てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

陸山会事件の有罪について

まあ、こんな判決もありうるかなといった感じの判決でしたね。日本の裁判ならこれくらいの無茶苦茶なことはやるだろうと。ですからあまり驚きはありません。官僚や東大出身者はまず有罪にならない。

 沖縄密約裁判でも逆転敗訴。まあこれは敗訴というのはちょっとおかしく、最調査した上で密約文章はもうすでに処分されてしまってないから、開示させようがないというのが裁判所の判断。密約の存在やその処分を不当であるとしている点から、一審の開示命令が出来るかどうかの確認と見たほうがいいかもしれない。

 というか密約を結ぶ・結ばないは時の政府行政の長の責任=総理大臣の責任であって、今後その責任追及がどうなされるべきか、国会における証人喚問ではっきりさせるべき話。まだ生きていたっけ?いずれにせよ自民党にとっては当時を知る人間がいくらでもいるわけで、党にとってその存在意義を改めてつきつけられることになる。民主党としては格好の野党叩きができる材料を得たことになり、民主党は物足りないかもしれない。しかし自民党の奴らはこんなゲスいことをやっているですよ!と訴えて非難の矛先をそらすのだろう。

 だが、社会党とは殆ど関係ないとは言え民主党、日本の野党は追求というものが本当に下手だと感じる。野党時代にいくらでもこの問題をつきつけられただろうに。政権担当能力ならぬ問題追求能力が乏しければ、当然優秀な政治家なんかいるわけない。この沖縄密約は場合によっては時の政権にダメージを与え瓦解させるほどのスキャンダルだ。そんなことして無駄な政治停滞を招きたくはないし、非現実的な野党で政権担当能力がなかった時代だから、そういった非道がまかり通った時代なのだろう。西山事件がで一スキャンダルとして処理されて、何事もなかったかのようになった話など、本当にこいつらアホかと日本人のレベルの低さを伺わせる話でもある。

 で、前述通り密約は行政の長の責任であり、国会で徹底的に追求しなくてはならない。国会で嘘を付くこと、これこそ民主主義国家における、民主制度・デモクラシーの原則を踏みにじる大罪である。徹底的に追求しなくてはならない。偽証罪で刑務所送りもあり得るだろう。国会とは最高法廷でもあるのだからね。ここで過去の一事例を逐一反省することなくして、国家再生はありえない。

 さて本題。裁判所・国会がまともに機能していない日本においては予想の範疇。罪は罪として有罪となることは当然ありえた。ここでちょっと陸山会事件について考えてみる。この事件でありうるのは3つのケース

 ①求刑通り小沢有罪

 ②秘書大久保主導の、大久保による個人犯罪

 ③水谷建設の横領ごまかしの虚偽

 ―という以上の3つのケースが考えられる。東北の公共事業小沢一郎が支配していたこと、岩手・秋田のみかもしれないが、そこらへんはよく知らないがまあとりあえずおいておく。綿密に小沢=水谷の癒着を立証するには公共事業と裏金の関係性を考える必要がある。それによって状況証拠での推論が成り立つわけだが、かなり厳しいと個人的には思う。

 公共事業は100億単位の話が当り前にあるし、ン年単位で作るダムなんかは1000億いくものもある。しかし公共事業受注金額=収入ではない。利益率で元請けなら10%・下請けなら5%なんて言われている。まあもちろん時代や物件によっても推移するのだろうけど、公共事業悪玉論以来徹底的に厳しく見積もりをやるようになったし、逆に公共事業に見切りをつけて、脱公共事業に踏み切った企業が利益を上げているという話すらある。

 もはや

 政治家→『天の声』→ゼネコン→日本政治汚職の一大構造

なんていう公式は成立しない。もっと荒い時代ならいくらでもじゃんじゃん予算をつぎ込んで儲かったかもしれないが、現代そんな甘い話はない。0.1%なんて話もあるくらい。まあそれでも額が巨大だからこそ意味があることはあるのだろうが。

 水谷の一億の裏金は疑問点がある。まず資本金4800万のかなり小さい会社の水谷がその経営の苦しさから、仕事ほしさに違法な裏金を小沢に渡して仕事を受注せざるを得なかったとする。これはまあ分かる話。しかし水谷がそうしてどこまでググっとなりあがったかということ。裏金=犯罪=急成長というストーリーが当然出てくる。それがないのだ。水谷建設がかなり無理な商売でヤクザやら政治家やらと密着して業績を伸ばそうと無理をしていたのは確かだろう。だからこそいろんな事件で水谷建設の名前が上がっている。水谷建設自体の犯罪行為はあり得るのだが、国内最大手の鹿島建設(資本金800億というレベル)といった大企業ならともかく、そんなかなり小さい水谷建設が一億も裏金を出せるのか?という話。

 まあ裏金が約15億円ばら撒かれた。さらに脱税が11億。脱税した分金がある!その分を裏金として流したんだ!その流れた内の1億が小沢に流れたというストーリーを描きたいのだろう。な、なんだってー>ΩΩΩといいたいところだが、まあひとまずこれはいいとしよう。

 前述通り胆沢ダム34億の公共事業が04、05年度どれくらいの利益率か分からないが、3%で1億やっとの世界だ。小沢事務所に献金したのが三年間で600万。こういう公共事業受注と謝礼金みたいなものの割合はわからないが、大体十分の一税のように10%・一割、多くて二割ではなかろうか?だったら、受注した公共事業とそんなに離れるものではない。極めて妥当な範囲だろう。

 

 結局のところ水谷一億→小沢四億→土地購入なんていう図式以上に、問題になるのは小沢への一億裏金でどのくらい見返りがあったかということ。岩手の県主導、あるいは東北のゼネコン・公共事業を主導している小沢に対し一億も払ってその何倍もの利権を水谷が高競技場から得たかどうかということに尽きる。小沢に金払って、公共事業でガッポガポなら、その分当然他のゼネコンは締め出されることになり、抗議をするだろう。おかしいじゃないか!と。

 もしくは公共事業を支配する小沢に対し、小沢さ~んウチにも仕事回してくださいよ~ともっと大手から数十億単位の裏金が舞い込むことだろう。舞い込む舞妓さんだ、舞い込むマイコー(マイケル・ジャクソン)である。そんな話は一切ない。水谷建設がその裏金で直接供与を得た。便宜を計ってもらった。それがないかぎり小沢を有罪にすることなどできない。裁判ではでは水谷が小沢からどんな便宜を受けたか立証されていない。水谷に便宜を測れば他の会社が被害を被る。また他の企業が同じように裏金を渡すはずである。状況証拠としてこれ以上ないだろう。なぜ水谷だけなんだ?説明してみよ。

 小沢事務所に毎年どれくらいの献金が集まっているかしらないが、そんな小さな企業でさえ年間百万単位で払うのだから、むしろ毎年億近い収入があるのが当然だろう。合法的な収入に資産がかなりある小沢にそんな裏金不要ではないか。

 議員としての収入は平均3000万。しかし小沢は親の政治家時代から、更にはかみさんの資産だってある。中世時代の話のようだがイクター制みたいに政治家は権限をやる、特権を与えてやるか自由に商売して政治資金を稼ぎなさいという時代があった。その時代政治家の能力とはいかにカネを稼ぐかが重要なファクターであったわけだ。小沢は少なとも三十年以上は政治家をやっているわけで、その長年の金づくりで政治資金は豊富にあるだろう。かつて与党の大物政治家と言われた小沢にとって四億ぐらいそりゃあるだろう。別にそれくらい持っていても全然おかしくない人物ではないか。むしろ四億だすのにヒーコラーしていたという話のほうが不自然である。

 裁判所が言う四億円の出資が不透明というのは無茶苦茶だ。ン十年生きてきて金を儲けている奴は儲けている。孫正義あたりにこの年のこのお金は何ですか?説明できない?ハイ、犯罪人と言っているようなものだ。毎年収支報告を出していて、その時言えば説明できるであろうが、過去のことを完全に説明できなければ有罪っていうのはおかしすぎるだろう。というより、資産家にとって金はフローではなく、ストックとして管理しているだろう。そのストックを、いついくら入ってストックになったのか完全に説明できるものなどいるだろうか?大体この年にこの収入があったという大雑把なことくらいしか記憶にないだろう。

 そもそも四億円の出資を立証せよという裁判ではない。訴因変更を認めたこの裁判は明らかに暗黒裁判である。いきなり税務官が家屋に侵入してこの収入を証明しろ!出来なきゃ有罪だ!というのは無理がある。収入をごまかす、少なく見積もる=脱税というのはよく聞く話だが、昔からあるお金を、なんでお前はこんなに持っているんだ!おかしいじゃないか!はい、有罪―というのはロシアのオルガリヒ叩きのそれであろう。アカの資産収奪、ナチスユダヤ人私財没収のそれに構造が近い。

 博士の説で説明したように、近代裁判の原則はたとえ千人の罪人を逃しても一人の無辜を罰するなかれ。絶対に冤罪を許さないという原則によって成立している。刑事裁判は真実を暴く場所ではない。国家権力から被告を守る場所が裁判所である(真実を暴くのは報道の役目であろう、報道陣は恥を知るが良い)。国家権力検察の主張をできうる限り退け、被告を守らなくてはならない裁判官がこの体たらく。そしてまた挙証責任というものが、近代裁判ではある。どちらかがその理由を完全に説明しなくてはならない。説明責任があり、それを全うできなければ裁判はどんなに惜しい、きわどい、あやしい内容であろうと、ゼロサムゲーム・一かゼロかで判断を下す。

 今回の裁判は言うまでもなく検察に立証責任・挙証責任がある、つまり完全に小沢一郎がどこからどう見ても犯罪を犯したと一部の隙もなく説明できなければ無罪になってしまうのだ。仮にどんなに疑わしくてもダメ、今回の判決のように状況証拠が信用に値するなんて言うのは論外中の論外。そんなものはお前個人の感情だろうと言わざるを得ない。物証がないのに収賄を立証するなんて考えただけどもおぞましい。この国はいつでも好きなときに政治家の政治生命を断てるということではないか。こういうおぞましいことは国会議員全員が一丸となって戦わなくてはならない。法治国家・民主制度の根幹を揺るがす話なのだ。

 疑わしい企業との関係、政治家の資産、あやしい企業の使途不明金、この3つが揃えばどんな政治家でも抹殺できる。身の毛もよだつ事だとは思わないか?

 大体、裏金を政治資金にして事務所を作るっておかしくないか?いくらでもかつての汚職で御殿を築いて贅沢三昧した例はあったじゃないか。事務所を建設した。あなおそろし、税金流用か?私腹を肥やす俗物の権化か?横領というのは愛人だったり、贅沢な私物購入、浪費に使うものだろう。これで小沢汚い!許せない!なんてのはどうかしてるんじゃないか?子分の政治家がつらい思いをしているな~。よし、いっちょ裏金もらって住みやすいマンションでも作ってやろうか!なんて悪徳政治家がどこにいるのか。

 水谷建設の一件だけ、他に裏金を渡した形跡のある企業がない。それだけで状況証拠として十分ではないか。小沢は公共事業で自分に政治献金が集まるシステムを作った。セコイっちゃセコイが、その小金で法に触れない範囲で政治活動をやれるんだから、それ以上急に汚職に走る必要性がどこにもない。なんで急に裏金で取引する必要性がある。アホか?せめて陥れるんなら、その当時の民主党代表選で総理大臣になる可能性が高いから、その票を金で買うための裏金だったとか、そういうストーリーのほうがまだ現実味があるよ。

 政治活動をするための事務所建設のために汚職をする。こんなストーリー今まであったのかねぇ?センスを疑うわ。

 ここまで来てもう言うことはないが、有罪の場合①小沢犯人説(小沢もグル)②大久保犯人説(単独犯行)③水谷犯人説(横領をごまかす嘘)の三パターンが考えられる。その三つの中どうして①、または②を選んだかその理由が気になるところである。むしろ③の横領説が一番可能性が高いだろう。③は業務上、背任に問われる犯罪だ。様々な犯罪を犯しているとはいえ、少しでも罪が軽くなる方を犯人は選択する。なら小沢に渡しましたと、そうしないとうちのような弱小企業はやっていけないんですぅ~。そういう社会なんですぅ~、社会・時代が悪いんですぅ~といって同情を買えば量刑だって軽くなるに決まっているではないか。

 裁判所の言っていることはバーローが三人いる中から、犯人はお前だ!とアリバイを立証しろ!何できない、嫌な事件だったねで無理やり有罪にするのと同じだ。バーローはだいたい犯人が自白してくれているが近代裁判では自白ですら有効な証拠には成り得ない。自白すらないのに有罪はないだろう。どう考えても③が至極まっとうな理由ではないか。水谷=小沢の利益供与がはっきりしていない以上。

 それに水谷が空港建設事業等を手がけていたようにむしろ自民党与党時代の方がはるかに可能性は大きいだろう。なぜ一地方の公共事業にこだわる?04年の時点なら自民党全体に献金・裏金で全国規模の事業の受注のほうが確実で利益が大きいではないか。実際に関西とかで手がけていたし。そんなに巨額の裏金が本当に存在していて、裏金を洗うというのなら当時与党の自民が先だろう。

 ああ、そうだ個人の感想を忘れていた。

 こういう憤りはともかく、まあ有罪自体はあるだろうなと思いました。裁判官は前例踏襲主義=官僚ですから、判決を下すというより処理をする。なんにも考えない近代裁判の常識を知らない裁判官ならこうなるだろうという気はしました。この登石という裁判官は刑事で無罪を出したことがないようですし、裁判官は変わった判決を出すと困るからやめたんでしょうね。

 調書却下という異例の前提があっても、刑事訴訟法のデュー・プロセスを平気で踏みにじってでも、こういう前例踏襲をやるだろうとね。「天の声」というゼネコンでぶっしょうがなくとも判決を書きやすいフレーズ・前例がある。お仲間達は皆過去にこういう文章を書いてきた。汚職事件(と思い込んでいる)についての一定の量刑、罪の下し方が過去にたくさんある。ならそうやって前例を踏襲するでしょう。「民の声」より「天の声」、まあそれより「お仲間の声」、お仲間集団の行動・常識から外れない。そういった形式を守った、空気を読んだ結果でしょう。

 検察の目的は小沢の政治復帰を一日でも長く妨げることですから、裁判所に高裁でひっくり返していいから、お願いこっちのメンツを立てて地裁は有罪にしてよ!ネッネッという声を聞き入れたんじゃないでしょうか?これこそまさに「天の声」以外の何者でもないと思うんですがね…。裁判官はないより「法の声」を聞かなくてはならないのにね。

 馬鹿な国民には高裁で無罪だっておかしいじゃないか!立証出来なかっただけだ!不当な圧力がかかったんだ!と少しでも共感を得られればそれでいいんでしょう。手打ちに持っていくプロセスかなぁと感じます。だって裁判所も今まで調書市場主義で片棒を担いできたわけですし。

 案外、急転次の小沢自身の裁判では無罪。なんてこともありうると思います。②パターンですね。負けても小沢ダーティーを印象づけられればそれでいいでしょう。あなたは無罪だが、子分が有罪。おかしくないですか~とアホ野党から叩いて小沢本丸を逆に抑制するそういった策もあるかな?と思いますね。

 なんか復権が近づいたからこその、裁判所の大物叩きをやりたいという欲望に見えなくも無いですけどね。単純にやっぱり法治国家じゃないから無茶苦茶やりおるね。お前ら全員死ねといういつもの感想だけですかね?

 こういう非道判決・不法行為、善が退けられ悪が栄えればますます己の考えるクーデター・霞ヶ関焼き討ちが現実化しそうですから。まあ面白くなってるなとは思います。皮肉にもいつかクーデターが起きて大変なことになると小沢自身が予見したようにね。

<了> いつものごとく敬称略