てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

小沢一郎は創価学会に改宗(入信)せよ

 政策の整合性なき野党再編は野合という指摘の無意味さ―で指摘したように今後公明党対策は非常に重要になります。週刊ポストかなんかで小沢と創価だけが600万票を持つ。この二大勢力がくっつくことはありうる!みたいなのを昔見て、何かのきっかけで最近また見ました。確か小沢は公明党に対していつでも手を組めるように扱いに非常に気を使っているとか、側近の平野さんが言ってました。

 今や小沢は凋落して100万票の政治家。政界再編という流れにあってまた復活する可能性はありますが、死んだ政治家とみなされているのもまた事実。ある程度の組織・数さえあれば、死んだとみなされていても再びあっという間に表舞台に出てくるのも事実。しかし「復活」するためにはそれなりの準備が必要。

 ことここに至っては政治家として必要な手に出る手段があります。だったら相手の関心を買うためにも最大限の誠意を示す必要性があるでしょう。そのためには入信するのが一番いいかと思います。創価学会は池田さんがそろそろ亡くなりそうとかでゴタゴタしています。別に創価に改宗(小沢さんが既存宗教に入信しているかどうか不明ですが)してパイプを作っておく必要があるでしょう。お互い今後弱る・劣勢に立たされる状況で手を組めば盛り返すことができますからコンタクトを取って手を結ぶべきでしょう。

 立憲政治の雄、既存政治のノウハウに精通している小沢を味方につけるのは公明党にとってもメリットが有るでしょうし、公明党に入って公明党のトップになる必要はありませんが、太いパイプを作っておかなくてはならないでしょう。

 ちょうど小沢信者なんて言われているくらいですし、小沢教としてリスタートするのもいいでしょう。お布施で政治資金がもっと調達しやすくなるでしょうし(笑)。今度特捜ががさ入れしたら宗教法人の闇に手を入れることになりますから出来ないでしょうしね。やったらやったで、それはまた面白いですが。

 まあ、その度合にはケアする必要はあるでしょうね。それこそ公明党のトップから単なる仲良しくらいまで幅があって。公明党ドップリになってしまえば、他の政党からそれならウチは組めない!となってしまえば元の木阿弥ですから。適切な関係を気づいて、かつ他の政党との再編を阻害しないような絶妙な距離感が必要とされますがどうなることでしょうか?小沢一郎創価・公明対策は非常に興味深いところですねぇ。

 あと、意外と知られていませんが、公明と創価って必ずしも一枚岩ではないんですよね。カリスマ死後内部分裂する可能性は十分にあると言われていますし、そこで割って勢力の何割かを味方につけるとかもありそうですね。以前から池田さんは体調不良が取りざたされていますが、彼の死のタイミングというのも日本政治に非常に大きな影響を与えるでしょうね。

 左派連合を目指す小沢一郎にとって、公明に手を付けるのは必然だとおもいますが、今何を考えどういう動きに出ているのでしょうか?興味深いですね。