てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

ジャンプの新連載とか漫画の話

 

 どうなんだろうなぁ…って感じ。ジャンプで萌え枠っていうか、パンチラ枠っていうか、そういう恋愛系モノ増えたなぁ…って思う昨今。ようやく一本切ったかとひと安心。そうしたら、またそういうソッチ系か*1バトル・ギャグ・スポーツ以外の第四の枠として恋愛・萌枠があってもいいと思うんだが、2本が限界だと思う。少年誌でやる必要性が感じられない。ジャンプ離れしそうな層を食いつかせて、離さないでおくっていうのはわかるんだが、そこまで効果あるかなあ?と。

 以前、尾田ッチが少年ジャンプは3割が女性・少女によって支えられているなんて話をしていましたが、そういう点でもあるのかなぁ。恋愛系要素が増えてきたっていうのは。バクマン何が面白いか全然わからないんですが、若い世代には新鮮ということですかね?ああいう純愛描くモノって昨今なかった気がします。王道はありきたりになるから、もはやウケないと思っていましたが、王道ズレしていない少年・少女のハートを掴んだということなんでしょうか?

 かといって、打ち切られた漫画つまらなかったとは思いません。スクエアとかだったら普通にやっていけるんじゃないかな?っていう感じ。ただストーリー展開に幅がない。選択肢が狭すぎた。スクエアに連載されている。『貧乏神が!

 ―ってのがありまして、おそらく創刊から看板貼ってる作品だと思うんですけど*2

、基本は萌的な絵でウケを狙う。だがそこからメインストーリーとして生まれ持って強運=ラッキーを持っている体質で、それを回りに分け与えるための貧乏神がつきまとうっていうのがありますから、ストーリーを一話展開もできるし、続けて数回やったり、まとめて引きつける展開もできるし、恋愛系、バトル系、スポーツ系、ストーリー系、涙モノ系、いくらでも話を展開できるわけです。異世界を設定すると、そこからいくらでもキャラだったり、アイテムだったり縦横無尽に話を作れて、広げられます。

 鏡の国の~っていうタイトルでしたね。今ググってみたら。鏡の世界に入って男女が秘密を共有してうんちゃらかんちゃら~ってのは話をある程度想像できて、パニック・トラブルが待っていてそれをどうするの!?っていう展開。てんやわんやでそこからもう一歩、アナザーストーリーがあって成立するものなのに。それがなかったですからね。確か主人公の男女ともう一人主人公を好きな女がいて、三角関係?ってな感じを展開していましたけど、正直ありきたりで人を惹きつける、なるほど!そうきたか!っていうものがない。キャラ・アイテム・世界観、全て弱い。世界観が乏しかったですね。気になって気になってしょうがない、正しく没頭という状態に持っていかないといけないわけです。

 これですね。んで、過去の作品を見ると…。

  ただ、絵・構図・漫画の描き方としてはものすごいうまい、絵だけで読み手を惹きつける優れたものを持っていると言えますね。こんだけ絵がうまいんだからもっとファンタジーとか、現実には存在しないものを、異世界を描いてみればいいのになぁ…と思うんですが、過去の二作を見ると全部恋愛モノが基本なんですよね。昔の王道・騎士道モノみたいに、ヒロインとして置いといて、勇者・戦士がそれを救い出す的なベタでいいんじゃないですかね?

 今回連載終了して、次のチャンスは多分ないんじゃないかな?という気がします。おもいっきり特化してスポーツモノとか、料理・医者系=専門知識モノとか、得意技の女描くものを一回封印して自分の世界観を広げたほうがいいんじゃないか?と思います。原作別で漫画だけ描くとか、そうしないと成長はないかと。マガジンにある4コマの下ネタ漫画でもいいし、とにかく幅を広げないとダメでしょうね。世界観が狭すぎる。成功したならそれでいいですが、失敗した以上違うものを取り入れていかないと生きのこれないと思います。

 少年ジャンプ読んでて思ったのはマガジンとかターゲットが小学生はおいといて、中高生だから、割とエロが結構描ける。シモネタ4コマはどうか?まあ、ああいうの平気でやれるわけです。何がクニだよ!オラァァァ~!もありましたし(笑)。ジャンプはそういう直接表現しないですよね。というかできないというか。『ToLOVEる』もスクエア行きになったのはそういう事情からでしょうし。んで、そのためか間接的なエロ表現うまい人が多いなぁ~ということ。乳はNGだが、尻ならよし!というラインでもあるのか、尻描く人が異常に多いなぁという気がします。パンチラ命なんでしょうね~。すこしでも惹きつけるために。まあ、ジャンプでそういう路線が始まった本家本流の桂先生が、尻の大家ですからね~。

 

 そうそう読者を引きつけて離さないといえば、荒木先生がそのストーリー性・サスペンス&ミステリーという点で群を抜いていました。そういうのを導入してやらないと層が薄く感じますね。雑誌に一本ああいうのがないとダメですね*3

 

 サンデーかマガジンか忘れましたが、はやぶさ以後急に決まったとしか思えない宇宙漫画がありましたが、まあやっぱり大失敗。ジャンプだったか?宇宙飛行士になって、宇宙に行って、んで次は?としかならないわなぁ…。二本位あったと思いますが、まあ、予想通りでしたね。

 サンデー新連載のあのお姫様のやつ(ひめはじけ)面白いな。ああいう単純なノリのギャグマンガって結構久しぶりという感じがする*4。そしてなぜサンデーの柱であるハヤテは6週も休んでいたのだろう?バカンス?サンデー物足りなくて仕方なかった。せめて一本貯めといて、間に一本載せといて欲しかったなあ。

 

 ハンター、ゴンさん回復して、ムキムキじゃなくなっちゃったなぁ。つまんない(笑)。キメラアント出してないけど、大丈夫かな?アレ?もう終わった?って感じになってないかね。なんか絵荒れで、また休載フラグか!?って感じですね。そろそろ再び長い眠りにつきそうな…。アルカ・ナニカをキルアはどうするんだろ?一緒に旅するのか?

 ハンター総集編読んで以来すっかり気になっているわ(^ ^;)。

 

※追記、アゲイン!! おもろい。ようやく金一郎戻ってきたし。ヤンキー君とメガネちゃんの人が帰ってきたし、マガジン読むもの増えてきてよかった。

*1:今見返したら、ナンノコッチャわからん…。ジャンプは毎年新連載始まり&終わりすぎ。今更ですけどね。

恋染紅葉 1 (ジャンプコミックス)

恋染紅葉 1 (ジャンプコミックス)

 

 これか?ニセコイは2012年連載だったみたいですね、今も続く人気作ですから、まあそれでないのは確かです。『パジャマな彼女。』これかな、多分。

*2:

 そういやアニメ化されていましたね。見たことあったっけか?

*3:連載打ち切りみたいなの一覧をこのために振り返ってチェックしてみたら、サスペンス・ホラー・ミステリー的なものを一応やってはいるみたいですね。ただ記憶に残るような面白さ、人を惹きつけて離さないようなものは全然無いですね

*4:たった三巻で打ち切り?そんな売上悪かったのか…?そうでなくて連載打ち切ったなら編集バカでしょう