てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

下層&中層VS上層って感じ?今の政治の軸は

よく考えると、今の日本の政治状況って階級闘争じゃないか?(笑)
 だって、増税を主張する層「納税が足りない!お前らもっと働いて国納めろ!」という権威主義みたいなことをいう官僚に、その代弁者となった内閣。財務省を中心に増税財政再建なんていって、いや、公務員も官庁も必要な仕事をしているんだ改革なんて必要ないというどこかの仏貴族のような主張。
 そして、公務員なんて消えてしまえ!官庁・霞ヶ関なんて消えてなくなれ!解体しろ!という一掃派、民間の給与・年収が一貫して下がり続けているのに、民間より高い給与水準を維持するなと訴える。

 要は「納税が足りないんだ!」か、「てめえらがくだらないことに金使ってるからだ!リストラしろ!」の争い。そこに国民的コンセンサンスはない。まあ、どこもそんなにないけれども。二元的規範が打破された近代国家では、まず国家のために、みんなが住みよい国、みんなのためにどうするのがいいかということが常識として、その前提から始まる。しかし、日本にはそれが欠けているんじゃないか?

 科挙受験システムで、役人・官僚になって、別身分になった階層はその利権で支配し、国民はそれをひっくり返そうとする。結局アンシャンレジームだなこれ(笑)。ローマ時代の平民派VS貴族派ですね。小沢派&渡辺=平民側、菅派=貴族派ですね。自民はどっちに向くかまだ迷って、結局決められずに選挙で、目玉を作れず自滅するんじゃない?日本はまぁまぁが好きで政策違うのに烏合になりますからね。自民も民主も烏合性質が強すぎますね。大政党は仕方ないとはいえ。今後選挙では政党の色をはっきり整理するもの、政党政治の原点に立ち返る気がします。たちかえる日本です(笑)。

 みんなの党って名称が良くないですね。反貴族・官僚支配なら、平民党でしょう。二重規範打破を訴えたいにしても、弱すぎる。国民の党はなんか安保中心の感じがするから、それに古臭いイメージがあるしダメ。「平民」まあ庶民でもいいけど、そう訴えて、官僚支配破壊したら解党するってしっかり決めておかないとね。

※追記―あと、与謝野取り込みとか、高齢者内閣を見ると老人・高齢層取り組みを図っているともいえそうだ。社会福祉を手厚く=高齢者をターゲットにする。しかも将来にツケを残さないという子供のため!という善意を売り物にしている点で。子供手当てだろうがセーフティーネットだろうが年金だろうが、今ある変な重点配分を変えてやれ、というのが本来望んだことなのに、より収奪してそれをやれとは誰も言っていない。大体そんなことなら自民でも誰でもやれるだろうに(´-ω-`)。史上、増税で問題を解決した事例はない。アホですね。