てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

ジャンプと腐女子の話

 週刊少年ジャンプが「腐女子読者」を排除?原点に戻り、男子向けラインアップに転換説 面白いね。しかしそもそも恋愛要素ゼロ故に腐女子が食いつきやすいという背景があったわけで。排除しようとするなら既存漫画に恋愛要素を入れなくちゃいけないから不可能では?腐女子対策のために必ずキャラの一人に相手を作る、必ずカップルを作っとくとか難しいでしょうね。

 友情・努力・勝利を腐女子版で言うとどうなるのか?攻め・受け・┌(┌^o^)┐ホモォ…?努力・友情・勝利(意味深)か?女子じゃなくて、女性というのがポイントという気がしますね。まあ女子もいるんでしょうけど、妙齢、高校生くらいから男性との会話で一番話題になりやすいジャンプに参入する。んで、そのくらいの女性の一定数の割合で腐が発生するという図式でしょうか?

 尾田っちが圧倒的に女子のファンレターが多くて、その意見に流されてるんじゃないか?っていう漫画を見るっていう指摘は興味深い。熱心な読者=全読者の意見って錯覚しやすいもんね。

 失敗してしまう漫画家はそういった層や熱心な読者(ファンレター)の意見を全てと受け取ってしまったのかもしれんなぁ。ジャンプSQは月刊廃止による再編というより、腐女子との住み分けをはかった結果のそれだとしたらなるほどって気はする。最初花より男子描いてた人の漫画連載されてたし、女子を狙ってたんだろうなぁって今更ながら思う。

 しかし最近のSQは読むもの減っちゃった。ここも新人育成が…。それとも特定の層がいて、己がそれに当てはまらないだけかな。