てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

従軍慰安婦問題について

韓国外交について国際政治的な情報分析をします。久々に真面目な話を。

 従軍慰安婦問題というのは随分昔に話題になったものですが、今頃また出てきました。それは千回目の会合か集会かなんかを記念して日本大使館前に少女の像というものを建設したことによるものです。どういう経緯であれ、韓国国内の市民団体が日本国に向けて問題を解決しろ!と声を上げました。外交上の問題にしようとしたわけです。そしてこともあろうに、李大統領がその声に乗っかってしまって、今回の日韓首脳会談に懸案として主張をしてしまったわけです。

 今回はこの李明博=イミョンバク大統領の行動が外交的にどういった意味を持つのか、どういうメッセージになるのかということについて解説したいと思います。結論を先に言うと日本の対韓国穏健派、友好派がダメージを受ける。勢いを削がれる。以後日本で韓国と関係を深化させようという声が小さくなるということですね。

 さらに付け足せばそれに伴って、よりいっそうアメリカの意向を第一に動かざるをえないアメリカの属国化が進むということになるでしょう。もし国際社会で韓国の独立した意志をより発露したいのなら、準同盟関係にある日本との関係を深めるしかないのですから。そんな意図はさらさら無くても、アメリカの属国になりた~い!なんて思ってなくても、外交の原則・国際力学を理解しないで行動したツケは思わぬ結果となって跳ね返ってくることになります。社会法則を無視して行動すれば、マルキシズムを誤解して市場法則を無視して惨憺たる結果を招いた、ソ連共産主義のように無茶苦茶な未来が待っているだけですね。

 日本との関係を悪化させれば、必然的にアメリカの属国となる。この社会法則・外交原理を理解しなければ韓国の未来はないでしょう。(まあその逆は真なり―日本との関係深化がアメリカの属国化を防ぐ―と言えるかといえば、またちょっと違いますけど。しかし韓国の主権・選択の余地はこうしないと残らないことは確かです)

従軍慰安婦問題とは?】

 他の方のを見ても、従軍慰安婦というのはすでに解決済みという話が出ていますし、このことを知らない人もいないと思いますが、一応説明すると、戦時中に日本軍が強制的に女性を慰安婦にした、無理やりさらってきて売春婦に仕立てたという話です。これはもうムチャクチャ。当時の状況を考えて有り得ない。衛生観念・規律に厳しい日本軍の体制を考えても明らか。きちんとした対応が取られていた。朝鮮人のブローカーがさらったり、騙したりという話はあっても、日本国として戦時中問題の責任があるようなまずい処理をしたということはないのです(仮に存在したとしても、それは個人的な犯罪であって、組織的な犯罪でありえないでしょう)。

 ※だいたい慰安婦=娼婦という制度を考えてみればわかると思いますけど、公的機関で娼婦を整備して治安維持を図ろうとした、問題を最小限に抑えようとした日本は当時の世界の一流国家・列強と比べて極めて妥当な対応していたのがわかります。ソ連なんかひどいですからね、強姦どころか虐殺もセットでしたから。アメリカだっておんなじ、戦時の性問題に関して極めて雑な対応をしている。だから世界中から嫌われているでしょう?そういう性犯罪が起こらないように整備されていないんですから。そういうもっとひどい国が訴えられて大問題になっているという話を聞かないところからも明らかでしょう。江戸の仇を長崎でじゃないけども、何故か日本だけがスケープゴートにされているわけです。バカも休み休み言えという話です。

【戦後関係処理の基本】

 また、国際法規・国交正常化交渉というものを見ると、戦争終結してのちの国交回復がなされる時に戦時中の問題・賠償問題は以後問題にしないという形で決着します。過去の戦争での被害を民間の事件で起きた補償と同一上に考えると、その損害補償は莫大になり、国家関係を妨げる。よって個別ベースではなくあらゆる問題は国家二国間だけで賠償問題は一元化されます。あとは政府が自分たちの民に対して独自に補償をする。これが国際ルールです。

【戦時中の問題は全て解決積み】

 今回の日関係でいうと、1965日韓国交正常化の時点で全て決着がついています。別に戦勝国や戦敗国といった関係ではないのですけれども、国家間関係を正常化する際に、日本は韓国に有償・無償含めて五億ドルを借款することにしました。この借款で、韓日は国交関係を正常化しました。これを賠償と見るか、経済援助と見るか、その後の国家の正統性orthodoxyを築く上で韓国側には大変な葛藤がありました(無償借款という点を以ってしても日本の支援とみなす向きのほうが自然でしょう。彼らとしてはこの形態に加え、額の少なさにどうして!という気持ちを抱いています。これが彼らの怨念の基本となっているのでしょう。すなわち対日関係、日本外交への戦後処理への不満の源泉はこの関係正常化の初期の時点で芽を孕んだと言えます)。

【韓国の国家の物語の基本ストーリーは反日の怨念】

 韓国としては戦前の日本の植民地支配を侵略・不当なものとしたい。そういった思いが根底にあります。韓国人の歴史観=国家の正統性に欠かすことができない物語のメインストーリーとして作用していることには注目しすぎても注目しすぎることはありません。

 国家という制度は社会契約説だけで出来るものではありません。歴史という物語が必要です。国家の正統性を裏付ける必要不可欠なストーリーに、にっくき日本というものが存在しているのですね。だからこそ不合理な主張を平気でするわけです。

【対日請求権を放棄して国交は正常化された】

 外交用語では対日請求権という形で表現されます。すなわち日本への戦時中の問題に関する補償を請求する権利ですね。日本が加害者で韓国が被害者のような形に見えますけども、この見方にはちょっと異があります。そもそもどうしてこんなに金額が少ないのかといえば、半島に日本が残した資産を韓国政府が接収したからです。北にしろ、共産中国の大陸資産にしろ、蒋介石国民党の台湾資産にしろ、基本的に日本への請求権、金よこせ!っていう主張が退けられるのは、国交回復時に問題とならなかったのは、戦前日本が多大な資産を築いたからですね。それを接収することが初めて国家を建設し、運営・経営していく彼らにとってどのくらい役に立ったかいうまでもありませんね。公私ともに建築物やら、インフラ、何より膨大な政府所有の土地などそりゃあ莫大な富があったでしょう。

 じゃあなんで日本が援助するんだ?突っぱねればよかったのでは?となると思いますが、当時冷戦で北やロシア・中国という共産陣営を考えると、韓国を支援して経済成長を促すこと、強い国、防波堤にすることは重要な戦略だったからですね。そういう国際力学が働いたからですね。国交を正常化することにまず国際的な背景・要求があったことを理解しなくてはなりません。

 国家の思惑・意志より、地域秩序・国際秩序=大局が最優先される。国際力学が第一に来る。そういう常識を踏まえないと国際情勢を読み通すことは出来ません。

【外交原則、大国の事情に、国際力学に小国の行動は制約される】

 外交というのは正しいとか間違っているとか、善とか悪なんていうことは関係なく、未来・今後どういった関係を世界が要求するかで動きます。一国家単位の意志は二国間・多国間、相互連関の複雑な関係の前には無力です。多国間関係を通して初めて叶います。関係諸国の利害にかなわないと要求は通りません。外交は周辺諸国のルートを通って初めて成立する、外交上の基本定理ですね。これを理解しないと外交はわかりません。もっと正確に言うと力ですね。力を持つ大国の事情が優先される。小国の意図・思惑は必然的に制約されるのです。

【問題の責任・所在は韓国政府にある】

 さて基本的な話が終わったあとで、当時の韓国・日本、あるいは冷戦という国際環境を通じた結果生まれたのが、国交正常化でした。何度でも繰り返しますが、外交というのは良い悪いは関係なく当時の状況、世界状況・国際環境によって強く制約されます。当時の状況を考えて韓国が不利な条約を結んだとしても、誰がどうみても合法・有効なのです(韓国の人が不利だ!おかしいじゃないか!と思うだけで、まあ大体の人がこれを見てまあこんなのが妥当なところだろうなと納得するレベルだと思いますけどね。もちろん学者によっては日本は安く済ませたとか、韓国はうまくやって予想より多くの資金援助を引き出したとか見るかもしれませんが、まあそれは今回の話とは関係無いので考慮しませんが)。

 対日請求権というものが解決された以上、資金援助の代償で放棄された以上、これを解決・保証するのは韓国政府なんですね。

 

              日本→  金銭   →韓国

              日本← 補償放棄 ←韓国

となって、韓国が正式に放棄をした以上、国民に対して補償をするしないという問題は全て国内問題になるわけです。法論理から言うとこうなって、すでに韓国政府が何とかするべき問題に義務・権利は移っているのですね。ですから、本来あの慰安婦団体というのは日本に問題解決を求めるのは筋違いなわけです。韓国政府と日本政府両方にやるならともかく、日本一方にだけ行うというのは法のロジックから見てかなり無理がある行動だと言えます。

 この不合理な行動を解釈すると、もはやシーシェパードのように「日本のやることはなんでも悪い」、日本叩きがその行動の本質でしょう。これは既に可哀想とかそういうレベルを超えて日本国家の威信、ソフトパワーを傷つける行動ですから、ひとつの反逆的な団体、危険団体として認定して対処をしないとまずいことになるレベルであるといえるでしょう。

 反日というのはカルトですから、カルト対策をしっかりやらないと将来どうなるかわかりません。

従軍慰安婦問題は国際的に見て重大な問題にならない】

 そもそもこの従軍慰安婦については一応外交上補償もやっているんですね、既に。アジア女性基金だったかな?何かよく覚えていませんけども、日本としては一連の問題については法的に問題はないし、解決済み。だけれどもそういう当時の人々の苦境に合った人を救済する民間団体を支援するという形で(公的機関かな?)、補償金なのか、見舞金なのか?名目は知りませんが、救済処置を設けましたから、それが法的正統性と合致するしないにかかわらず、問題に対する努力・保証体制を設けている時点で、戦時問題としては重要なものではないとみなされるレベルになります。

 確か訴えた人がお金を受け取ると言ってるのに団体が拒否しているなんて話もありましたよね。あくまで日本政府を相手取って、謝罪・賠償を引き出したいんでしょうけども、それが成立する余地は限りなく低い。というかまず無理でしょう。おそらくドイツのホロコーストのケース、政府が民間救済をしているそれとごっちゃにしているからこんなことになっているんだと思いますけどね。

 ただロビー活動でアメリカにsex slaveという用語を浸透させた。アメリカは当時の日本との戦争を正当化する材料に飛びつきやすいですから、それをアメリカは受け入れやすい環境にあることは間違いないでしょう。事実安倍政権は対米関係で従軍慰安婦問題で躓いて、結果的に安倍さんが死んで自民党もそれで死にましたからね。法的に問題はなくても、アメリカを含めどのような形に発展するかわかりません。既に情報・宣伝戦争の一問題になっているので、これは虚妄だとアピールしないと日本外交の蹉跌の要因になりかねません。早く外交・諜報をなんとかしないと…。今さら言うことでもないのですが。

【韓国教の公理=日本絶対悪】

 ホロコーストとごっちゃにしているという点でもう一つコメントを。日本=ナチス、すなわち日本帝国・戦前の日本は悪魔であって韓国人民に極悪非道の所業を行った。これが彼らの宗教の真理・定理・公理なのです。このルールは神聖にして侵すべからずです。日本の戦前統治が群を抜いて素晴らしいものであったなんていう考えは受け入れられません。それを言うことすら問題になるのですから。

 ですから、そこに論理は働きません。重力が働く物理学の法則のように日本がやることはなんでも悪いのですから。その法則を動かすことはできないのです。日本悪い→謝罪しろ・賠償しろとなるのはこのロジックが働いているからですね。ですから国際常識や慣行・契約を平気で踏みにじることができるのです。実はこれは北の核武装のロジックとアイソモーフィックなんですね。自分たちの初めの立脚点が絶対的に正しいと考えるから、あとから結ばれた契約を、自分たちの都合次第で平気で破る。契約という概念を理解しない前近代の行動様式丸出しですね。

 日本悪の臭いがしたら、たちまち反日教が顔を出す。そこには論理思考も慣行も契約概念もすっ飛んで、必ず日本が悪いになってしまう。これは宗教がまずいとも言えますが、戦前の日本の行動様式を博士が称したように念力主義、願えば叶えられる。井沢さんが言う言霊主義、良いことを言うが悪いことを言うと現実化してしまうのでその言論を封じる。というそれにそっくりですね。当為と存在の区別がつかない。自分たちの都合の良い事だけを、ただただ主張するという状態ですね。

 言うまでもなく念力主義・言霊主義は社会を破綻に追いやりますけども

【不合理な大統領の主張】

 大統領が、本気で解決しる!と来たのか、それとも国内政治上文句つけましたよ~と国内にポーズを取らなくてはならなかったのか。日本としては外交上それを読み解くのが最重要ポイントになります。毎回そのパターンですし多分今回もそうかと思います。過去に歴史問題を以後問わないと表明している以上、問題化することは理にかなわない。もしかしたら今後、韓国政府として公式にこれは歴史認識問題ではなく、未解決の賠償問題として持ちだしてくるかもしれません。そこに注目ですね。

 まあ、やったら条約・外交を何も理解しないアホだということになりますが…。おそらく主張をしたと言うより、その主張をしないということが考えられないだけで、深い思想や戦略も何も無いでしょう。国内上と言うより、そうなったらまあしなくちゃならないよな、と思うくらいでそこにさしたる哲学もないだけ。新聞の見出しで政策を決めるというそれじゃないですかね?

【今回の要点―外交原則に逆らう韓国】

 最も重要なこととして、韓国というのは本当につくづく外交がわかっていないのだなぁということです。従軍慰安婦問題がどれだけ正当性があろうと、日本は韓国との関係を深化させようと文化財を引き渡すというカードを切ったんですから、give and takeの関係のgiveの段階でこんなことをやれば、韓国はgive and takeの外交が成立しない国だとなるtake and takeの国。

 今回のケースは民間の行動が主になったとはいえ、政府としてそういうことになるという予想がついたわけでしょう?だったら文化財を受け取る期間を先延ばしにするとか、未然にその行動を防止するとか行わないといけない。その返しがこの賠償要求。恩を仇で返すではないけど、これでは韓国と関係を深めようという国は出てこない。外交上、向こうが文化財引渡しという関係深化のカードを切ってきたら、こっちも同様にカードを切らないといけない。外交原則をまるでわかっていない。向こうがどう思おうと世界は日本が関係改善のシグナル・カードを切ったとみなす。それを無碍に否定したと佐藤さんなんかは捉えて、表現するんじゃないでしょうかね?

 韓国という国が愚かな国なのか、外交成立しない国家なのか、もしくは日本に対しては無茶苦茶な外交をやってくるだけなのか…。いずれにせよこの外交を分析しないと日本にとって将来の東アジア外交の禍根になりますね。

【日本の取るべき対策】

 日本としては非がないこと。このような外交原則を無視する韓国の不当性を高らかに主張しないといけません。まあ仕事しない外務省ですからやらないでしょうけど。戦前の日本の正統性を未だにしっかり主張しないくらいですし。

 

 またベトナム戦争時の性犯罪があります。今でも大量の韓国人ハーフがいる筈。韓国の国内ではそのことについてどう思っているんでしょう?ひょっとして韓国国内はその問題自体広まってないのではないでしょうかね?自分たちの被害だけは主張して、加害はスルー状態なのかもしれません。

 戦略を考えればベトナムと組んで、ベトナムのこのような境遇の人達を支援する組織を作って、手をさしのべることでしょうね。それで韓国!貴様らふざけるなよ!というベトナム世論を作って外交を有利にすすめるべきでしょうね。汚い韓国の対照に、東南アジアを救う日本というイメージ作りをしたらいいと思いますね、戦略的には。

【結論:韓国の向かう道】

 韓国だけでなく、日本の官僚・財務省や外務省はアメリカを向いて仕事をしています。一に省益・二にアメリカの事情をみます。まあ属国構造ですね。占領時のそれを引きずって今に至るわけですから。韓国の場合、今回の反日を見ると日本だけには従属したくない!とアレルギー反応を起こし、結果的に積極的にアメリカの属国になろうとしてますね。本人達はそんな意識無いでしょうけど、おそらく外交の社会法則を見れば、日本との関係を拒絶すればするほど、国際法規や定理を無視して行動するのですから、必然的に残った意図せざる結果はアメリカの属国でしょうね。

 アメリカの属国化、影響を最小限にするために日本を何とかして防波堤にする・有効利用するという視点もないでしょう。中国を避けて、ロシアに依存しようとして日本のに併合された過去と比べ、今は日本を避け、中国ともめて、同胞・北に甘い幻想をいだいて、アメリカの属国になるという国際力学の下に収まるような気がします。

 ※しつこく追記。三回目くらい?(笑)。相変わらず一発で上手いものを書き上げられない。仕留められんなぁ~(´-ω-`)。

 コメントで思いつきましたが、慰安婦の方々は亡くなり続けている。補償を被害者の高齢化での死を待つことで有耶無耶にする卑怯な戦略だ的な話を大統領が言ってましたが、本来補償義務は政府にあるのですから、その汚いことをしているのは韓国政府自身であるでしょう。これ、なんてブーメラン(^ ^;)。

 自国民の戦時中の補償をなおざりにしている、被害者を見捨てるという汚い行為をしているのはまさに韓国政府そのものであると思います。彼らが日本の非道を糺す!と考えているとしても、今現在亡くなっていっているのですから、韓国政府が後に日本政府から取り立てるという名目でも何でもいいから暫定的に韓国政府が仮払いするという形を取るのが筋だと思うんですけどね。

 日本が卑怯で汚いのであれば、もっと韓国政府の方が汚いのではないでしょうか?結局戦時被災者を救済も何もせず勝手に、日本という巨悪と戦わせて放置しているのですから。