てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

<携帯版> 【ファブリーズ】 twitterで絡まれたロンドン暴動について

さて、待ちに待ったロンドン暴動について書きたいと思います。誰が待っていたんだろうね(^ ^;)。

この件についてはいろんな方に意見を伺いたかったので、結構久しぶりに、このにおいのする記事にはコメントを残してきました。まあ、あれですね、この記事見たらコメントしろよという脅迫ですね(笑)。刑法第222条に抵触しています(笑)。

きっかけはあれだったんです。ツイッターで己がまあ確かにちょっと不用意だなと、あとから思いましたが、こういう風につぶやいたんです。

 「英暴動収まらず 首相対応へ」 yj.pn/Z1d650 #yjfc_uk (イギリス)イギリスはいいなぁ。日本もテレビ・新聞・霞ヶ関焼き討ちするくらいの国民性なら、こんな腐った国にはならなかっただろうになぁ…。

 短縮リンクがヤフーのニュースなんで当時の記事とはちょっと違ってますので、一応載せておきます。これを載せておく必要はないんですけども、あと、ちょっとこれだったかなぁ?と記憶があやふやな点もあるんで、間違っていたらすみません。この時点では、黒人社会に対する白人警官の不当捜査、さらには若者の失業率しか触れられていないんですね。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110809-00000511-san-int

 この記事においてはまだギャングが商店を放火・略奪ということがないんで、己はそこまで知らなかったんです。その点確かに不用意だとは思いますが、これを見たどっかのアホが食いついて、ものすごい絡み出したんですね。

A おう焼き討ちってこいよ_人集めて_ 

 
  B 「英国に比べて日本では若者が大人しすぎる!」という乱暴な比較に飛びつく人もこれから登場するでしょう。(そして己がそれだと見て、以後絡んできます)

私drきのこる、(以後dr) 官僚・役人の言いなりになって生きることが「平和」な社会でしょうか?憲法に明記されてる抵抗権・革命権の話をしたかったんです。誤解させたらすいません

A 官僚共が失業率や不満を押さえ込んでいるので解放が必要ですね_

A RTの人、暴動が起きる国は民主的にいい国とか言い出してアレ

A 暴動は暴力に訴える事だと思いますが。過去、安保で頑張っていた人たちがいたらしいですが効果なし、暴動は今では鎮圧されるだけで効果がないと思います。ハイリスクノーリターンと若者は自分たちに望ましいか考えて行動しないんですよ

B イギリスの暴動を羨ましがって日本で暴動が起きない事を嘆いてる時点で、自分が率先してやる気は無い癖に他人にやって欲しいと願ってる引きこもりの話だよね。

相手にしてやらなければ良かったかもしれませんが、あまりにもアホくさいので一言だけ、国民性の話をしているときにどうして自分がやるやらないの話が出てくるのか意味不明(本音は=そんなこともわからないん、文章読み取れないんだろ、アホ、絡んでくるな帰れ―もちろんそんなことは書きません)。ひょっとして、一緒に革命しよう!というお誘いか(笑)

 ―と相手しちゃったんですね。まあ、暑いしアホが沸くんだろうなと。そしたらまた見当違いの絡み方をしてきました。

B 自分はやりたくないが他人がやれってか

B 他国の暴動を見て羨ましいと思ってる人って何なんだろう…リビアでは内戦になり、シリアでは戦車で虐殺され、ロンドンではこのザマで…

めんどくさいけど一応簡単に補足しておきました。

dr 一応正確に記すと、暴力を肯定するわけではないが民主主義は国民の政府への抵抗権と革命権が基礎にある。また丸山教授が言うように不断の努力が民主主義を支える―そのような精神性が根付いていることが素晴らしいわけです。暴力を肯定するわけではありません。というかこんなこと当たり前だ思うのだが

dr 東浩紀さんがツイッターで「前に書いた文脈も読まずにいきなり絡んでくる人がいる」と言っていたが本当だなぁ…。まさか憲法学の初歩の「抵抗権」と「革命権」の話を知らない人がいるとはなぁ…。だれが暴動やれ!無秩序カモ~ン!なんていうかいな…。疲れるわ

dr 何度でも言うが、暴動およびそれに伴う無秩序など歓迎しない。というか今回のロンドンの背景には黒人男性の射殺という日本人にはわからない深刻な社会上の階層・人種対立が背景にある。それを無視してこの問題を論じることなど出来ない。多面的にこの問題を捉えなくてはならない。

 東さんがいってたのは、RTをしてそのワンツイートだけ読んで前後を読まずに絡んできてウザイということを書いていて、己はそんなことあるかいな?と思ってきたら、ありました(笑)。東さんはそのためツイッターは空気を読むことを強いてくるから言いたいことがいえなくなるって言ってましたね。

 東さんは一応そこそこ名が知れている人でしょう。己も名前だけは知っています。読んだことはないですけどね。チラ見したけど意味不明でした。そういう有名な人ならともかく、空気も場も読まず己のような一般人にまで絡んでくるんですから、ああ、世の中アホはいっぱいいるんだろうな~とつくづく実感しましたね。

 ついでにもう一人「引きこもりの論理」と、「黒人の論理」がどう繋がるかわからない、何を言っているかわからない意味不明というアホがいて、まあ、@つけてこないだけウザくないのでよかったんですけど。自分の脳内だけで完結してこちらに迷惑をかけてこないので(^ ^;)。

 あのねぇ、人の意見を「引きこもりの論理」なんて、揶揄中傷をしてくる相手に論理を認めて、論理的に返すわけないでしょう、シカトして相手にしていない。自分のフォロワーにしか書いていないんだって事くらい気づけよ(笑)。お前みたいなアホをどうしていちいち相手にしてくれると思うのか?常識で考えなさいな。

 さらにはそもそも140文字の制限があるんだから、しっかり文章読み取って考えろ、いちいち絡んでくるなというくらいなら、ツイッターやるなよといってましたね。 (゚∀゚)ヒャァ!国語をしっかり一からやり直して文脈読み取れる言語能力見につけてから言おうね(笑)。

 こっちの言っていることを正確に読み取れないアホだと間接的にいわれていることすらわからないんですから、こりゃ絶望的です(^ ^;)。そういえば、小林よしのりも初期において、こっちの言っていることを正確に読み取ってけちつけてくるやつは良いが、文句・中傷・脅迫をしてくるバカはこちらの主張を読み取れていないから始末が悪いといってました。

 己のような、素人呟きにバカが絡んでくるくらいですから、上杉さんとかちょっと著名な人には本当アホがいっぱい絡んでくるんでしょうね…。大変だろうなぁ…。

A その人が肯定するのは暴動という暴力ではなく憲法学の初歩の「革命」「抵抗」です_ RT

 (Bのアカウントに向けて): 日比谷焼き討ち事件(ロシアとの戦争講和を訴える国民新聞社や内務大臣官邸、交番が焼かれる)というのがありましたけどね

dr だから暴力は肯定しないといっているのに…。揚げ足とって他人を否定するツイートして何が楽しいのか…

二人して、おんなじ間違いをしていて笑ったのはこれ↓

A  「イギリスいいなぁ、日本で起きないかな」と言ったじゃないですか。若者が社会の不遇だとか官僚を口実に店やら家やらに火炎瓶を投げ込んで車や店燃やして「これは暴動では無い!革命だ!」「これは暴動では無い、官僚に対する抵抗なのだ!」とか望んでいるんでしょう。

B  貴方は 「イギリスいいなぁ、日本でも起きるようならこんな腐った国にならなかったのに」と言ったじゃないですか。まぁ日本でも過去に起きてたわけですが。戦争を肯定し煽る日比谷焼き討ちも「革命、抵抗」だと言い張るのですかね。ちなみにロンドン焼き討ちは略奪激しいよ?

(;つД⊂)ゴシゴシ

(゚Д゚)

 全くおんなじ因縁のつけ方、ちょっとびっくり、こういう単純論理で理解するんだと(笑)。馬鹿ですよねぇ…。ロンドンのように国民は行動すべき、しかし暴力は肯定しない。そう書いているんだから、導き出される結果は、粛々とデモをやって相手にこちらの意見を飲ませるべきだとなるでしょうよ。霞ヶ関にしろ、テレビ・新聞にしろ、焼き討ちといったら、このような暴動を連想することが逆に凄いですよね。焼き討ちって実際に火を付け回ることだと思っているんですか?馬鹿すぎでしょ(^ ^;)。

 今回こういう焼き討ちといったときにロンドンのような暴動だったり、日比谷を連想するなんて驚きました。己は比叡山焼き討ち=井沢元彦氏が言ったように霞ヶ関焼き討ちを念頭において使いましたから。まあ、そういう風に受け取る人もいるんだなぁ。と勉強になりました。

 そもそも上に書いたように、憲法に「革命権」「抵抗権」とある、基本的なことも知らんのか?アホじゃないかな?今の若い人はそんなことも知らんのか?まあ、己も若造だけど。一応書くと、憲法には革命の精神が明記されている。

 そもそも近代国家とは暴力によって成立している。暴力と無縁で成立した国家はない。圧政を敷く、政府を追放して自分たちに好ましい、社会契約説によって国家を形成している。国家機構とは国民と為政者による契約の結果できたものと理論上はなっている。

 

 国家権力が肥大化し、暴走するのは必然。それを食い止めるのが憲法であり、民主主義。そのため「抵抗権」と「革命権」を持つと考えている。国家の横暴に対しては抵抗して良い、抵抗しても直らないなら革命をしても良い。政治を作ったのは人民なのだから、それを壊すのも人民の自由。こういうと過激な思想のようだが実際は伝家の宝刀として革命権はあるのであり、頻繁には実行されない。英だってピューリタン革命と清教徒革命しかない。

 日本の憲法はまるで機能していない。リヴァイアサンのごときに肥大しているのに革命権・抵抗運動が全く起きていない。ロックの思想社会契約説にもとづいて日本の憲法は成立している。憲法の前文「そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。」とあるこれは社会契約説そのもの。護憲派だったらこの前文を守るべく竹やりかついで今すぐ国会に殴りこみに行くべき。レジスタンスぐらいはしてもしかるべき、そうではないのだから日本の憲法学者曲学阿世の徒。

 ―とは小室直樹博士の言葉、民主主義とは理想の状態でもなんでもない、自分たちの利権・個人の権利を守るために意地汚く・どこまでも醜く絶えず行動をするもの。時には腐敗に対して暴力を持って応えなくては、民主主義を守ろうとしなくては、民主制度など維持されるわけないではないか。

 民主主義というルールを理解し、そのルール上グッドプレイヤーであるためには何がいいことなのか、そして何がわることなのか、民主主義というゲームの舞台に立っておきながら、そのルールを全く知らないアホばかり。

 そしてそのゲームの上でわれわれ国民はどのように振舞うべきか、どんなに人間でも目的があって行動がある。つまり暴動なり、焼き討ちなり、全ては目的を達成するために行う行動に過ぎない。その暴動・焼き討ちはどう行うべきか?目的に関係ない無秩序的な暴力行為がどこに発生余地があるか!馬鹿じゃないか?

 言論の自由を守る、無責任な報道体質を正すためが報道機関に対しての目的。霞ヶ関が好き勝手に法を操り、官僚出身であるというだけで高給をとり、利権まみれにして社会から流動性と、競争性を奪う。不健全な社会を作り、身分制社会を作り、格差や不平等を固定化する。それを打破するために行動をするのに、メディアの人間や官僚を殺傷するならともかく、どうして無関係な人間を傷つけるのか?馬鹿じゃないか?どういう論理なんだ?

 おそらく、学生運動とか、日米安保とか、オウム真理教とかそういう馬鹿な行動を連想しているのでしょう。目的を達成するための行動として、デモは民主主義のルールに基づいている(たとえばエジプトのデモがムバラク追放を求めたように)。赤軍派のテロなんか革命とかわけのわからないことをいいながら、全く無関係な殺傷行為を繰り返した。博士はあれを日本アノミーの典型事例だと指摘しましたけど、あれをもって革命とか、抵抗を考えているからそうなるんでしょうね。まあ、ちょっとは勉強しろとしか言い用がありませんね。

 軽率に殺傷と書きましたけども、己はそれすらなまるいと思うくらいに昨今の原発をめぐる官僚の不祥事は許すべきではないと思っています。が、実際皆殺しにしろといえば、拒否感を抱く人も多いでしょう。別に焼き討ちって言ったって目的を達成できればいいんですから、実際に焼いたり、殺したりする必要はないわけです。それで目的達成できなければ元の木阿弥ですから。だったら終身刑でも国外追放でも別に何でもかまわないわけです。スローガンとして「焼き討ち!」といっているわけです。そこまで過激にいわないと、官僚たちは下手したら殺される!と思うところまで追い詰めないと、国民なめきっておんなじこと何回でもやりますよ。財務省増税の絶好のきっかけとして増税工作進めているじゃないですか、この期に及んで。

 だいたい、再発防止とか言って安全庁を環境省に移すとか馬鹿なこと言ってますけど、この環境省厚労省経産省を母体として生まれたものですよ!?また同じ体質引きずって、そのままになるに決まってるでしょう!(#゚Д゚)ゴルァ!!腐朽官僚制腐食官僚制は同じ過ちを繰り返すって大東亜戦争のときに学んだでしょう。絶対同じ不祥事起こりますよ。利権を維持して、ツケは国民って相場が決まっていたじゃないですか。なんか問題起こしたら、認めずに引き伸ばして、死ぬのを待てって方針とってたじゃないですか。自公政権は時候待ち政権だったでしょうが。

 ちょっとロンドン分析は分けてやりましょう。アホのやつに対する反論書いていたら、これだけでも長くなったし、次の分析とごっちゃになって見難くなりますしね。紹介したい面白いことつぶやいていた人もいるんで。

 まあ、確かに己も書き方まずかったでしょうし、こういう長文書いてようやく、ああそうかと思う方もいらっしゃると思います(わかんない人もいるかも(´-ω-`))。でも、まず、思いつきで、いいな~くらいの腹減った~眠い~程度のつぶやきに絡んでくるのはダメでしょう。こらっ!っていいたいなら、それは、不謹慎でしょうと、私はこう読み取りましたが、あなたのスタンスはいかがですか?としっかりたずねなさいよ。

 本当はしっかり論理展開して説得しようとも思ったんですが、まあ、こっちの意見を聞く気がない書き方なんで、ほっときました。絶対こういうことですよ。って書いても人の話し聞かないでしょうしね。

 Aの人は以前覚えている人いるかな?中国の軍事についてつぶやいて絡んできたやつなんですよ。そのときもちょっとムッとする失礼な言い方がありましたけど、まあネットだとこういうのが主流だとか、丁寧なんてかっこ悪いぞ見たいな人もいるし、いちいち態度が悪いと起こるのもあれなのかな?と見逃してましたが、今回で完全にアウトですね。

 中国の揚陸能力が世界二位だ!とあった例のアレです。軍事学どころか、特定の兵器・兵力だけをもってして国際政治・外交を語るアホ。こっちがそのとき説明したけど理解する気ありませんでしたからね。そのときRTして他のアホが絡んできましたし。海老やカニじゃねぇんだから、台湾に上陸だけしてどうするんだバカ!って言った例のアレです。補給が続かなければ、戦勝しても周辺国を説得できなければ、国際貿易が正常に機能しなければ、一時的に台湾征服しても全く意味はない。そんな簡単なことすらわからないんですから。

 軍事・戦争の前に外交・経済・政治の学問わからなければ、全く意味がないことわからないんでしょうか?おそらく日本に軍事学部ありませんから、ネットかなんかキモイ本で得た知識なんでしょうけど。自衛隊でもなければまず学べないでしょうしね。自衛隊でもそんなに学問として確立されてはいないでしょう。軍事学者が少ないですから。最低でもやはりアメリカとか海外行かなければまともな軍事学は日本じゃ無理でしょう。

 なんでしょうね、両方とも兵器がどうたらこうたらつぶやいていましたけど、そういうミリオタってネトウヨみたいに俺はこれをしっている!お前らはこんなことも知らない!危険が危ない!危機が迫っていることを知らない!見たいなヘンな優越感に浸って相手を見下して絡んでくる可能性があるんじゃないんでしょうか?まあ、相手をみてからにしてほしいですね。少なくとも礼儀は守ってやれよと。

 みなさんも軍事のにおいがするミリオタには気をつけましょう。己のあの思いつき程度のつぶやきに、「日本もロンドンのようになれ!」と単純解釈して因縁吹っかけてくるんですから。すぐファビョりますね。ファブリーズですね(笑)。140字の短いものだからこそ、その真意がどこにあるのか確認しなければならない。受験であったでしょう。この文章は正しいか。①正しい ②正しくない ③文中には書いていないからどっちかわからない―言った、言ってないのイエス・ノー枕じゃなくて、まだ判断できないという領域がある。同じ言葉を使っていても、本人とは違う意味で使っている、また誤解している可能性がある。だからこそ対話をするときにはそれに気をつけて絶えず修正しなくては、ミスコミュニケーションを招く。そういうこと、言語論理的トレーニングを受けてこなかったんでしょうか?

 まあ、そういう訓練受けていない人は会話するのに疲れますね(´-ω-`)。今回アホが賛同しないのにRTするから、アホがどんどんRTして迷惑です。ツイッターでアホが絡んできてめんどくさいなぁ。もうやめようかなぁとちょっと考えています。あんまり得しないし、ROM専でもいいし。

 そもそも自分の意見と反対するものをあげつらう行為自体が、ロンドン暴動で起きているモブの放火・略奪と何が違うのか?自分たちがやっていることがどれだけ醜いことかわかっているのか?まったくヤレヤレです。

で、こっから、この人Aがつぶやいていた内容ですけども

 福祉と教育で立て直そうよウフフというのに対し、福祉は金が膨大にかかる→金が無い、というか金融国家+工業の海外進出で労働力の要らねーし、治安の為に払った方が良いのかというといや隔離した方が安上がりだろ、そうだ警察こそ最大の福祉ではないかとか考えてる

 ギャングと下流層が暴れまくっているのを見て、他の人のように先進国の病理とか再分配の問題とかセンチメンタルになることができない俺はずれてるんだろうか。

 ゴミ溜めに福祉と名打って金をやった結果がこれだよ!

 今回のは景気対策・財政削減への不満だとか、ありきたりな貧困だとか格差階級だとか関係無しに(いや遠くには関係はあるんでしょうが)福祉に飼われた暴れたい奴が暴れたという見方が有力になっているらしく、正直付いていけないっす

んでBは

 他の世論調査も出揃わないとなんとも言えないが、概ねイギリス在住または在住経験のある日本人ライターの分析通り「今回のロンドン暴動ではどさくさ紛れに若いギャングが便乗して暴れてるだけ」で世論の共感や同情は得られない、と。

 ソースはサン紙(大衆タブロイド紙)だが調査はYouGovという世論調査会社。政府の緊縮財政が原因だという人は回答者の8%、失業問題だとの回答は5%、人種間の対立が背景にあるとの回答も5%。一方、42%が犯罪行為の蔓延、26%が不良グループの台頭を理由にあげた。

 イランは良くて、ロンドンはダメなの?って突っ込まれたら、こう応えてますね。→

テヘランの暴動は政治性があるからでしょうね。裏でアメリカが支援しているでしょうが。ものすごいダブルスタンダード(^ ^;)欧は暴動は断固鎮圧しろ!イランは革命で正義だ!とでも言うのか?

で、これは横からやってきた関係ない人ですが、―現状でいいという暴動を起こさない一定の大きな層を無視して革命を訴えられても。

 また別の人は―暴動が起こらない日本のような国に生まれて幸せ、暴動を望むなんて気が知れないとか、また違う人間が、むしろ無茶な暴発とかしない平和な社会に生きてることを感謝すべきだよね―とかのたまわっていました。アホらしくてもうどうしようもないですね。

 これがどうしてアホくさいのか、バカ丸出しなのか次回に続きます。