てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

鳩山訪中で大活躍中!正直、今が全盛期!?

 鳩山元首相が尖閣問題領土問題として主権主張をすべきみたいな記事を見た時領土問題として日本側が譲歩することで、なにか問題が解決される目処があるのならばいいんですが、そんな目処が立っているのか、かなり疑問。相手の面子を立てることは間違いではないが、本当に最終的解決に繋がるのか?外交わからんだろ、余計なことするな―と思ってました。

 しかし、ツイートで流れてきたこれを読んで、China media seize on Japan ex-PM's memorial visit ああ、なるほどね―と考えを改めました。尖閣について「領土問題と認めよ」との発言は、日中の緊張緩和、関係改善のためのある種のリップサービスですね。今のタイミングの彼の訪中は日中緊張緩和に貢献しているわけですね、なるほど。

 安倍首相が前回と違い最初の外遊に東南アジア訪問を選択した。さらに河野談話見直しなどもあり、右派政権と盛んに報じられている。安倍政権へのマイナスイメージが本格的な懸念に変わった。すわ反中包囲網か!?と中国との緊張が高まっていた時、彼の訪中は反日抑制・関係改善の効果があるわけですね。親中人士がいる、対日交渉の余地がまだまだあると思わせたと。親中派の将来の台頭で領土問題は平和的解決の余地があると中国に思わせることは非常に重要な意味がありますね。

 正確な発言内容を知らないからあれですけど、「領土問題として承認を!」ではなく、「領土問題として承認すれば、日中関係改善の余地がある、衝突リスクを最小化出来る」と発言すべきでしたね。日本が領土問題として承認する=外交的譲歩、カードを一枚切るわけだから、その分向こう側もカードをらなくてはいけない。

 たとえば明文化した声明かなんかで、現有領土を認めるとかですね。チベット方式、台湾方式で理解し、尊重するとかね。大体尖閣で相手がガタガタ抜かしてきたら、チベット問題でインドと関係深めたり、国連に問題として提出したり、台湾と安保深めたりやらなきゃダメですよね。日本として現有秩序、現行秩序を脅かさない限り尊重するとかビシっとやらないと。

 まあ、そのへんの理解とかともかく、鳩山訪中は日本内に強硬派、友好派二つの面を備える上でいい役割を果たしましたね。しかし小野寺防衛相が国賊」発言とかますますネトウヨじみてきたというか…。もうちょっとで売国奴ですね。まあ、単純に外交力学・ゲームを解っていない素人ってことなんでしょうけど。

 しかし首相の時と違い、今が一番輝いてるのでは?(笑)。見事な働きしてますね。あとは国内の経世会復活のためにもう一働きしてくれないとね。お願いしますよ、鳩山さん。