てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

【注、内容なし】 ふしぎなキリスト教の話

ふしぎな「ふしぎなキリスト教」 (ジャーラム新書)/慧文社

 
¥1,260 Amazon.co.jp
やっぱりふしぎなキリスト教 (大澤真幸THINKING「O」011) (大澤真幸THINKIN.../左右社

 
¥1,365 Amazon.co.jp

 こんな本作ったんだ…。まあやる方もやるほうだけど、出版する方も(ry。ふしキリ批判本早くでないかな~と期待してたが、アマゾンレビュー見るとネットのWikiをまとめただけって書いてある。ありえないだろ…。誰か学者とかがやらないと意味無いでしょ、こういうのは。

 アマゾンレビュー見るとまさに同意見っていうものが書いてありますね。だから何も言うことはありません。

 そういえば宗教社会学ルーマン構造主義・機能主義的に宗教を解明というか、論じていったとき教会からの批判に直面したってあったなぁ。そんな感じ?そもそも宗教学・社会学と神学は全く違う。どっちが正しいとか間違いとかそういう話じゃない。そういう基本をわかってないからこうなるんだろうねぇ。

 しかし偏狭な、一面的な人が増えたねぇ。己は別に『ふしぎなキリスト教』が問題ある!って言われても、その人の受け取り方だから、「ふーん」くらいな感じなんだけど、そもそも橋爪さんはキリスト教の専門家じゃないし。あの『ふしぎなキリスト教』が間違いだ!問題だ!っていう人は異論を許さない感がある。

 前に羽入さんのロジックがそもそも論文として成立してませんよと指摘しただけで怒っちゃった人もそうだけど、意見の違いでムキーってなってたら言論にならないんだけどな。「そこは私と意見が違いますね」、で保留しとけば別にいいのに、なんでそんなにムキになるかわからん

 キリスト教文化が内面の自由を生み出して、リベラリズムという価値観念を発達させた。民主主義とは基本的に自由民主主義、自由主義なくして民主主義はありえない。すなわち言論の自由、討論の自由・作法を熟知しなければ民主主義にならない。討論とはどうすべきか?そういう教育がないからねぇ…。

 キリスト教によって西欧の慣習になった、キリスト教によってもたらされた討論におけるマナーなんだが、討論のマナーを守らずしてキリスト教がわかってないぞ!間違いだらけだ(#゚Д゚)ゴルァ!!っていうのは、ものすんごい矛盾している気がするんだが(笑)。

 まあ、己が正しいとも全然思わないし、そんなことはどうでもいいのだけど、自分との意見が違う、スタンスが違う相手との作法を守って「之之はどういうことでしょうか?」「あなたはこう考えておられるようですが、AとBを混同していませんか?」とかやってほしいですね。そういう気持ち良い討論が良いですね。

 そういうことがわからない人がネットで討論やったり、あるいは共同で何かやっても意味ないと思うんですけどね。気持ちの良い討論なんかまずない。バトルしてる人は何が楽しいんだろ?マナーなき討論は口喧嘩にすぎない。いい加減学校で意見と人格の分離教えたら?ヒップホップなんかやってる暇あるなら。

 「ふしキリ」関係でツイートしたら知りもしない人が絶対来ますからね。リプもらったが返してなかった。文章読む限りそんなに変な人だと思わなかったけど「ふしキリ」関係の人で何回もしつこく絡んでくる人がいたんで、リプ出来ないんですよ。すいませんね。その人はまともでも、その人のフォロワーがそれきっかけに絡んでくる可能性があるんで。不毛なやり取りしても時間の無駄ですから。

 未だに気持ち悪く絡んでくる人いますからね。「ふしキリ」関係の人で。だから「ふしキリ」関係は完全にスルーしか無いんですよね(´-ω-`)。別に己が馬鹿でアホでもいいじゃん。無視してれば。いつまでたってもしつこく反対派の意見に絡んでどうするんでしょうね?世の中全部肯定派にしたいのか?

そうそう、橋下さんがこんなツイートをしていたけど、

 >一般市民の皆さんの意見は、それについては丁寧に答えているつもりです。特にツイッターで、とんでもない誹謗中傷をされることは山ほどありますが、これは一般市民ですから、放ってあります。ツイッターのブロックもしていません。そして答えるものは答えるようにしています。

 彼の主張とかともかく、こういった公平な態度を心がけないといけない。池田くんは見習うように(笑)。なんかもう池田くんといえばブロックくらいの感があるもんね。ブロックのツイッター用語として「池田る」とかそろそろ出来るんじゃないの?

 今ふしキリ読んでますが、感想書いてもしょうがないだろうなぁ。別に読みたい人もいないだろうし、他に書くことが多いし、やっぱかくのやめよう。アホが絡んでくるだけだろうし。

隠されたヨーロッパの血の歴史/ベストセラーズ

¥1,680 Amazon.co.jp
 隠されたヨーロッパの血の歴史by副島 隆彦ですか?アマゾンで目次見たら文字化けしてましたな(笑)。今はもう直ってるみたいですが。ロスチャイルドとかロックフェラーとかそんなもので世の中のことが全て説明できるはずがない。あったとしても相当分野・領域が限定されるもの。副島さんは学術性に乏しいのであんまり信頼してません。ヨーロッパのことを真実はこうだ!って言えるくらいに何か見識があるんでしょうかね~?真実は!本当は!って殊更何でもかんでも言えるような研究の実績がないと到底信じられないんですけども。

 学問が市井に根付くのはいつの日か…。

 ※追記、そういえば例のミリオタさんが別の人に絡んでいました。ミリオタはなぜ相手の気持を理解した上で会話ができないのだろうか…。それは永遠の謎なのだろう。絡むことを生きがいにしている釣り師だなあと表現していましたがそういう迷惑かまってちゃんなのかもしれませんな。寂しいからわざと悪事をするというか。

 RT日本ちゃちゃちゃ倶楽部が崩壊したのって、考えてみれば副島さんが原因なのよね。2002年11月に正論での対談で、小林よしのりが全くても足もでず、赤子の手をひねるようにして副島さんが勝って、というより勝負にならず、それで副島の方がすごいこといってるぞってなって、読者が大移動したっけ

 ―なんていうツイートを見かけましたが、小林よしのり副島隆彦の対談なんてあったっけ?あとそれで副島の方に読者が流れたってなイベントがあったんですかね?まあよう知らんけども。なんとなく、ホントかなぁ?って感じがしました。副島さん関係はなんかネットで元気だなぁというイメージがあるのは己だけなのか?

 個人的雑感で何の中身もない感じになった(- -;)