てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

安倍談話の話

 安倍談話の全文、ちらっと見ましたが、確かに長いですね。校長先生のお話かな?と思いました(笑)。

 独と比較して、被害者意識を出してくるなんてけしからん!というものを見ましたが、独にはEUとか周辺環境が歴史を乗り越える努力を一緒にした。独だけでなく、みんなでやりましたからね。欧州が「謝罪を受け入れた」のと対照的に東アはそうじゃないですから。謝罪しても、外交的に得られるものがない。状況として変わらないなら、そりゃ止めるだけですよ。謝罪に効果が無いならやる必要性がないんですから。

 なんなんでしょうかね、戦争に対する謝罪や反省を語ることは、いいんですけど、なんでもかんでも自分に都合の良い意見を取り上げてしまうのはどうなんでしょうか?もうちょっと冷静になって、自分たちに都合の悪いものも取り上げないと説得性が無いと思うんですが…。謝罪や反省を述べることと、欧州諸国の植民地支配の否定は矛盾しないでしょうに。人様のことを言うんじゃありません、唯ひたすら自分の悪かったところだけを言わないと許しません!ということなんでしょうか?

 安倍談話が、謝罪や反省と言うものが足りない!と叩くと同時に、韓国も日本の亜細亜での植民地支配の解放とか、列強支配を終わらせたとか肯定的なところを取り上げたりすべき。米の非人道的行為を取り上げて多少とも日本の良かった点を評価して、歩み寄るべきだ!と韓日双方をフェアに論じることだって出来るのに、そういう人いませんよね。なんで一方的な人が左右問わず多いのか…?

 安倍談話を米は歓迎…「70年間、平和に献身」 www.yomiuri.co.jp/world/20150814

 米が歓迎するという話が事前に流れていて、本当かよと思っていたら本当にそうなりましたね。マイケル・グリーンもいいね!と評価していました。グリペン先生のお墨付きですね。

 まあ、「未来志向」で米の望む主張をしたことでわかるように、結局は米を向いているわけですね。中国も現行秩序を守れ!が米にとっては最重要ですから。これまでは、東アのみを向いていたor東ア諸国を対象にして出されていた「首相談話」というものが、米を味方につけて中国をけん制するための道具に変わったわけですね。

 そういう力学を持ち込んで、対中叩きロジックを持ち込んだ時点で、安倍さんの勝ちですね。以前靖国参拝とかでもめた時に、拙ブログで「戦後秩序維持」のロジックを組み込むべきだ的なことを多分書いたと思いますが、まさにそれを今回やりました。安倍さんのバックに居るのが誰か知りませんけど、おそらく外務省の誰かなんでしょうけど、100点満点でしょうね。国際力学・論理をしっかり理解した人がこれを書いたことは間違いないですね。

 一応書いときますけど、個人的にあの談話の内容が素晴らしい!とか、完全にそのとおりだ!とか、まんま拙意見と同じ意見・価値観だとか、そういうことじゃないですよ。日VS韓中という構造になっている闘いで、この構図のママやったら不利は明白、やるなら日米VS韓中という有利な形に持ち込むべきだということですね。それをちゃんとやったから評価できるという話です。

 個人的には、こういったものを誰が立案したのか非常に気になるところですね。