てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

小沢一郎を国会で証人喚問せよ!

 なんだと!貴様!小沢一郎先生になんてことを言うんだ!鉄拳制裁してやる!貴様それでも軍人か!となった人。見事につられましたね。そう、釣りです(^ ^;)

【裁判でなく国会で論争を!議員の論戦こそ民主主義の命である】
 なぜ、こういう主張をするのか?それはですね。いい加減、いつまでもだらだらやっていてウザイからです。そこで一番いいのは、法務大臣が指揮権発動をする。そして小沢裁判を国会に持ち込むのが一番良い。どうせ裁判なんてろくでもないことをグダグダやるなら、国権の最高機関の国会で説明をして、議員たちの審査能力に任せるのが一番いいのです。ウォーターゲートだって議会の追及が大きな役目を果たしましたしね。そもそも指揮権発動というのはこういう検察の暴走のときのために設けられているのですから、使うのが一番良い。造船疑獄時代から、検察は暴走しており、ロッキードリクルート時代から検察は悪の組織ですと堂々と主張して、小沢無罪にすればいいんです。国民は戦前の天皇國體論のように検察國體論を信じてしまっています。であるからこそこの検察國體論を崩壊させ、検察と国民の間の連帯を断つ。国民にアノミーを起こさせてやればよろしい。そのアノミーに付け込んで一気に、メディア浄化、健全化に持っていく。全体主義国家のわが国では、なんとしてもこの検察&メディアの言論支配・コントロールを打破しないと民主主義の復活はありえません。検察&メディア國體を滅ぼさなくて、日本の未来はありません。

【国会証人喚問の利点】
 この国会証人喚問がいいのは、この検察とメディアという官僚支配の両腕を一気に解体に追い込めるからなんですね。よく、左臂(ひじ)を断つなんていう表現をします。どっちが右か左かはわからないですが、この両臂を断てば、一時の利益、得点なんていうものではないのです。災い転じて福となす!ピンチのなかにチャンスあり!死中に活あり!これは最大の好機なんですね。官僚支配を根底からひっくり返す最大のチャンスなのです。

【国会証人喚問は三点セットで】
 それでも心配に思われる方がいるでしょう。国会証人喚問の利点はわかった。しかし、メディアをコントロールすることなど事実上不可能で、小沢氏を一人喚問させれば、なんだかんだ言って菅直人や賎業朱夫(賤しいことをする赤い男)じゃなく、仙谷氏は小沢切りに熱心ではないかと。そのような目的でも小沢派議員が納得しないだろうと。そして民主党内の争いをしているうちに、自民党が漁夫の利をもっていってしまうのではないかと。
 そこで重要なのが、証人喚問をあと二人追加することです。それはもちろん小泉純一郎と、樋渡元検事総長ですね。そもそも政権交代とは前政権時代の腐敗・癒着を正すというメリットがあるのですから、それを最大限にやらないでどうするんですか?本当はもう一人、山里会の主催者ナベツナさんも要りますが、小泉&検察の癒着に焦点を絞りたいのでとりあえず、この二人だけ。やるならまた別の機会にやるのがいいでしょう。まぁ、メディアと取引をしてとりあえず検察を叩け、そうしたら見逃してやると、まずは検察を潰すのがいいですね。

【検察裏金、不自然な政敵の失脚、基地問題を問いただす】
 三井氏を冤罪に追い込み、ひょっとしたらヤクザと取引までして、三井氏を逮捕したのでは?と言われている史上最大のスキャンダルをやらいでか!?さらに裏金を葬り去ることの見返りと清和会に逮捕者が決して出ない理由。さらには小沢逮捕で、自民は問題ない―なんて自民が与党時代にいったように小泉=検察スキャンダルを徹底的に追及する。小泉時代に異常に小泉の政敵が次々と失脚していった、およそ法治国家ではありえない偶然を問い詰めること。辻本、鈴木、村上、田中…単なる偶然であるわけがないですからね。
 そしてさらに、イラク戦争の参戦責任を問いただすのです。百歩譲って侵略したのは日米同盟上仕方がない。しかし、何故その侵略の片棒を担がされて、沖縄の基地に手をつけなかったのだ!お前が沖縄の基地を縮小、日米地位協定見直しをしなければ、基地を使わせないぞ!と言えば大幅に状況は改善されたじゃないか!?日米交渉の最大のチャンスだったじゃないか!?こういうのです。
 なんと言うことでしょう。今民主党が苦しんでいる最大の基地問題が、そもそも自民党の失政だったのだ!!!となって、民主党の矛先から見事にそらすことが出来るのですね。そうか民主党は自民の尻拭いをさせられているんだ、となれば彼らの非難が民主党にあっても自民に支持・票が行くことはないのです。ま、常識中の常識なんですけどね。

【小沢氏への答弁:小沢カリスマを作り出せ】
 ここで、最後にまってましたとアメリカンコミックのヒーローばりにジャジャヤーンと小沢氏の登場だ。キャーカックイイ。この上なし。自民側に好き勝手に質問をしてやればいい、高が知れてるから(笑)。ここで身内の小沢派、あるいは中立派、民主党の議員もしくは新党改革でも田中康夫でも誰でも良い。質問をしてもらう。あなたはなぜ自民党を飛び出して自由党を?民主党と合併して、政権交代を?何でも良い、そこで小沢が官僚支配打破を声高に訴えることが出来る質問をしてもらうのだ。つまり出来レース行うのだ。国民のなかにある小泉人気がそっくりそのまま小沢人気となって沖天するであろう。ナポレオンがビスマルクを作り、ビスマルクがナポレオン四世待望論&ブーランジェズムを作り、過剰なドイツへの講和条件がヒトラーを作り、ヒトラーチャーチルを戦争指導者の必要性から首相にしたように、小泉時代こそが小沢時代を作るのである。

 この国会答弁の最大の要旨はここにある。小泉カリスマを小沢カリスマにしてしまえ

 これにより、小沢時代の幕開けなのである。小泉に絶対的な信頼を置いていた層、小泉支持層にアノミーを起こして、それをそっくり小沢カリスマにしてしまうのだ。毒から実は薬を作れるように、時として最大のライバルが実は最大の味方になるように、小泉の失点を小沢の得点としてそっくりそのまま戴くのである。小泉を徹底的にたたくことで、ではこれからどうすればいいのか?そうだ小沢がいたじゃないか!これにて小泉劇場終焉、小沢第二劇場の幕開けである。めでたしめでたし。

 指揮権発動、国会証人喚問、小泉&樋渡三人セットでかくも見事にひっくり返る。猪鹿蝶、いや、月見・花見酒か、役が完成する。証人喚問で民主主義を取り戻しましょう。