読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

覚書

日本政治の「親米・反共右派」VS「親共左派」という歪な構造、なぜ「反米右派」が台頭しないのか?

需要があるのか?と言われそうな去年のCS・プロ野球の話を無駄に時間かけて延々書いてようやく終わりましたので、本家のブログを再開したいと思います。書くネタは一応いくらかあってたまっているので連投したいと思います。まず一番短そうで、簡単に書ける…

【追記あり】 古市憲寿、党首討論で小沢一郎氏に「再婚相手は見つかった?」と質問し、批判殺到

沖縄の基地問題や舛添都知事の話、オバマ広島訪問などもありましたね。そういった未消化ネタを書きたかったのですが、あまりにも気になったので、先にニコ生での古市騒動について触れておきたいと思います。 まあ、こんなのを読んでいただければだいたいのこ…

【追記】 乙武氏の不倫について 不倫を叩けば社会が滅ぶ?

前回ベッキーのケースと乙武氏のケースを一括して書きましたが、乙武氏のケースで書くべきことをわすていたので、追記を。追記すると長すぎてしまうので、ベッキーと芸人コメンテーターの話*1だけ残して、乙武氏の話を単独にまとめました。 ベッキーの話はさ…

中韓の反日と政治家叩きは一緒

過去記事の再掲です。元は11/01に書いたものです。これは前後編みたいなものですが、今頃小沢冤罪云々の話を上げなおしても誰も見なさそうなので、需要がありそうなこちらのロジックだけを再掲しました。 さっき、長々書いて、肝心なこと書くの忘れてた*1。…

「処女厨」についての一考

ここで処女と持参金という話があって、結婚するには女性は処女でないといけなかった。そしてもし処女でなければ持参金が普通よりも多くないといけないという話がありました。まあ持参金というものを通じて父親が娘を支配するなどそういう文化的背景があった…

M-1とダウンタウンの笑ってはいけない24時間(2010)

過去記事の再掲です。元は10/12に書いたものです。 これを再掲しようと思いましたが、そんなに興味ある人いないかなと思って止めました。当時の時事ネタで今はあんまり食いつく人が少なそうですし、深夜のテンションみたいな、当時のノリで書いたものなので…

Aviutlの音声エラー、始めに「ブッ」「プツ」と異音が入るエラーの対処

Aviutlというフリーソフトで動画のエンコードの話。PC知識がないので、そういう知見ある文章ではないので参考になさる方は注意してください。あくまで個人的な感想です。正しいかどうかはわかりません。 AviutlというかNeroaacEncの話になるんでしょうかね?…

偽りの政権交代 財務省に乗っ取られた日本の悲劇

過去記事の再掲です。元は10/12に書いたものです。再掲するほどのものじゃないけど、時間がなかったので、こんなまとまりのないものでごまかします。 偽りの政権交代 財務省に乗っ取られた日本の悲劇 この本で鳩山民主党と財務省がいかに結託したかが書いて…

天皇制の話 なぜ姓・苗字がないのか?

過去記事の再掲。元は10/12に書いたものです。 天皇制について、どうして天皇家には姓がないか?よく言われる話だが、すごく単純な答え。それは姓を名乗る必要性がなかったから。易姓革命が起こらないように、姓を持たないことにした―なんて話も聞いたことが…

日本社会について覚え書き:日本のあらゆる組織は共産党化する

過去記事の再掲です。元は10/12に書いたものです。 天皇制の話を先に書こうと思ったけど、思いついてしまったのでこっちを先に。日本社会はメディアにしろ何にしろ、共産党化する。 日本の独占・寡占企業の正体は共産党。日本社会の全ての力を持つ組織は全て…

野球賭博・巨人の腐敗問題を金銭授受・野球界の体質問題にスリ替える卑劣さ

【目次】 野球賭博とチーム内での金銭のやり取りは全く次元が違う話 愛甲氏の見解が正論、年収億超えも珍しくない世界の常識は一般と違って当然 規約違反でもないことで平気で問題だと叩くセンスの危うさ アスリート・兵士はそもそもそういう人間が多い 子供…

報ステには、ショーンKの学歴詐称について説明責任がある

【目次】 川上氏個人についての問題 事件の本質は個人の倫理ではなく報道ステーションの姿勢 能力よりもコネ・見た目の人選基準?報ステは報道責任を果たすべき ショーンK個人の問題と捉えるのならば報道の再生はない 今週の週刊文春に報道ステーションのコ…

清原事件と巨人選手の野球賭博の共通点としての「高卒選手」

【目次】 四選手の簡単な略歴 プロ野球選手は寮生活、狭い世間を常識としている プロ野球選手は独特のキャリア・生活ゆえに堕落しやすい 清原も巨人選手も付き合う仲間・友人がいなかった 地元出身でない高卒選手にはリスクがある プロ選手には意外に趣味と…

清原事件について、問題は覚醒剤でも刺青でもなくヤクザ

野球関係なので、野球ブログで書こうとも思ったのですが、政治・社会ネタなので、まあこっちで。というかまだ野球ブログ作ってませんが。 【プロ野球選手のセカンドキャリアの問題ではない】 往年のスター選手である清原氏が覚せい剤の使用で逮捕。これにつ…

歴史を鑑にすることはマルクス主義ではありえない

過去記事の再掲です。元は10/10に書いたものです。10/10に書いたものは今回で最後、この時期に書いたもの多かったんですなぁ。 ドラフトあり、事業仕分けあり、そんなことがあっても、全く関係ないことを書こうと思います。最近眼が痛いな~と思ってます。や…

兵庫県警の「組織内殺人」を許すべからず

兵庫県警で機動隊員が自殺。これ自体なら特に珍しい話ではありませんが、9月に起こった山本翔さんの自殺に続いて、その後さらに二人が自殺しているという特異性があり、今回の自殺事件は異常な事件であるといえます*1。 9月に最初の自殺事件が起こった後に、…

SMAP騒動は芸能界と報道界の不健全性の現れ

SMAPがジャニーズ事務所から独立する、そして木村は事務所を離れないために、解散するという話が急遽持ち上がった。結局は、独立せず残留(?)するという話になり、独立騒動は終わりを見せた。 しかし、一応の決着を見せただけで、生放送で謝罪をするという奇…

戦争法案反対!は、公明党の切りくずしか?

戦争法案反対デモが盛んになっておりますが、解釈改憲反対を主張すべきであって、「戦争法案」というレッテルを貼って、旧来の戦争するな!というような抽象的なデモをすべきではないということを何回か書きました。 民主党の長島昭久さんが、今の民主党の支…

「強行採決」と「説明不足」という議会政治の疑問

【強行採決】 ケント・ギルバート氏「日本のマスコミは強行採決という言葉を好んで使う。ちなみに米国にはこの用語はない。一般的な米国人はこの言葉を理解できないだろう。そもそも民主主義とは賛否両論の議題について過半数をとった側の意見に全員が従うル…

山元教授の安保法制の話と、憲法学に必要なのは真摯な反省という話

安保法案「違憲論」への違和感 慶応大・山元教授に聞く」http://bit.ly/1CDZBde今回も面白い記事の紹介・引用です。ここにある山元教授が面白いことを書いているのでその話を。 ※記事中に書いてなかったのですけど、ググったらゼミのページが出てきて法学で…

集団的自衛権を解釈改憲で容認すれば改憲は失敗する

橋下さんが安倍さんと会談した後、久しぶりに連ツイされていました。その辺りの話を。まあ、オチはタイトルそのまんまです(笑)。 ツイートを見る限り、安保法制と労働派遣法改正で自民に擦り寄るのだろうか?橋下さんは今回の改正で、同一労働同一賃金の原則…

選挙カーに見える「田舎の論理」・「都市の論理」

選挙で気づいたことの話、地方統一選、選挙カーという騒音―の続きです。選挙カーというものが高齢者が評価する傾向があるという話を聞いて思ったことです。 まあ、そんなに多くの高齢者、みんながみんな、選挙カーというものを評価するとは思いませんが、が…

失敗する田舎への移住

地方移住に失敗した若者という話を見ました。震災で移住を促進している福島に移り住んだが、仕事が無い。多くの若者と移り住んだのですが、高学歴な人はNPOの運営だったり農産品のネット通販で稼いだが、自分にはそんなスキルはなかったと。 月15万の地域活…

鳩山クリミアへ。元首相という肩書について

元首相という肩書について何故か過剰に評価をする声があったのでそれについてコメントを。最近間が開いたので簡単に書ける短いものということで、そんなに長いものでもないので。鳩山さんネタは、世の中の?な反応が多いのでもううんざりなんで、あんまり書…

風刺画事件でイスラム圏サイドがすべきことについて

イスラムサイドよりの発言をしてきたが、ここでたまには欧よりの意見を。というか、イスラムサイドがそのような欧州のスタンス・姿勢から何をすべきかという話を。仏・欧サイドが間違っている!だから何とかしろ!改めろ!で済む話ではないですからね、当然…

人質家族の会見と日本的平和教徒という見方

後藤さんの母、石堂順子氏の会見を見てはいないのですが、嫁姑問題とか原発だとか、地球のために頑張るだとか、なかなかひどい会見だったとか。そういう話を聞きました。これ、もし後藤さんが生きて帰って来たら、お母さんの会見を見て恥ずかしくてのたうち…

人質殺害は安保強化とイスラエルとの関係深化に向かう

ISISの誘拐・人質事件に政府はどう対応すべきか?の続きです。 安倍さんの政治スタイルとして、「この道しかない!」に代表されるように、自分の思う選択肢しか目に映らないようにするという手法があるのかもしれない。自分に好ましくない手法・選択肢を事前…

イスラエル=日本「同盟」という思考実験

シリアでISISに捕まった湯川氏に合わせて、氏の解放のためにも現地入りをしたジャーナリスト後藤氏が捕まり、安倍氏の中東歴訪に合わせて、身代金要求、72時間以内に応じられなければ殺害するという事件がありました。 以前、中田氏はタリバンやISパイプを持…

民主党代表選 岡田勝利に見る「清廉な民主党」という自己像

【事前予想は改革・選挙で勝てる細野一択】 岡田・細野・長妻という三人が立候補という状況になっていました。細野じゃなければ、刷新された新民主党というイメージは出せない、次の選挙で期待が集まらないだろうと見ていたので、多分細野だろうと見ていまし…

維新ネタ―住民投票こそ大衆政治家の命

公明が立候補している大阪3,5,6,16区に維新候補は出ていない。つまり橋下氏はまた公明党と裏取引をしたことになります。維新は大阪都構想を現実化させるために、府議会でどこかを味方につける必要性がありました。経緯は詳しくは知りませんが、民主党ではな…

児ポ表現規制の動機は偏見そのものにある

ろくでなし子さんが保釈されました。それについてはおめでとうございますと申し上げておきます。そんなことも有りましてついでにその関連の話。 ろくでなし子さんの逮捕の件で、もうひとかたお仲間さんが捕まっていたということを知りませんでした。そしてそ…

2014衆院選、野党の敗北は事前に決まっていた

さて、「何故自民は大勝したのか?維新・民主など野党は大敗したのか?」という話です。選挙の票数とかは気力が持たないので後回しで。昨日中には書くつもりでしたが、全然無理でした。※なんかタイトル見なおしたら、不正選挙だ!みたいにも見えるな…(^ ^;)…

解散権の濫用

うーん、結構継続して書いてきた、更新してきたのに調子が悪くて書けなかった。ぐぬぬ…。まあ書こうと思えば書けなくもなかったんですが、あともう一本今日中に書きたい。選挙の分析をやりたいんですが、長くなるんで気力体力が充実してからで、簡単に書けそ…

橋下さん不出馬と維新・民主選挙協力のワケ

さて、橋下さんが公明党が都知事構想に反旗を翻したことに「絶対許さない!」と某声優ネタのようなことを言って、松井知事と一緒に出馬すると息巻いていました。 橋下さんが「自民党潰す!」と言っても、「お前だって自民党みたいなもんだろうが!」という反…

議会政治と辞職勧告決議案の話

小渕が政治資金規正法違反で告発されても大臣や議員を辞めなければならないという法律はどこにもない―というのを見てつぶやいたことなんですが、 ―議員はともかく、大臣は参院で勧告決議出されたら、辞めなくてはいけませんよ。まあ、民主主義を知らない国民…

検察治国家モデルという話

自衛隊は法的に軍ではないので、軍犯罪は警察・検察が捜査することになる。裁判所もそれに関するストッパー機能はない。警察・検察に追随する。起訴便宜主義という特殊性があるので、自衛隊内部の犯罪を警察・検察がわざと見逃す こともできるようになってい…

東アジアの地域主義とか

東アジア云々の本を読んでの思いつき。そういや地域主義・地域統合という昨今の動き・流行りというのは、国家主権尊重・不干渉原則を基本とする国際秩序に対して、その原則から発生する国家間の問題を解消・予防しようという試みにほかならないんだよね。未…

スコットランド独立について

スコットランド独立ネタをいくつか。以前、そんな動きがあるんだという話を紹介しましたが(フォーリン・アフェアーズ・リポート 2012/11&12)、ここまで盛り上がるとは思っていませんでしたねぇ。国連安保理常任理事国及び核保有国という最高のパワーを自ら捨…

ティーパーティーから考える米:改革能力・新しい理念不在

フォーリン・アフェアーズ・リポート2011年5月10日発売号/フォーリン・アフェアーズ・ジャパン ¥2,263 Amazon.co.jp ―もしくは、12年の4月号に再録されている『米ポピュリズムの歴史と今日的意味合い』について、チラっと触れたいと思います。同12/4号には…

都議会ヤジ③ 野次の本質とは議論を高めるもの意見の圧殺ではない

書き忘れていた。都議会ヤジの続きです。陰謀論的な歪んだ考えが思想の左右(自民党支持者や非自民党支持者どちらにも)蔓延しているという指摘をして満足してしまってました(^ ^;)。それで終わった気になってしまってました。今更感がありますがどうぞ。 ひ…

タイのクーデター

タイのクーデターについて一言二言。当初、タイのクーデターが起こったとき、「ああ、またかやっぱりね」という印象でした。 タイというのは歴史的にクーデターが非常に多いんですね。ごちゃごちゃもめたあとに国王が調停に乗り出して、国王の権威の下に混乱…

宮台真司さんの重武装を否定する遠藤さんへのコメント

集団的自衛権容認・否認双方とも改憲で民意を問うべきの続きです。 で、北海道大の教授でEUなどが専門の遠藤乾さんがこの宮台さんの説に対する反論というか、批判をしていました。それについて今回は触れたいと思います。 (集団的自衛権 行方を問う)アジア…

集団的自衛権容認・否認双方とも改憲で民意を問うべき

ちょっとこの宮台さん文章が次の記事に触れるので分けて書きます。タイトルの主張を思いついたので一本じゃまとまらなくなって、分けてみました。 (集団的自衛権 行方を問う)アジアの信頼得て9条改正を 宮台真司・首都大学東京教授 まず、宮台さんの意見…

野党が腐敗追求に熱狂する集合意識についてのメモ

まあ、何度も腐敗は民主主義と必ずしも相反しない。ある程度の規範(倫理)が機能している国では、金権政治(汚職)は民主主義を殺すことはないが、汚職追求は民主主義を殺すことがある。 で、今回思いついたのは、冷戦時代の国会対策ではプロレスのように、ここ…

国際秩序とナチスの扱いについての話

小ネタの時は物足りないからもう一本セットにするといういつものアレでもう一本。ナチスの虐殺が国際法で「事後法」の形で裁かれたのに対し、タスマニアだったか?英がオセアニアで虐殺を完遂したのにも関わらずそのことが裁かれなかったことについて。 例え…

公文書管理と法の悪用を防ぐために

ツイッターで公文書管理について知った情報・問題点を整理してみました。今回の特定秘密法の背景に公文書管理という重要なポイントが有ったのが意外と知られていないかもしれないので、まとめを。 ○日本の役人は資料を出さない。文書を公開しない。そもそも…

国際秩序の話 地域機構の重要性

何故か余所で変なスイッチ入って長々コメントしたので、もったいないので使いまわします(^ ^;)。 ■第二次世界大戦=欧州大戦&東亜大戦 そもそも第二次世界大戦後、連合国=The United Nationsとして戦争に勝利した側がそのまま戦後秩序を形成しました。国…

中国と現行の国際秩序について

ちょっと、中国の戦略というか、国際秩序についての話を。 中国は韓国と同じように、国際秩序・国際力学を理解していないのか?それともしっかりわきまえた上で行動をしているのか?ロシアなどは「力の信奉者」と言われるように、国際力学・国際法を踏まえた…

「デモはテロ」失言、政治の劣化は最早危機レベル

石破幹事長がデモはテロという失言で避難を浴びました。しかしよくよく彼の発言を見てみると、騒音をまき散らす迷惑な人々・マナーが守れない人々を対象にあげていました。それをもってしてルールが守れないならテロと同じだと言いたいのは、まあわからない…

韓国の反日戦略の合理性、韓国版憲法9条か?

全部書いたら、画面内の文字じゃなく、画面外にカーソル?セット?なんていうのが適当かわからんが、気づかぬうちに画面外に操作があってバックスペースで全部消えた…。いい加減戻る時、戻ると消えますが良いですか?みたいなやつ出るようにしたらいいのに。…