てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。基本長いので長文が無理な方はお気をつけを

民主党分析

政治家の資産公開と民主党の長老政治

分けても良かったんですが、そんなでもないので、2つのネタを1セットにしました。 政治家の資産公開で鳩山弟さんの30億というダントツトップな数字が出てきて、わ~すごい~みたいな話がありました。それはともかくとして、鳩山弟さんはそんなに金があるな…

民主党の新執行部とか阿部知子さんとか

書いてなかった代表戦についての残りを今更、まとめ直しました。 <維新の党>民主党の細野氏「東西分裂」発言が波紋(毎日新聞) 岡田氏の挑発に応えざるを得なくなったからとはいえ、失言ですなぁ。言っていいことと悪いことの区別がつかない政治家はダメ…

民主党の代表戦で事前に思ったこと

時間がないので短めに民主党代表選前の雑感を Nステで古賀さんが政界再編の話をしていました。改革する&しないで政治勢力を論じるのはいいんですが、戦争するしないみたいな枠組み、タカorハトみたいな枠組みで今後の政界を論じるのはどうなんでしょうか?…

民主党が選挙で敗れた理由、失敗の本質

どうしてこれまでの就労方式を改革して総労働時間を根底的に減らす取り組みをしないのだろうか?結局日本社会の労働共同体にメスを入れないと、個人の労働・生活環境改善は無理なんじゃなかろうか?最低賃金3倍くらいにすれば企業も強制的に労働時間を減ら…

民主党暴走の謎、『反金権政治』という一人よがりな内輪の論理による行動

大橋巨泉氏いわく、実際に民主党に入ってみると本当は自民党から立候補したいが世襲の壁で出られないから民主党から立った若手議員がたくさんいた。だから結局、形の変わった自民党が二つできただけだったと言っていたらしいです。 今の民主党の主流は代表に…

民主党について(10) 参院選へ向けた動向

随分間が開きましたが、体調がどうとかではなくて、作業・仕事が終わらなくて。ちょっと書く暇がなかっただけです。まだ全然終わってないんで。今後書くかどうか微妙ですけどね(´・ω・`)。心配してくださった方、ありがとうございます。m(_ _)mカレンダー見…

小林よしのりカスになる?

民主党に含めたのは第8・9回と地方参政権の分析とそのインパクトを説いたからです。別にあの二つの記事が優れているだとか、素晴らしい!とか言うつもりはありません(^ ^;)。ただ、オリジナルの視点からこういう見方ができるのではないのか?こういう効果が…

民主党について(9) 続地方参政権とカリスマ蓮舫

コメントについて、云々書くんじゃなかったな… (´・ω・`)ショボーン。見事にコメントがつかなくなりました(笑)。 で、民主党シリーズ最終話に向かってこっちを書きますかと。舛添さんがさっさと新党作るなり、民主に流れるなりしないのは何故だろな~と思ってたん…

民主党について(8) 地方参政権について

※ブログ引っ越しのインポートの際、カテゴリミスでインポートされていなかったので、時間軸無視して転載してますが気にしない。 なんか色々いわれているためにこれを書かざるを得なくなりましたね(^ ^;)。地方参政権についてはまぁ、三つから四つのスタンス…

民主党について(7) 官僚制について解説

民主党関連の記事をちょっと見直して記事を修正・追加してきました。そういや書くべきだったことを書いてませんでした。官僚制について、マックス・ウェーバーの言説から官僚制とは依法官僚制と家産官僚制があります。読んで字のごとく、法に依る官僚、つまり…

民主党について(6) 鳩山政権の行動を探る。

鳩山氏のプランを振り返って検討してみます。結論を先に言うと、100点中70~80点というところではないでしょうか?自民党政治家たちの出した本と比べると雲泥の差ですね。日本の政治システムがいかに欠陥だらけであるかということをしっかり指摘しているので…

民主党について(5) 特捜と舛添あと首相のその後について

民主党についてってわけでもないですが、ちょっと軽めのレポート・雑感を。 小沢氏の秘書三人が逮捕されましたが、まぁ捜査に協力をして逮捕ですか、しかも政治資金虚偽記載で逮捕って前代未聞ですね。こんなことが許されるのなら殆どの政治家はいつでも逮捕…

民主党について(4) 名望家行政の精神に一度立ち戻れ!

記事を書こうにも…イランもまた死者がでたし書かなきゃならないし、記事が追いつかない(゚Д゚ )。 今回取り上げるのは年間自殺者数3万人越えについてです。少子化とか言ってる前にこの異常な数字を何とかすべきだろう。これを取り上げたのは次の書評あたりにデ…

民主党について(3) 政権交代―この国を変える(岡田克也)から見えること

政権交代―この国を変える/岡田 克也 ¥1,500Amazon.co.jp を確か昔に読んで、そこから感じたことなど。岡田さんは代表選で見事に鳩山さんに敗れました。小沢・鳩山・管のトロイカ体制に岡田・輿石を加え五トップという民主党内の権力構造があるわけです。独…

民主党について(2) その構造、党内の安定とレイムダックの可能性

鳩山政権を占う上で、民主党の内部が当然気になります。安部~麻生内閣のように大臣・有力者たちの勝手な行動によって、一貫した政策を実行出来ずに、ジリ貧状態で支持率を落とし、政権崩壊に至ったといっても過言ではないのですから。 クラッシャー小沢、イ…

民主党について(1) 民主党の構造=自民負組と反官僚

ニュース書いても反映されないな…それよりアフィグログの反映が多すぎだろ、やったらめったらニュース引用してるだけのブログいくつかあったし。ヤフーグログもうちょっと考えてくれないかな。 さて、政権をとったこともありますし、民主党についていくつか…