てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

民主党の代表戦で事前に思ったこと

時間がないので短めに民主党代表選前の雑感を

Nステで古賀さんが政界再編の話をしていました。改革する&しないで政治勢力を論じるのはいいんですが、戦争するしないみたいな枠組み、タカorハトみたいな枠組みで今後の政界を論じるのはどうなんでしょうか?古賀さん…。タカ的な改革派でなく、ハト的な改革派が民主党再生で望まれると主張していましたが、それで政権がとれるかと言えば…?

 戦争するしないから、自民・安倍政権は、危険な党&政権だ!という主張。そして、だからこそ安全な&平和的なウチの政権に任せてください!という主張では絶対政権交代は無理だと思いますよ。重要なのは外交・安保能力もきちんとあって、その上で今の安倍政権以上の実績を残せることでしょうし。

 安保能力・危機管理能力の有無にタカ・ハトという分類・見方はあまり意味が無いかえってマイナスという気がします。まあ、何より経済・福祉政策が優先されることは言うまでもありませんが。民主党再生で支持を集めるために一番有効なのは、その分野の専門家、著名なエコノミストや学者を民主党顧問に連れてくるor議員にすることでしょう。前回は失敗しましたが、今度はこのプロを呼んだから大丈夫です!ってやることでしょうね。

 いずれにせよ、失敗の要因が「実力が足りなかった」以外いまいちよくわからないでしょう、殆どの人には。プロを外部招聘して、失敗材料を指摘してもらって、その要因を除外して、同じ間違いをしないために対策をきっちり示す。そういう人が来たからには次は出来るかも?と、とにかく思わせないとまず一度見限った無党派がもう一度票を入れてくれることはないでしょう。

 前原さんは新党にこだわって、再編不可避だ!という姿勢で立候補しようとしました。しかしそれで難しいことがわかり、後輩の細野さんに託した感じですね。 

前原さんでも細野さんでもどちらでもいいですから、「再編だ!」とぶちあげて、当選後は「党内の話を慎重に検討した結果、やっぱ反対多いから止めまーす、だけど旧社会党系の守旧派はもう公認しません」と党の粛清をやれたら大したもの。

 再編をすると言っても、己が主張しているような「新党野合」を作って自民解体にまで追い込むなんていう戦略的観点から行動できると思えないですからね。まあ再編して維新と合併することを否定するつもりはありませんが、まず民主内の守旧派を一掃して組織の改革をすることを優先すべきかと思います。

 その後再編・合流はいつでも出来ますからね。

 どこかの誰かさんみたいに、「南征じゃあ!南征して、ワイが中華を統一するんやぁ!」重臣「ダメです、やめてください!」、「チッ、しょーがねーな、じゃあ、遷都で我慢してやるよ」―みたいな感じで、本来の政治目的を達成するという腹芸の一つでもこなせる器量が新代表にあればいいんですけどねぇ。

 とにかく連合のマイナスイメージをどう払拭できるかですよね。労組も変わったじゃないか!と思わせるような抜本的改革を打てるかどうか。自民が民主党に負けてしまう!もうダメだ!となった時の「コイズミ」みたいな人物を担げるかどうかですよね。旧社会党みたいな勢力・匂いとはそろそろきちんと決別しないとイケないと思います。そういう意味で鳩山時代(=それ以前)には戻らないと主張した細野さんに一番将来を感じます。

 それこそ橋下に「労組は変わった!これなら手を組める!」と言わせるようにならないといけませんよね。労組を基盤にするのはいいですが、依存すれば間違いなく自民党が既得利権団体、しがらみだらけで何も出来ないじゃないか!と言われたのとおなじになりますから。

 今回の代表戦では、自民党とは違うというところをぜひ見せてほしいと思います。で、結果は知ってのとおりあのざま…。それについては次で。