てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

三国志予備校のメモと感想など

振り返ってみると、どこが講義の話でどこが己の感想かよくわからんな。まぁ、いいや、みんな予備校にいけば良いじゃない!学会活動できるじゃない!U-streamは凄いですね。まだまだキラーコンテンツって感じになっていないけれども、そのうち火がつきそうな気がする。ビジネス的にはサテライン中継が実質ただでできるから教育ビジネスなんか良いんじゃないかな?己も有名になったらこれ使って授業でもやりたいな~。

三国志予備校 ←実際の講義はこちらから。

イマイチまだよくわかってない。コメントが付けられるようだけど、どこに保存されてるかわからないし。劉虞出てきたかな?三回目がまだ見られないのか?映像を写すのがまだ難しいみたいですね。地図とか、漢字とか写せるようになるともっと面白くなると思います。今後に期待ですね。

第一回

姜維の話、冀城出身で、馬超が占拠。そして追放される事件を子供の頃一部始終をみてる。姜氏はこの辺りの名族、四姓と言われる。天水とか。天水は魏ではなく、まぁ、中間勢力。しかし曹丕以前にすでに人工移住、徙民政策で天水にほとんど人がいないのでは?河首平漢王宗建の話、かしゅうと読むみたいですね。「かしゅ」かと思った。黄皓姜維が国を滅ぼしたというより、まぁ、うまくやれなかったと書くしかない。そもそも亡国・傾国を誰がやっても同じ。あと一手で詰む将棋を名人に打たせてもどうにもならないのと同じ。陳寿というより、この時代の歴史家は研究、真理を求めない。どうして成功したか、どうして失敗したかオリジナルの歴史哲学を提出することはない。大体道徳、人格的性質で結果を導いてお茶を濁すのがオチ。まぁ、陳寿の場合司馬遷みたいに警鐘を鳴らしたけど。

姜維費禕が抑えたという見方は正しいか?積極論者を抑えるのに一万人を預けるのはやり過ぎでは?姜維が悪い→その悪い姜維をこれまでは費禕がよく抑えていたというロジックだろう。そもそも諸葛亮一尊体制蜀漢では彼の死後蒋琬費禕と継承される。演技などだと姜維諸葛亮の後継者と見出されたとあるから、次は当然姜維で、蒋琬費禕姜維という三本柱を連想してしまう。しかし実際は姜維諸葛亮の眼中にすらない存在だと思う。馬超を評価したように、あくまでそれは涼州方面への影響力のために過ぎない。中央政界への実力者=政策決定者になれたとは到底思えない涼州閥というものすらがそもそもないため、彼が権力を握れることなどあろうはずがない。

で、改めて思ったけど、諸葛亮の死後いったい誰が後継者となるか、歴史を後世から見ると蒋琬で決まりに決まってるジャンって思ってしまう。しかしその後の一連の内ゲバを見るとそうともいえなかったのではないか?いわゆる魏延の謀反で、楊儀により、魏延が斬られる。そしてその後楊儀は実権も何もないことを不満に思って、文句をつけたという理由で、失職・流刑になる。その地で抗議をする―とあるが、間違いなく蒋琬体制がおかしい!と書いたのだろう。伝わってはいないが、それまでの蜀漢の人事基準は先帝。諸葛亮はありとあらゆるところで先帝理論を持ち出している。その中で先帝に一番愛されたボクチンがこの国を引っ張るんだい!というロジックだ。しかし、彼が死んだ後はどうなるか?このロジックでいうと、魏延楊儀が次の後継者としてあげられておかしくない。特に魏延はその本命といって良いだろう。

己の考えでは諸葛亮死後、劉備人脈から諸葛亮人脈に取って代わるのは規定路線だった。しかし最前線ではその方向への転換に従わないものも数多いだろう。まず真っ先に後継者に名乗りを上げそうな魏延楊儀に殺させる。次にその楊儀を除いてポスト諸葛亮体制を完成させるという図式だろう。当然政争の敗者がよく記されるわけがない。ドリョウセマイ楊儀だったり、最高指揮官に平気で逆らうという魏延のキャラクター付けがなされるだろう。魏延楊儀の人格など二の次で、彼らが何故敵対しあっていたのか、そのほうが気になる事実でぜひ知りたいところだ(単純に出世仇だというもの以外で)。

すくなくとも陳寿諸葛亮後の四英については悪く言ってない。しかし諸葛亮の息子であるというだけで、親の七光りで時期リーダーへの道筋がつけられていたことについては非常に否定的だ。諸葛瞻だっけ?陳寿は初期の曹操のように実力で人事を進める方式にかなり賛同していたと思われる。そして現在の名望家、血縁だったり、コネ人事に対して非常に憤っていたろう。しかも儒教的価値観、外面規範で人材を抜擢するという基準についても納得していないフシがある。

蒋琬費禕董允はいずれも荊州人脈、荊州閥。董允が死んでしまい、費禕が一人最後の後継者群となったとき、次世代の人事はいったいどうなる方向性が見込まれていたのだろうか、いずれ触れるとおもう費禕暗殺事件だが、もちろん費禕はまだまだ今後も最高指導者にあると見られていた。その暗殺によって蜀の体制がかなり混乱したことは想像するに難くない。キムジョンイルが、ジョンウン、跡継ぎなしで死んでしまったような感じであり、そういう混乱状態にあったのだろう。

明確にリーダーシップを発揮できない状態、そこで次の指導者として諸葛瞻が声望を集めた=旧来の利権構造の引継ぎになるのだが、それまで誰がトップだったっけ?閻なんとかだっけ?もうこの辺よくわかんねーや。とにかくこのような権力の空白時代、不安定化による緊張状態が劉禅黄皓を通じて君主権を一時的に我が国で言えば天皇のように責任を持たなくてはならなくなり、姜維涼州で好き勝手にあばれまわらざるをえない状況になったと考える。

淮南と姜維の同時勃発乱?同時でなくともリンクしてるのは間違いないだろう。諸葛家の三国末の影響力ってどうだったんだろ?今まで注目してなかったけど、実は257~258までの諸葛誕の反乱というのは大事件だということに今更ながら気がついた。もし三国志の物語を書くなら、蒼天で魏諷がクローズアップされたように彼の反乱は関羽の北伐並みのインパクトがあった可能性が高く、それなりの転換点として描きたいところではないだろうか。軍事的には大した成果はないけれども、琅邪の諸葛の本家中の本家が反乱のリーダーシップを取ったことは非常にその後の歴史において示唆的である。いわゆる名士、名望家に非常に妥協的だった晋・司馬家は曹爽グループだった彼を失脚させないという珍しい決断を下す。重要なのはその後、蜀漢でも、呉でも諸葛家が大きな影響力を持つ。その人物がそれぞれ魏・呉・蜀で手を結び合えば、荊州における諸葛兄弟同盟のように、諸葛家、三要人同盟が結成された可能性がある。そうでなくとも、名士を募り呉や蜀に渡る。こうすることで新しい血が加わった南朝は、新呉新蜀として生まれ変わり、あるいは統一され琅邪だから、か?が生まれ、一時的な中国統一も怒らないまま南北朝の時代に突入したのかもしれない。是非袁家、司馬家、だけに限らず、この諸葛家もひとつの形として取り上げなくてはならないだろう。

汝南の陳シについて、陳祗かな?姜維成都へのパイプ。彼がいなくなって、成都パイプが途切れ、姜維成都に帰れなくなる。死後五年で蜀滅ぶ。

蒋琬のパパは異民族に顔が効いた。きっと、蒋琬もそのあたりの異民族に顔が効いたのだろう。

第二回

賀斉神社自重w。後漢領土を回復する曹操に対し、後漢以外の領土を広げる孫権。目的の違い。だからこそ、孫権は魏について関羽を討った。戦力的な問題もさることながら、中原進出なんてしようものなら人口バランスがおかしくなる。北に帰ってしまう人間にしろ、あるいはさらに南化してくる人間にしろ。長期間安定した政体が望ましかった。だからこそある種の「自守の賊」にならざるを得なかったのだろう。

 ひろおさんが渡辺先生の本について、講演かな?魯粛は割拠ではなく統一を目指していたとあったけれども、個人的には称帝の遅さ、そもそもの大義名分の欠如を考えると何がなんでも中国統一!なんて考えていたように思えない。というか割拠か、統一かっていう問題設定がそもそもあまり意味がなくて。中原が混乱することがあれば、攻めにいくし、そうでなければ守るし、そのときのケースバイケースでしかないと思う。すべては現実がどう動くかにかかってるとしかいえない問題と考える。

孫策の会計太守は自立ではなく、袁術による任命。袁術の独立=献帝への反逆、正当性否定ではない可能性。それならば、それこそ南朝の始まり。袁術様こそ偉大な江南六朝の開祖になる(笑)。呉→東晋→宋→斉→梁→陳・・・。袁術は陳でいいのかな?袁陳と孫策の挫折・失敗その上での孫権政権のモデルを探るべきではなかろうか?とりあえず、石井さんだっけか?渡辺さんだっけか?学会では呉=袁術の後継政権の意味合いを見出しているしね。とにもかくにも、袁術孫策という二人の成功そして失敗、その後南朝を建設するまで孫権の長期的な模索。赤壁までどう見ても強硬的に立ち上がってくるような人間に見えないのに絶望的な環境の中、曹操に立ち向かって行って、軍事カリスマによって一気に地盤を固める。孫後の成立は赤壁なくしてありえない。さらにその後周喩の不自然な死、その後大貢献者周一族がまったく出てこない点など、一連の流れにある可能性は高い。やっぱり東晋でも琅邪の王氏のように北方名士主導の政治になって土着貴族が虐げられたのが政治の課題だったし、そこら辺に関係する話だろう。

曹操の北伐に対して、劉表孫権の南征。隙を突いて攻めあがるのではなく、内の不穏分子を討ちに行った。両方ともそうしたところをみると、コレは性格上の問題云々ではなく、構造上の問題。内憂をほっといて遠征できるような政治環境ではなかったのだろう。少なくとも反対の声が上がってないので、当時としては常識的な判断であったといえる。史家は時々、何でこの機をついて戦わないんだ!ああすれば、こうすればと、分を超えた無茶振りならぬ、無茶行動を当時の人物に要求する。孫権は将来があるから良いけど、劉表は惨めになる(^ ^;)。

山越は異民族か?まぁ、漢&山岳民族ってあたりではなかろうか?ローマに対するエトルリアのように高い技術を持っている可能性は無きにしも非ず。山岳民だから城砦建築などの工作に秀でている可能性はあるけど、船とか航海技術はどうかなぁ?山だけに特化して引きこもってるのが自然な気がするが…。それとも山岳はイメージで交易にも容易な場所にウを築いていたりしたのかなぁ。それだったらかっこいいな、山岳民族にロマンを感じますね。

呉→西晋移行時代には呉は殆ど見放され、東晋で一から建設することになる。逆にまったく手がついてないほうが建設するのにはやりやすい。かえってプラス要素な気がする。

ペタしてね

振り返ってみると、どこが講義の話でどこが己の感想かよくわからんな。まぁ、いいや、みんな予備校にいけば良いじゃない!学会活動できるじゃない!U-streamは凄いですね。まだまだキラーコンテンツって感じになっていないけれども、そのうち火がつきそうな気がする。ビジネス的にはさてライン中継が実質ただでできるから教育ビジネスなんか良いんじゃないかな?己も有名になったらこれ使って授業でもやりたいな~。

三国志予備校 ←実際の講義はこちらから。

イマイチまだよくわかってない。コメントが付けられるようだけど、どこに保存されてるかわからないし。劉虞出てきたかな?三回目がまだ見られないのか?映像を写すのがまだ難しいみたいですね。地図とか、漢字とか写せるようになるともっと面白くなると思います。今後に期待ですね。

第一回

姜維の話、冀城出身で、馬超が占拠。そして追放される事件を子供の頃一部始終をみてる。姜氏はこの辺りの名族、四姓と言われる。天水とか。天水は魏ではなく、まぁ、中間勢力。しかし曹丕以前にすでに人工移住、徙民政策で天水にほとんど人がいないのでは?河首平漢王宗建の話、かしゅうと読むみたいですね。「かしゅ」かと思った。黄皓姜維が国を滅ぼしたというより、まぁ、うまくやれなかったと書くしかない。そもそも亡国・傾国を誰がやっても同じ。あと一手で詰む将棋を名人に打たせてもどうにもならないのと同じ。陳寿というより、この時代の歴史家は研究、真理を求めない。どうして成功したか、どうして失敗したかオリジナルの歴史哲学を提出することはない。大体道徳、人格的性質で結果を導いてお茶を濁すのがオチ。まぁ、陳寿の場合司馬遷みたいに警鐘を鳴らしたけど。

姜維費禕が抑えたという見方は正しいか?積極論者を抑えるのに一万人を預けるのはやり過ぎでは?姜維が悪い→その悪い姜維をこれまでは費禕がよく抑えていたというロジックだろう。そもそも諸葛亮一尊体制蜀漢では彼の死後蒋琬費禕と継承される。演技などだと姜維諸葛亮の後継者と見出されたとあるから、次は当然姜維で、蒋琬費禕姜維という三本柱を連想してしまう。しかし実際は姜維諸葛亮の眼中にすらない存在だと思う。馬超を評価したように、あくまでそれは涼州方面への影響力のために過ぎない。中央政界への実力者=政策決定者になれたとは到底思えない涼州閥というものすらがそもそもないため、彼が権力を握れることなどあろうはずがない。

で、改めて思ったけど、諸葛亮の死後いったい誰が後継者となるか、歴史を後世から見ると蒋琬で決まりに決まってるジャンって思ってしまう。しかしその後の一連の内ゲバを見るとそうともいえなかったのではないか?いわゆる魏延の謀反で、楊儀により、魏延が斬られる。そしてその後楊儀は実権も何もないことを不満に思って、文句をつけたという理由で、失職・流刑になる。その地で抗議をする―とあるが、間違いなく蒋琬体制がおかしい!と書いたのだろう。伝わってはいないが、それまでの蜀漢の人事基準は先帝諸葛亮はありとあらゆるところでこの先帝理論を持ち出している。その中で先帝に一番愛されたボクチンがこの国を引っ張るんだい!というロジックだ。しかし、彼が死んだ後はどうなるか?このロジックでいうと、魏延楊儀が次の後継者としてあげられておかしくない。特に魏延はその本命といって良いだろう。

己の考えでは諸葛亮死後、劉備人脈から諸葛亮人脈に取って代わるのは規定路線だった。しかし最前線ではその方向への転換に従わないものも数多いだろう。まず真っ先に後継者に名乗りを上げそうな魏延楊儀に殺させる。次にその楊儀を除いて、ポスト諸葛亮体制を完成させるという図式だろう。当然政争の敗者がよく記されるわけがない。ドリョウセマイ楊儀だったり、最高指揮官に平気で逆らうという魏延のキャラクター付けがなされるだろう。魏延楊儀の人格など二の次で、彼らが何故敵対しあっていたのか、そのほうが気になる事実でぜひ知りたいところだ(単純に出世仇だというもの以外で)。

すくなくとも陳寿諸葛亮後の四英については悪く言ってない。しかし諸葛亮の息子であるというだけで、親の七光りで、時期リーダーへの道筋がつけられていたことについては非常に否定的だ。諸葛瞻だっけ?陳寿は初期の曹操のように実力で人事を進める方式にかなり賛同していたと思われる。そして現在の名望家、血縁だったり、コネ人事に対して非常に憤っていたろう。しかも儒教的価値観、外面規範で人材を抜擢するという基準についても納得していないフシがある。

蒋琬費禕董允はいずれも荊州人脈、荊州閥。董允が死んでしまい、費禕が一人最後の後継者群となったとき、次世代の人事はいったいどうなる方向性が見込まれていたのだろうか、いずれ触れると思う費禕暗殺事件だが、もちろん費禕はまだまだ今後も最高指導者にあると見られていた。その暗殺によって蜀の体制がかなり混乱したことは想像するに難くない。キムジョンイルが、ジョンウン、跡継ぎなしで死んでしまったような感じであり、そういう混乱状態にあったのだろう。

明確にリーダーシップを発揮できない状態、そこで次の指導者として諸葛瞻が声望を集めた=旧来の利権構造の引継ぎになるのだが、それまで誰がトップだったっけ?閻なんとかだっけ?もうこの辺よくわかんねーや。とにかくこのような権力の空白時代、不安定化による緊張状態が劉禅黄皓を通じて君主権を一時的に我が国で言えば天皇のように責任を持たなくてはならなくなり、姜維涼州で好き勝手にあばれまわらざるをえない状況になったと考える。

淮南と姜維の同時勃発乱?同時でなくともリンクしてるのは間違いないだろう。諸葛家の三国末の影響力ってどうだったんだろ?今まで注目してなかったけど、実は257~258までの諸葛誕の反乱というのは大事件だということに今更ながら気がついた。もし三国志の物語を書くなら、蒼天で魏諷がクローズアップされたように彼の反乱は関羽の北伐並みのインパクトがあった可能性が高く、それなりの転換点として描きたいところではないだろうか。軍事的には大した成果はないけれども、琅邪の諸葛の本家中の本家が反乱のリーダーシップを取ったことは非常にその後の歴史において示唆的である。いわゆる名士、名望家に非常に妥協的だった晋・司馬家は曹爽グループだった彼を失脚させないという珍しい決断を下す。重要なのはその後、蜀漢でも、呉でも諸葛家が大きな影響力を持つ。その人物がそれぞれ魏・呉・蜀で手を結び合えば、荊州における諸葛兄弟同盟のように、諸葛家、三要人同盟が結成された可能性がある。そうでなくとも、名士を募り呉や蜀に渡る。こうすることで新しい血が加わった南朝は、新呉新蜀として生まれ変わり、あるいは統一され琅邪だから、か?が生まれ、一時的な中国統一も怒らないまま南北朝の時代に突入したのかもしれない。是非袁家、司馬家、だけに限らず、この諸葛家もひとつの形として取り上げなくてはならないだろう。

汝南の陳シについて、陳祗かな?姜維成都へのパイプ。彼がいなくなって、成都パイプが途切れ、姜維成都に帰れなくなる。死後五年で蜀滅ぶ。

蒋琬のパパは異民族に顔が効いた。きっと、蒋琬もそのあたりの異民族に顔が効いたのだろう。

第二回

賀斉神社自重w。後漢領土を回復する曹操に対し、後漢以外の領土を広げる孫権。目的の違い。だからこそ、孫権は魏について関羽を討った。戦力的な問題もさることながら、中原進出なんてしようものなら人口バランスがおかしくなる。北に帰ってしまう人間にしろ、あるいはさらに南化してくる人間にしろ。長期間安定した政体が望ましかった。だからこそある種の「自守の賊」にならざるを得なかったのだろう。

 ひろおさんが渡辺先生の本について、講演かな?魯粛は割拠ではなく統一を目指していたとあったけれども、個人的には称帝の遅さ、そもそもの大義名分の欠如を考えると何がなんでも中国統一!なんて考えていたように思えない。というか割拠か、統一かっていう問題設定がそもそもあまり意味がなくて。中原が混乱することがあれば、攻めにいくし、そうでなければ守るし、そのときのケースバイケースでしかないと思う。すべては現実がどう動くかにかかってるとしかいえない問題と考える。

孫策の会計太守は自立ではなく、袁術による任命。袁術の独立=献帝への反逆、正当性否定ではない可能性。それならば、それこそ南朝の始まり。袁術様こそ偉大な江南六朝の開祖になる(笑)。呉→東晋→宋→斉→梁→陳・・・。袁術は陳でいいのかな?袁陳と孫策の挫折・失敗その上での孫権政権のモデルを探るべきではなかろうか?とりあえず、石井さんだっけか?渡辺さんだっけか?学会では呉=袁術の後継政権の意味合いを見出しているしね。とにもかくにも、袁術孫策という二人の成功そして失敗、その後南朝を建設するまで孫権の長期的な模索。赤壁までどう見ても強硬的に立ち上がってくるような人間に見えないのに絶望的な環境の中、曹操に立ち向かって行って、軍事カリスマによって一気に地盤を固める。孫後の成立は赤壁なくしてありえない。さらにその後周喩の不自然な死、その後大貢献者周一族がまったく出てこない点など、一連の流れにある可能性は高い。やっぱり東晋でも琅邪の王氏のように北方名士主導の政治になって土着貴族が虐げられたのが政治の課題だったし、そこら辺に関係する話だろう。

曹操の北伐に対して、劉表孫権の南征。隙を突いて攻めあがるのではなく、内の不穏分子を討ちに行った。両方ともそうしたところをみると、コレは性格上の問題云々ではなく、構造上の問題。内憂をほっといて遠征できるような政治環境ではなかったのだろう。少なくとも反対の声が上がってないので、当時としては常識的な判断であったといえる。史家は時々、何でこの機をついて戦わないんだ!ああすれば、こうすればと、分を超えた無茶振りならぬ、無茶行動を当時の人物に要求する。孫権は将来があるから良いけど、劉表は惨めになる(^ ^;)。

山越は異民族か?まぁ、漢&山岳民族ってあたりではなかろうか?ローマに対するエトルリアのように高い技術を持っている可能性は無きにしも非ず。山岳民だから城砦建築などの工作に秀でている可能性はあるけど、船とか航海技術はどうかなぁ?山だけに特化して引きこもってるのが自然な気がするが…。それとも山岳はイメージで交易にも容易な場所にウを築いていたりしたのかなぁ。それだったらかっこいいな、山岳民族にロマンを感じますね。

呉→西晋移行時代には呉は殆ど見放され、東晋で一から建設することになる。逆にまったく手がついてないほうが建設するのにはやりやすい。かえってプラス要素な気がする。

ペタしてね