てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

【古賀茂明更迭論】 菅および仙谷は古賀氏を切らなくてはならない

【カンゴク=菅&谷政権はさっさと古賀氏を更迭すべし!】
昔書いた古賀さんの記事→
改革派官僚 古賀茂明の失脚
 なんか、古賀茂明さんでググって来る人が増えたな~と思ったら、やはりまた事件があったようですね。ことの経緯は今月15日の予算委員会で、みんなの党小野次郎氏の要求で古賀氏が質問された。んで、出向は事実上の天下りだし、こんなんじゃ天下りの根絶なんて無理ですよと。こんなあからさまじゃないけど、菅内閣天下り対策グズグズだって言っちゃったと。

 んで、またしてもセンゴクさんが「こういう発言は彼の将来を傷付ける」だって。これ、なんて恫喝?Σ(゚△゚;)もちろん、そういう意味じゃなくて、現役の官僚に対して質問して、政権を批判させるようなことをやるべきではないという意味なんですけどね。

 もちろん、いうまでもなく、己はこの古賀氏の発言に全面的に賛成だし、的を射たものと理解している。しかし、政治上、行政の長たる内閣総理大臣、およびナンバーツーであり、細かい実務のサポートをする任務を負っている官房長官は内閣の方針に異議を唱える部下、逆らって実行しない部下がいるのなら、頑として更迭しなくてはならない

 今回の出来事は実質上の反乱であり、更迭が筋である。クビになる覚悟がなくて、こういう発言をするバカなんていない。鳩山さんのときもそうだった、いうことを聞かないサボタージュ官僚の首をどんどん切らなかったら改革なんて絶対にできない

 もはやこの内閣は政治・経済・外交全てにおいて失点をして、今後も国民にとってプラスになる可能性がない内閣である。政権担当能力が末期自民党と同じになった。どうせロクなことをやらないんだから、どんどんやったらよろしい。ダメ内閣で冷や飯を食わせられれば、食わせられるほど後の改革を担当するものとして名誉になるというものだ。経産省大臣官房付などとけち臭いことをいわずに、とっととクビもしくは地方にでも飛ばせばよい。

 消費税増税、国家感・戦略なき外交、ドル買い&米国債購入の対米従属、これにさらに米軍支援金でもバカバカやって、反対する官僚をどんどん切るのがよろしい。政界再編で政党・政治家の色分けより、官僚がどちらの政治家に目を向けるかという旗幟鮮明にすることのほうがよほど大事だ。なんせ葬式仏教のように、うちは何教でもかまいません葬式やります―のように平気で抜かす官僚が多いのだから。政策・主義主張で、そして能力によって人事が明確・透明化されないかぎり改革はうまくいかない。政治がうまくいくようになるわけない。

 魂を失った政治家、政策理念を失った政治家の話を指摘されることは多いが、官僚がそうであることは指摘されない。その点、自己のスタンスを時の政権にまるっと、ポロンとさらけだした古賀氏はお見事としか言いようがない。そしてそれに対して、お茶を濁すような態度で終えた仙谷のだらしないこと。後で女の腐ったいじめのようにねちねちいじめるのが目に見えている。

 カンゴク政権はとっとと古賀氏を更迭しなさい。憲政の常道以前の常識、独裁政権なんていうこと聞かなかったら、平気で殺しちゃうくらいなんですからね。政治家の最大の武器は人事権。さっさとその凶刃を向けなさい。間違った方向性でも、せめてそれくらいやって政治家の矜持を示しなさい。日本の政治レベルの低さは官僚を自由に更迭できないことにあるのですから。