てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

週刊ポストから、小沢と公明のタッグ、あなたはありですか?

週刊ポストから、思ったこと、公明党の連立について。

 己は、別に公明党創価について、特に何も思うことはないのですけれど、自民時代の自公政権というのは否定的な立場をとって来ました。連立政権に反対してきました。というのは、そもそも政策が違いすぎるからですね。その中で幾分かの政策を国策に反映させようということはわからなくもないですけど、それならあくまで連立ありきはちょっと違うだろうと。ころころ内閣・政権のときに、一回くらい政策のめない!って連立割れしないとおかしい。そういえば野党で政策によって連立する、しないを明確にしたのは小沢さんの自由党だけでしたね。

 んでまぁ、ポストに予算を成立させないと国が動かないから、できるまでは、小沢さんは動かないとあって、予算を成立させるという大義名分はわかるが、その後の改革を巡っての連立はおかしい。離脱→予算苦しむ→改革を飲ませる代わりに予算賛成とかなら、うむ公明よくやった!流石だ、公明。ははは、こやつめ!ってなったんですけど、そうではないですから、あんまり肯定的ではありません。何より宗教団体として政治に参加するなら、しっかり税金払えという立場ですね。

 でも、自自公然り、新進党然り、小沢さんは公明について政治的距離が近いですよね。公明も小沢さんと関係が深い人間を、誰だか忘れましたが、復活させて、小沢対策にバッチリ動いている。つまり、小沢=公明連立や、小沢第二新進党という可能性もあるわけです。

 ああいう記事は、むしろ世論作り、そうしてまえ!っていう面も強いですから、予測によってむしろあってほしい現実を作り出そうという観測気球的なものがありますよね。EHカーの学問の話じゃないですけど。第二新進党をつくってしまえ!って言いたいのかも知れません。

 んで、そのときに公明と連立することについて、あるいは池田氏が引退するXデーが来て、重大な転換期を迎える公明と組むことに賛成するか、しないか?己は前述どおり、そういった政党としてきちんとした判断、役割をしていない公明には反対といった立場だったんですけど、どうなのかな?という感じに最近なってきました(んで、永田町異聞さんはセンゴクの公明連立を批判してましたが、小沢さんが公明党と連立することになったらどうしますか?と聞いたんですが、返事はなかったです)。

 というのはね。今の民主左派。左派っていうかサヨク系、サ派?はある種もう、公明的な気持ち悪さを含む政治団体・派閥みたいなものです。公明的なダメさと民主サ派のダメさどっちをとるべきか?と言われたとき、公明をとってもいいのではないか?という気がしているんですね。どうせ政治の機微とか本質的なこと、ポイントがわからないんだし、できないんだから、素直に小沢の言うことに従ってろよ―と思ってしまうわけですね。それなら第二新進党でみんな+公明でも、まあ仕方ないか。そういう気になってます。これに河村&橋下が加われば最高ですが、河村さんともかく、橋下さんは良くわからない。さらに道州制のスタンスもあんまり積極ではないみたいですしね。小沢さんは。

 あなたは小沢派が公明党と組むことにどう思いますか?