てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

【不謹慎ネタ注意】 くだらない思いつき

どうでもいい、くだらないことを思いついたので、たまにはツイッターじゃなくブログで。

不謹慎なネタなので、そういうのがダメな人はスルーお願いします。

あ、ブログデザイン寄付したのに変更忘れてた。ちょっとでも助けになればいいですね。

日本は今原発問題に揺れ、未だに再建でうんぬんやってロクに収益を上げられないみずほ銀行があります。そして凋落する社民党の原因は「福島みずほ」。責任を取らない、取れない、ロジックがない。組織としての当たり前の信賞必罰がない。このアヤは一体何か?単なる偶然か?

日本社会に共通するものがあると思います。福島を関東の植民地のように扱い、逆らった知事は検察が抹殺。官僚支配社会を象徴するこの『福島みずほ』現象。地方を植民地にし、上は支配をして責任を取らない、階層・身分社会を作る。銀行は本来金融という、社会の一機能のはず、それがいつの間にか階層・身分として機能し、本来の役目を果たさなくなる。マスコミもそうでしょう?

そして統治層の基本である、危機管理すら出来ていない。本来ロジェスティックからいって一つがだめになったら、他の生きているところがあっという間にネットワークのようにカバーしなくちゃいけない。そのネットワークが全然ない。何かがだめになるとあっというまにだめになる。こんなんで来るべきテロ戦争の時代に対応できるんでしょうか?アホすぎます。一時的な機能停止は仕方なくても、リスクを分散させておいたところから、状況を正確に把握して、何日で復旧するというめどを性格に立てなくちゃいけない。そういうプラン、見通しがない。PDS=Plan、Do、See考える、やる、検証する。そういった当たり前のことが何一つ出来ない。なんなんでしょうね、これ?

福島みずほ』現象を解決できるかどうか?これが再生への鍵になると言ってみたり。

ペタしてね