てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

バキとかウヒャッホイとかハンザスカイとか

例によってツイートから、つぶやいたことに+α

 タフってまだやってたんですなぁ。しかし長々ひっぱっといて最終決戦はウケているのだろうか…。バキの親子対決はチャンピオン読んでる限り、う~ん、微妙って感じ。これまでやってたバトルのほうが面白かったというふうに感じちゃうんだけどなぁ…。

 

 最近のマンガの長期連載傾向で本当に思うのですが、ライフワーク化してだらだらやった結果、物語の最終局面で読み手を感動させられないってのがある気がしますね…。メインストーリー完結させてからアナザーストーリーでやればいいのに…。

 しかしチャンピオンの場合、バキが商業誌を支えているっていうやむを得ない事情もあるんですよね。あれ終わったら多分チャンピオン潰れちゃうでしょう。だからこそ一回完結させてから続編やれば…と思わずには居られないですね。残念です。

 

 冨樫さんみたいに休載されて困るってんならわかると思いますけど、多分編集が本人に言えないんだと思います。作品の質のために一回終わらせて~とかアドバイスすら出来ないんじゃないかと思いますね。板垣さんは親子対決終わっても、続編描く気満々みたいなんですからそう進めておけばよかったのに。

 オリバとかさんざん引き立てキャラ出しておきながら、ラスボスの勇次郎と距離が縮まっていないって作品の全体バランスとしておかしすぎでしょ。おそらくマガジンの一歩もおんなじ感じでしょうね。編集がこうして、こういう方向性で~っていう筋書きすら描けない様な気がしますね。

 ※絶望先生みたいにあと10回で終了という告知ですが、なんかピクルのバトルの結果が勝ったような、負けたような訳の分からない形になったように結局なんだかよくわからない、うやむや・あやふやで終わるような感じになりそうで怖いですね。何これ…という消化不良感でいっぱい詰まりそうな。二人は本来の野生に戻って山に帰っていったオチとかないよな…(笑)。

 きっとマガジンもチャンピオンもサンデーもつまんないから終わりですっていうことは言えないんだろうなぁ。特に大物になればなるほど。大物俳優にぺこぺこする感じ?責任取りたくないから、なぁなあでだらだら続けさせているというか…。ジャンプの打ち切り使い捨てと真逆の構造かね?

 個人的にはサンデーが面白いと思いますが、ジャンプどうなのかな?部数の減少は確かに面白い漫画が黄金時代よりないというのもあるでしょうけど、昔と違ってジャンルが多様化したから、ジャンルがない時代と違ってジャンプを卒業する人が増えただけって気もしますけどね。今はコンビニでいつでも立ち読みできますし、昔はそんなにコンビニもなかったし。

 ハンザスカイ

ハンザスカイ 10 (少年チャンピオン・コミックス)/佐渡川 準

ハンザスカイ 11 (少年チャンピオン・コミックス)/佐渡川 準

ハンザスカイ(12) (少年チャンピオン・コミックス)/佐渡川 準

終わっちゃいましたね…。面白かったのに、チャンピオンの中であとはてんむすと相撲のやつくらいしか読んでないからなぁ。読むのがまた減るのか…。相撲のやつは新章的な感じで続編が始まりましたし、これも続編とか第二章ないかなぁ。なんかラストが完璧に続きがなさそうな感じだったしなぁ…。もったいない。

ひめはじけ 1 (少年サンデーコミックス)/小学館

¥440 Amazon.co.jp
 サンデーで戦国武将を女キャラにしたような漫画は多分すぐ終わるだろうなぁという気がしています。絵がつの丸になるんですよね。たまに。なんか笑いのツボがわからない。

 それはおいといて『ひめはじけ』が面白い。日本に花嫁修業に来た姫が主人公で、子供だから遊び心を抑えられずにハチャメチャな行動を起こすのが面白いですね。今週とうとう遊び心を意味する『ウヒャッホイ』がキャラ化されて出てきましたけど、あれ面白いですね。セイッ!て打撃加えるのがツボでした。

 くまきゃらがでてきて、テコ入れなんだよぉ~、サンデーはどんなクソギャグマンガでも三ヶ月は続く。そして今がその三ヶ月目なんだよぉ!って話がありましたけど、人気的にどうなのかなぁ。看板までは無理だとしてもそこそこ面白い漫画だと思うんですけどね。ひめはじけ

 ※ウヒャッホイでググると一番トップにこの記事表示されておる(^ ^;)