てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

韓国の反日戦略の合理性、韓国版憲法9条か?

 全部書いたら、画面内の文字じゃなく、画面外にカーソル?セット?なんていうのが適当かわからんが、気づかぬうちに画面外に操作があってバックスペースで全部消えた…。いい加減戻る時、戻ると消えますが良いですか?みたいなやつ出るようにしたらいいのに。新エディタ使うとそういうのは大丈夫みたいですけど、つかいづらいからなぁ、あれ。

 つかアメブロコロコロ仕様変わるのに、ブログ書く時一回でページ行かないで、もう一回白紙の文章出て来るのって一体何なのですかね?

 韓国の専門家の木村さんは韓国がどうして歴史認識で強硬に出ているのかというのを、「自分達は優位にあり日本はこの問題で追い詰められている」という認識があるからだそうで。だからガンガン前に出て来るわけですね、韓国は。もう前提からしてそういう思い込み、間違いで動いてしまっていると。

 それはそれとして、また別の見方ができるのではないかと今回思いつきました。反日というものが戦略として機能しているという見方ですね。

 韓国は事大主義というものがあり、小国故に大国に従属して生き残るという外交戦略が昔から根付いています。韓国は、今米国と中国のどちらが優勢かわからないから、二股をかけている状態。朴政権の親中外交とアメリカ主導のTPP参加表明を見てもわかりますよね。

 今の強硬な反日は、TPPで韓国はよりアメリカ側にシフトする。アメリカ圏に組み込まれる。そのぐぐっと比重が米よりになるリスクヘッジとして中国へPRするために行われているという可能性がありますね。思想上の反日同盟戦略とでもいいましょうか。

 反日ということを理由にして、対日関係改善=安保協力を拒むことができる。日本と協力して戦時役割を明確化することで、米同盟圏はより機能しますから、アメリカにとってこれは非常に困ることになるわけです。当然、アメリカはそれをやれと圧力をかけてくる。そのアメリカの安保・外交協力要請を跳ね除けることができるというわけです。

 アメリカが築いた戦後レジームも日本悪という構造の上に成り立ってますから、その主導をしているアメリカとしてはこれを無意味なものとして跳ね除けることも出来ない(だからアメリカは自身でこれを否定したほうが同盟を構築する上で有利に働くはずなんですけどね)。

 反日ということを唱えることで、丁度日本の安保闘争憲法9条のように、対米協力を拒むことができるというロジックがあるんじゃないか?そのように機能しているのではないか?と看做すことが出来ます。

 なにせ半島という地理条件を考えると、有事が起こったら真っ先に半島が戦地になって大被害を受けることは間違いないですから。なるべく中立を保ってセンチになることを避けたいわけです。つまり反日戦略=中立化ということでしょうかね。たしか朝鮮半島中立論みたいなのが、韓国の人が唱えていましたしね。

 無論、意識的なものとしてこの戦略を取っているのではなく、無意識的なものなんでしょうけどね。そしてまた、これが合理的な戦略・選択であるとは別問題ですね。むしろ歴史が示す通り、どちらか一方につかずに美味しいところだけ持っていった小国の例なんてあまり聞かないですからね。