読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

維新、河野談話の撤回要求へ

外交関係

 sankei.jp.msn.com/politics/news/河野談話の撤回と、河野氏の国会への参考人招致を求める署名運動を全国で展開するみたいです。慰安婦像の設置について維新の議員を派遣したとか。VS韓国について、維新は一歩も引く気はないということでしょうね。

 韓国が「河野談話」という慰安婦問題での解決枠組みを壊した以上、まあこうなるでしょうね…。所詮、一時しのぎの弥縫策だったというべきですかね…。双方とも国内から批判された妥協でしたからね…。

 そもそもあの河野談話自体が、「華夷秩序」時代の対馬外交みたいなごまかしの上に成立したものでしたからね。まあ、我こそ「中華」!である国がこのような妥協をいつまでも続けられないのは当然といえば当然でしょうか。問題は今後の外交改善の手が見えてこないことですね。

 ちょっと解説しますと、「河野談話」というのはまるで日本が強制連行したひどい国だという風に読めるんですが、実はそこら辺は曖昧にして、取り敢えず謝罪するという感じでグレーな表現なんですよね。んでその言質の代償として、日本の韓国への賠償放棄と以後、韓国側は外交問題にしないという密約が出来たわけで。内情はどうあれ取り敢えず責任を認めて日本側が謝る。その代わりに賠償はしないでいいというものだったんですね。

 で、当然政権交代でそんな密約知るか!という今の流れにあるわけなんですが…。河野談話の表面だけ見ると、日本が謝罪してしまった!慰安婦問題を認めてしまった!けしからん!というものに見えますけど、実はそれと引き換えに以後外交問題にしないという日本有利の取引だった。ポイントは次の解決策がこのような日本有利なものになりうるか?ということでしょうね。

 というか、当時の大統領に、政権与党がこの密約をずーっと守ってくれる少なくともン十年単位でこの密約が効力を発揮するという確信でもない限り、こういう密約というのは意味を成さないんですがね…。どうしてこの密約を結んだのか…?という疑問もあるわけですが、そこら辺どうなっているんでしょうね。河野・宮沢時代だったことは記憶してますが、今ググったら軍人政権の時代の盧泰愚ですか…。そりゃ失脚しますし、意味は無いですわな。あとはその「河野談話」の精神をどう利用して相手と交渉するか次第でしょうけどね。

 我々は「河野談話」を否定するつもりはさらさらない、これを問題化しているのは「河野談話」の精神、外交問題にしないということを踏みにじっている韓国側にある。ボールは韓国のコートにあると主張することなんでしょうけどね…。いきなり否定は稚拙すぎると思いますけどね…。

 橋下さんは慰安婦問題で賠償してもいいと言ってましたし、ひょっとしたら賠償に踏み込む代わりに、韓国政府から「強制連行はなかった」という言質を引き出そうとするかもしれませんね。金よりプライドを取る作戦。でも受取拒否の人達は責任を認めろ!ってことで拒否してますし、無理でしょうけどね。今何十人が生存しているんでしたっけか?いずれにせよ、そんなに長続きする問題じゃないとしてすっとぼけ戦術に出る方がまだましだという気がします。今の外交力・戦略性のなさを見ると。

 いずれにせよ、東ア外交はもう完全に機能不全といいますか、危うい関係ですね。今回の靖国で戦後秩序がいかに危うい基板の上に成り立っているかさらけ出したということでしょう。モーゲンソーのいう冷戦の定義、「非軍事的な単独行動」がぴったり当てはまってますね。今の東アの構造は。各国とも国際関係を無視した単独行動ばかりしてますからね。

んで、基地問題についてこんなのがありました↓

 時事:民維み結、埋め立て容認=共生社は裏切りと批判 www.jiji.com/jc/zc?k=201312(※以下余計なコメント:一瞬共生社ってどこの会社かと思った。沖縄の基地問題で思うのは、こんなに重要な外交問題になってるんだから、いい加減中央政治の有力者が都知事になるように、沖縄県知事に成ってこの問題に本腰あげて取り組んだら?ということ)。

 今政界再編の有力者三人をまとめてDRYの新党と言ってます。松野・江田・細野さんが次の再編後の中心と見られていますが、上のニュースにあるように、民主も維新も結もついでにみんなでさえも埋め立てを容認してしまっている。11月予定の県知事選で辺野古反対派が勝ったとしても、国政で基地推進反対。この問題でアメリカと戦う政権・政党が出てこない限り、沖縄の基地問題で勝つことはありえないわけです。

 そういう状況で、こんな話ですから、再編が上手く行って、自民が政権落ち&再編新党が政権取ったとしても、沖縄基地問題に手を付けるかかなり怪しいと思われますが…。

 まあ、沖縄の基地問題で県外・国外を推進した鳩山が潰されましたから、自民であれ維新であれ、その轍を踏まえて県外・国外移設を進めることはないでしょうね。多少の負担軽減が関の山ではないでしょうか?

 維新は韓国なんて些細な問題より(ほっときゃ自滅しますから、韓国は)、米に対する交渉能力、基地問題を解消するための外交に本腰入れて対策をしっかりやっていただけないでしょうか?慰安婦問題について熱心でも、基地問題については…という姿勢は個人的に全く理解できないのですがどういうことなのでしょうか?

靖国関係の記事一覧

日本の声を聞かない米は反米派を育成している 

The economistから安倍外交の失策について 

靖国参拝について日本国際問題研究所の小谷哲男さんの分析 

オバマの参拝批判に見る米の対日観 

靖国批判に見るオバマ外交の稚拙さ 

東京裁判とサンフランシスコ体制を結びつける愚かさ 

この記事は時系列的にココです。

靖国報道に見る自民族中心主義と「失望」