読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

米の外交的愚かさは安倍政権の外交ミスの言い訳にはならない

外交関係

 自民党議員の誰か忘れましたが、靖国参拝による「失望」は共和党ならありえなかった―と自民党議員が語っていた記事がありました。

 そして今回バイデン副大統領の能力に疑問符が付けられるような記事が産経に出ていました。あまりに韓国よりだと。「失望」は訪日→訪韓の際、安倍首相に靖国行かないという言質を取ったから。なのに参拝したから激怒&「失望」声明だったと言います。だとしたらバイデンというNo2の能力もあれなんでしょうね。安倍さんが「行きません」なんて断言するわけないでしょうに。

 その当否はともかく、民主党だから~&オバマ(バイデンでもヒラリーでもanybody構いません)だから~今回のようなことになったというのは言い訳にすぎないわけです。

 小泉時代の日米関係は良好だったと言われていますが、あれはトップ同士の信頼関係に基づくものに過ぎなかったわけです。そもそもブッシュだって参拝には反対でしたしね。米の外交はトップの個人的信頼関係を重要視するという特徴があるので是非覚えておいて下さい。

 しかし米日関係は逆V字と言われ、ブッシュ=小泉の信頼関係はあれど、下の方に信頼関係があったか、協力関係があったか?ツーカーの信頼関係があらゆるレベルであったかと言われれば、存在していなかったわけです。

 ブッシュ=小泉みたいに、もしオバマ=安倍会談みたいなことをやっていて両トップ間に、個人的信頼関係があれば、こういうことはありえなかったでしょう。しかし安部総理はそういうことを知らなかったんでしょうね。それで結局こういうことになってしまった。どうしても行きたいということであれば、そういう信頼関係をいかにして築くかという努力を事前にしておくべきだったでしょう(まあイラク戦争のような当時の事情と違いどうしても日本との協力関係が必要という背景ではないので難しかったとは思いますけどね)。

 今後どういう言い訳が出てこようとも、官邸は参拝しても批判はされないだろうという読みを前提に参拝をしたわけでしょう?たとえ米が失望声明を出そうと参拝する!という覚悟でしたわけではなかったのでしょう?つまり完全に米の意図を読み違えた、失敗したんでしょう。まあ確かに普通はそんな声明出すとは思わないですが、オバマ政権の内情を考えればそういうことをする可能性があると想定しておくべきでしょう。そうなったらどうするかといった配慮・対策もない、次の一手を考慮していない。この無策は本当に恐ろしいですね。

 もし、その覚悟があって、米から強い抗議を受けたら、日米関係の悪化を踏まえて、どうするこうするという手を考えていればまた話は別ですが、そんなことまるで考えていなかったでしょう、この政権は。

 これまでは、靖国歴史認識などは議会で声が上がって、政府がそれを止めるという構図でした。今回の失望は言うまでもなく政府主導。東京裁判有効議決のように、米議会はあまり日本に友好的ではない(そこに韓国のロビー活動があっても)。最後の砦であった政府を敵に回すということの意味合いは非常に大きいそれを理解しているのでしょうか?

 米日どちらが誤り、愚かという視点はともかくとして、政府が相手の意図を読み誤り、結果その誤った想定の下で行動したということはもっと注目されてしかるべきだと思います。まあ今まで米が絶対で、何でもかんでも米様の言うことが正しいみたいな報道ばっかりだったのでその点はいいと思いますが、自国の政府のミス・愚かさを取り繕うため、覆い隠すために米の失点・稚拙さを取り上げるというのはまた違った問題を発生させますね。

 誰か忘れましたが、報道官かなんかが年末に「来年すぐにでも中国と首脳会談は出来る」みたいなことを言っていて「何を言っているんだお前は…」と思った記憶があります。オバマ政権以上に、官邸周辺にろくな人材が揃っていない証拠だと思います。

 いかにオバマ政権・米が愚かであろうと、安倍の判断ミス・誤りがチャラになるわけではない。米日関係において「属国」という弱い立場の日本はミス・間違いが許されないのですからね。このことを協調しておきたいと思います。

 民主党政権を「失われた三年」のように言い切っちゃうセンスなら、今回も「米の民主党」だからと善悪二元論のように問題を処理しかねない、非を相手サイドに押し付けて反省しなさそう、「学習」しなさそうで怖いですね…。

 ※追記、そうそう愚かさといえば、米大使館のフェイスブックが荒らされるとかありましたね。馬鹿じゃないんですかね?アメリカサイドに安倍を支持する狂信的ナショナリストが一定数いて、靖国参拝などの動きをますます抑圧しなくちゃいけないと向こうのトップに思わせるだけでしょうにね。そんなこともわからないんですかね?中国人の狂信的な反日運動とレベル一緒じゃないですか…。

 沖縄の基地問題を解決しようと沖縄訪問した鳩山にバッシングして足を引っ張った運動、脱原発でのサヨクデモ、今回の大使館など一連の靖国バッシング。すべて善意で行動して、挙句足を引っ張る。逆効果をもたらすという最悪の結果に。戦略・目的整合性というものを考えなければ自滅する事をいい加減学んで欲しいですね。

靖国関係の記事一覧

靖国本のバランスの悪さ

日本の英兵捕虜問題

外交力学を無視した韓国外交

この記事は時系列的にココです。

靖国参拝関連でつぶやいた中国周辺のまとめ

日本の声を聞かない米は反米派を育成している

The economistから安倍外交の失策について

靖国参拝について日本国際問題研究所の小谷哲男さんの分析

オバマの参拝批判に見る米の対日観

靖国批判に見るオバマ外交の稚拙さ

東京裁判とサンフランシスコ体制を結びつける愚かさ

維新、河野談話の撤回要求へ

靖国報道に見る自民族中心主義と「失望」