てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

中東情勢(1) イラン軍がイラク南部の油田を占拠

イラン軍がイラク南部の油田を占拠=ハファジ・イラク内務副大臣

12月19日1時48分配信 ロイター

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091219-00000248-reu-bus_all

なんなんだぁ。このクソニュースは…某スーパーサイヤ人がでてきそうな報道の仕方…ロイターさらにみたら、今でも占拠中と書いてあるし。

FTの記事だと

Iraq says Iranian soldiers cross border

http://www.ft.com/cms/s/0/bba2ed96-ebec-11de-930c-00144feab49a.html?nclick_check=1

数時間で撤退したって書いてあるし、いったいどっちやねん(#゚Д゚)ゴルァ!!。

 この記事だとやっぱり元々イラク領にイラン軍が侵攻したって言うよりかは竹島尖閣みたいに領有権主張しあっている油田であるようですね。long desert borderってことは、国境沿いに有効な抑止力になるものはないみたい。

Ties between Iran and Iraq, which fought a bloody eight-year war in the1980s, have improved since a Shi’ite-led government took over inBaghdad following the ousting of Sunni Arab leader Saddam Hussein in2003.

って言う書き方が、まるでフセインの政権をそんなこともあったよねと中東によくある政治史の一ページみたいな書き方で空恐ろしいですね。

 各情勢に揺れている最中、イラクに駐留している11万5千人の兵士の命を脅かすという意味で揺さぶりをかけているという主張。外交筋、在イラン大使は事前情報なく突発的な事故と主張していると。

 ここはバグダットからわずか300kmしかなく、イランとしてはこうみょうなおどしになったわけですね。しかもここの油田と契約を結んでいた中国がどうやらそれを打ち切ってきた模様。元々イランはテロリスト・シーア派などを含め、イラクには様々な影響力をもっているわけで、これによって、イラク政権は更なる打撃を受けたでしょうね。イランという明確な外部ファクターに左右される国という (´・ω・`)ショボーン。

US oil companies lose out in Iraq auction

By Carola Hoyos

Published: December 13 2009 20:19 | Last updated: December 13 2009 20:19

 によれば、どうやら米はイラクの油田取引から追い出されたという。変化している情勢に全然ついていけてないな…。最近中東てかイラン・イラクの英字記事読んでなかったからしばらく、これを追ってみるかな?

ペタしてね