てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

Voice記事より7/8月号から

VOICEのHPです↓

http://voiceplus-php.jp/archive/index.jsp?pageStart=12で、記事読めます。

2008/07号

国は巨大な割り勘機構か 若田部昌澄(早稲田大学教授)

 与謝野さんの「割り勘論」どっかから取ってきて、予算つけて与える。この場合消費税とか。ンでもちろん反対で、中川=高橋ラインの政策を支持。道州制の権限・プランを明確にしてもっと国民の支持集めよと。消費税はカナダ・米では地方の財源。


小泉純一郎との輝ける日々  さかもと未明 (漫画家)

 反小沢・親小泉、安部回顧…。政局のために何人かのグループ派閥が割れて、どっかに行く政争への反発。


もはや自民も民主も不要!  永久寿夫 (PHP総合研究所常務取締役)

 ねじれ国会であらわになった自民のごたごた=暫定税率の復活に、10年道路特定財源法案と閣議での一般化の決定。与野党超党派で、勉強会・政策研究などが続出=政界再編の前触れ。民主・自民いずれも旗印が不鮮明。さっさと政界再編して分かりやすい選択を望む。

こんなところですかね。この号では、平沼さん特集みたいな記事が二本もありますけど、平沼新党で政界再編なり、次の選挙のキーになると、しかしまぁ政界再編好きだな~(^ ^;)。動きがあった方が、面白いし、売れるからそう煽るんでしょうけどね。前原さんの記事はどうでもよさ下で、飛ばしました。このころからダムに注目してたみたいですね。消費税5%アップ、ただし食料は免除。地方分権小沢論だと二層制、前原さんは三層制にすべきだという。小泉改革は良し、セーフティネットまで破壊したことがだめ。うーん。政策なら政策、政局なら政局で分けて論じればいいのに。分かりづらいキガス。結局感想書いてるな(´-ω-`)民主党は政権を担えるかでした。

2008/08号

この号に別に取り立てるものはありませんでした(´-ω-`)。

ペタしてね