫米地さんについて書きます。 英語は逆から学べ!~最新の脳科学でわかった!世界一簡単な外国語勉強法~特殊音源CD付き(全外国語対応) 作者: 苫米地英人 出版社/メーカ…

書評― 日本人の英語 マーク ピーターセン というより、英語教育について論じてるだけ?

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は09/12に書いたものです。 今回はマーク ピーターセンさんを取り扱いたいと思います。前の記事を訂正しながら、振り返っていたらそういやこれ書くって言ってたわ(^ ^;)。で一応読んだのは 日本人の英語 (岩波新書) 作者…

中国の興隆を、『アルジャーノンに花束を』と重ねてみる

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は09/12に書いたものです。 中国大手サイト新狼網のネットアンケートで、インド、ベトナム、アメリカ、日本、韓国、フィリピン、ロシア、インドネシア、オーストラリア、モンゴルの10カ国中、どこと最も戦争しそうか?と…

オススメ英語本の紹介 『英語の頭に変わる本』『究極の英語学習法K/H System』 

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は09/12に書いたものです。 今回紹介する英語教材はこれ、中田 憲三さんの英語の頭に変わる本。 英語の頭に変わる本―日本人が英語が苦手なのはこういうわけだったのだ! 作者: 中田憲三 出版社/メーカー: 中経出版 発売日:…

書評― 英語は絶対、勉強するな

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は09/12に書いたものです。 英語は絶対、勉強するな!―学校行かない・お金かけない・だけどペラペラ (サンマーク文庫) 作者: 鄭讃容,金淳鎬 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2002/12 メディア: 文庫 クリック: 11…

書評― 日本が「対米従属」を脱する日--多極化する新世界秩序の中で 田中 宇

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は09/12に書いたものです。 日本が「対米従属」を脱する日--多極化する新世界秩序の中で 作者: 田中宇 出版社/メーカー: 風雲舎 発売日: 2009/12/10 メディア: 単行本 購入: 3人 クリック: 51回 この商品を含むブログ (4…

書評― Soft Power Joseph S. Nye Jr

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は09/12に書いたものです。 Soft Power: The Means To Success In World Politics 作者: Joseph S. Nye Jr. 出版社/メーカー: PublicAffairs 発売日: 2005/04/27 メディア: ペーパーバック クリック: 4回 この商品を含む…

書評― 唐の北方問題と国際秩序 (汲古叢書) 石見 清裕

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は09/12に書いたものです。 唐の北方問題と国際秩序 (汲古叢書) 作者: 石見清裕 出版社/メーカー: 汲古書院 発売日: 1998/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 唐の北方問題と国際秩序、この書を取り…

書評― シルクロードと唐帝国 (興亡の世界史) 森安 孝夫

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は09/12に書いたものです。 シルクロードと唐帝国 (興亡の世界史) 作者: 森安孝夫 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2007/02/17 メディア: 単行本 クリック: 9回 この商品を含むブログ (15件) を見る 書評―シルクロードと…

書評― <帝国> グローバル化の世界秩序とマルチチュードの可能性 アントニオ・ネグリ

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は09/12に書いたものです。 <帝国> グローバル化の世界秩序とマルチチュードの可能性 作者: アントニオ・ネグリ,マイケル・ハート,水嶋一憲,酒井隆史,浜邦彦,吉田俊実 出版社/メーカー: 以文社 発売日: 2003/01/23 メデ…

権力の読みかた 萱野稔人

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は09/12に書いたものです。 権力の読みかた―状況と理論 作者: 萱野稔人 出版社/メーカー: 青土社 発売日: 2007/07 メディア: 単行本 購入: 5人 クリック: 104回 この商品を含むブログ (59件) を見る 今回は、たまたま図書…

なぜ若者は保守化するのか-反転する現実と願望 山田昌弘

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は09/12に書いたものです。 ※注 この記事は著作の内容に触れていません。よって内容を知りたい方は戻るをオススメいたします。 なぜ若者は保守化するのか-反転する現実と願望 作者: 山田昌弘 出版社/メーカー: 東洋経済新…

書評― アメリカ帝国の苦境―国際秩序のルールをどう創るのか ハロルド ジェイムズ

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は09/12に書いたものです。 アメリカ“帝国”の苦境―国際秩序のルールをどう創るのか 作者: ハロルドジェイムズ,Harold James,小林章夫 出版社/メーカー: 人文書館 発売日: 2009/03 メディア: 単行本 この商品を含むブログ…

書評― 衝撃! EUパワー 世界最大「超国家」の誕生 大前研一

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は09/12に書いたものです。 衝撃! EUパワー 世界最大「超国家」の誕生 作者: 大前研一 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2009/11/06 メディア: 単行本 購入: 3人 クリック: 45回 この商品を含むブログ (13件) を見…

100年予測―世界最強のインテリジェンス企業が示す未来覇権地図 ジョージ フリードマン

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は09/12に書いたものです。 100年予測 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 作者: ジョージ・フリードマン,櫻井祐子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2014/06/06 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (5件) を見る とり…

西洋の没落 オスヴァルト シュペングラー

ブログ引っ越した見直し&再掲(09/12に書いたもの)です。 以前、松岡正剛さんを出したのと、増田さんの日本文明論を引っ張り出したので思い出した。西洋の没落について*1 西洋の没落 第二巻 世界史的展望 (世界史の形態学の素描) 作者: オスヴァルト・シュペ…

書評― 思考の整理学 外山 滋比古

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は09/12に書いたものです。 思考の整理学 (ちくま文庫) 作者: 外山滋比古 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 1986/04/24 メディア: 文庫 購入: 91人 クリック: 844回 この商品を含むブログ (743件) を見る 『思考の整理…

書評― 知的な大人の勉強法 英語を制する「ライティング」

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は09/12に書いたものです。 知的な大人の勉強法 英語を制する「ライティング」 (講談社現代新書) 作者: キム・ジョンキュー 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2006/03/17 メディア: 新書 購入: 1人 クリック: 16回 この商…

書評― 2010年世界経済大予言―松藤 民輔 増田 悦佐

ブログ引越し&見直しの再掲です。元は09/12に書いたものです。 2010年世界経済大予言―大恐慌を逆手にとる超投資戦略 作者: 松藤民輔,増田悦佐 出版社/メーカー: ビジネス社 発売日: 2009/08/25 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 22回 この商品を含むブ…