てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

SMAP騒動は芸能界と報道界の不健全性の現れ

SMAPジャニーズ事務所から独立する、そして木村は事務所を離れないために、解散するという話が急遽持ち上がった。結局は、独立せず残留(?)するという話になり、独立騒動は終わりを見せた。

 

 しかし、一応の決着を見せただけで、生放送で謝罪をするという奇妙な展開を見せたことにより違った騒動へと発展していく。ジャニーズ事務所というのは、そんなに芸能界に異常な影響力・権力を持っているのか?ジャニーズ事務所というのはおかしな組織ではないのかと。そして聞くところによると、騒動の発端となった元凶ともいえるメリー氏・そしてジャニーズ事務所についての批判の声がTVで報道されなかったとのこと。

 

 テレビのコメンテーターの全員がそうする必要はないにせよ、少なくない人がメリー氏やジャニーズ事務所を批判してしかるべき騒動。私見になるが、今回の出来事について、10:0か9:1の割合でSMAPサイドに理があるという見方で、ジャニーズ事務所やメリー氏が正しい。これはタレントSMAPサイドによる謀反であり、裏切り行為である・ルール上許されない行為だ!という見方をしていた人は殆どいなかったように思われる。

 

 個人的にSMAPというアイドルグループには何の興味もない。正直彼らの実力によって世間が注目しているのではなく、その背景・構造の問題でここまで話が大きくなっていると考える。正直彼らに芸があるとは思わない。せいぜい木村くらいだろう、見るべきものがあるのは。彼の演技力は既存のドラマでは評価が高いと聞く。高いというか求められる役割があるというべきか。*1

 

 逆に言うと、「若さ」を売りにして芸を成り立たせている彼らが年をとって新たな「花」を生み出せていないということである。風姿花伝 (岩波文庫)世阿弥が年をとっても衰えない魅力、それこそが本当の「花」、稽古によってそれを作らなくてはならないというのは古典的な芸能論の基本だが、彼らにそれはない。彼らには年をとって新しい魅力を放ち、若年層から中高年に支持層をシフトすること・彼らを惹きつけて虜にしてしまうことに成功していない。歌・踊り・演劇なんでも良いが、彼らには加齢に伴う新しい魅力というものを提供できていない。

 

 アイドルというのは若いが故に売れる、若い人間のパワーを見せるものであり、それを支持する若い人間が年をとれば興味をなくすという構図がある。一過性の現象・ブームに近いものなので「アイドル」という枠組みでずっとやり続けることは本来出来ないものである。

 

 しかし、SMAPというのはアイドルグループとしては異例な期間売れ続けているそうである。聞くところによるとツアーコンサートで年間100億の収入(売上だったかもしれません)があるとか。

 

 ○「アイドル」ばかりで「スター」がいない

 若くして売れる芸能人を「アイドル」として、年をとっても(あるいは年季を積んでから売れてくる存在)売れるのを「スター」として区別して考えよう。「アイドル」から「スター」に転身するのはかなり難しい。ジャニーズというのは、踊りや歌など、どんなことでもそれなりにこなせる使い勝手が効く存在を基本としている。ユーティリティを求めて、一芸に秀でた存在はいない。故に依頼が来れば無難にこなせるという存在になって、どうしてもこの人を見たいという突き抜けた存在・「スター」は生まれない。ジャニーズブランドにこだわればどうしてもタレントは画一的な存在にならざるをえない。そしてその商品は若さがなくなると、需要がなくなるという特徴を持つ*2

 

 「スター」として彼らが華麗な変身を遂げたのならともかく、やっていることは若い頃の劣化コピー。芸がきわまって成長しているわけでもないのに、売れているというのは時代の、そして文化の劣化を、象徴する格好の事例なのだろう。

 

 若いころにファンに成って、他に代替を見つけられていない。文化的素養・教養がない故にテレビに情報を依存するので、テレビの作る「アイドル」を追い続けているのか。それとも母になった女性が娘と見るちょうどいい材料・コミュニケーションの道具として使われているということなのか。よくわからないが、いずれにせよ彼らの芸が評価されているわけでないのは確かだろう。テレビとスポットライトによるお手軽芸能に過ぎないものだと考える。*3歌、ダンスというエンターテイメント・パフォーマンスの実力を重視しているエクザイルが最近出てきているが、彼らに健全な精神を感じるのは己だけではないだろう(エクザイルが何の問題もない清廉潔白なグループだとは思わないが)。

 

○不健全な日本の「アイドル」文化

 いずれにせよ「アイドル」というのは一時的なもの、一過性のものなので、あまり見ていて気持ちのいいものではない。そこから「スター」という道を夢見るために、ステップアップとして割りきってAKBという道を選んだ女性がいるというが、正直そういう娘の方がまだ芸事への覚悟を感じる。*4

 

 AKB文化というものをあまりよろしくないものとして書いたことがあるが、延々と「アイドル」というものをやり続けない女性アイドル文化のほうがまだまともに見える。ジャニーズには実力がないのに「スター」を装うのだから、ファンには良いとしても、ファン以外の者には見ていて厳しい物がある。AKBオタクというものに好感は持てないが、そういうオタクをバカにする人たちは、同じようにジャニーズオタクの女性を等閑視しているのだろうか?己からするとどちらも同じ、そしてジャニーズのほうが質が悪いように見える。

 

 女性アイドルは適齢期をすぎれば引退を余儀なくされる。男性アイドルはそれも許されず、結婚の自由もないと聞く。ジャニーズの一人が、社長の意向に逆らって干されたという話があるくらい。45に近い中居が未だに結婚していないのは疑問を感じる人も多いだろう。彼に結婚願望がないとして、他の三人は必ずしもそうではないだろう。自身の商品価値のために結婚ができない・許されないと考えるのが自然。婚姻の自由がない、労働環境が正常なものなのか?芸能文化としては異常というしかないだろう。

 

 自身の商品価値を冷静に計算したうえでの、本人の決断ならともかく、事務所の意向が働いているというのが異常なのである。そのようなシステムをファンは本当に支援するのか?人身御供のように自身の応援する芸能人を生贄・消費することを望むのだろうか?今回、彼らを応援する意味でCD購入運動を始めたというが、事務所に利益がはいってしまうのならばあまり意味は無い。むしろ逆効果だろう。本当にSMAPのことを思っているのだろうか?思っているのならば日干しにする。SMAP以外のジャニーズタレントの購入拒否運動だろう。

 

パワハラを飛び越したメリー喜多川の粛清劇 

 話が長くなった。今回の騒動はSMAPを押し上げた事務所の実力者・功労者の飯島マネージャーと副社長のメリー氏が衝突したことにある。そして女性マネージャーが退社を余儀なくされて、育ての親の飯島氏を重んじて、彼女についていって独立するという話だった。女性マネージャーが何らかのトラブルを引き起こしたならともかく、メリー氏が自身の娘を後継者と考えていたところ、彼女が派閥を立ち上げ、社長の椅子を狙っているという疑いがあるという理由で、雑誌のインタビュー途中にもかかわらず、直接出て行けと叱責したという。*5

 

 正直、どう考えても異常な話で、こんな理由でクビにできるわけがない。むしろ辞めるのは、騒動の張本人である彼女の方だろう。結局独立騒動が破綻したことで飯島マネ一人の退社で話は収まったが、ジャニーズという企業ブランド・イメージ低下は計り知れない損失をもたらすのは間違いない。娘の藤島ジュリーに跡を継がせるつもりというが、継承後の新スタートでトラブル・離脱・分裂騒動が起こる可能性は高い。マッチがメリー氏のお気に入りで、彼への待遇が非常に厚いというのも今回の騒動で周知の事実となった。彼のイメージダウンも大きいだろう。仕事が実力ではなく、事務所のトップの意向で反映されるのなら、その番組を見ている視聴者もテレビ局も堪ったものではないだろう。

 

 古舘伊知郎も事務所あってのタレントだとか、訳のわからないことを言っていたようだが、どう考えても芸能人がいればいいだけで、事務所なんていうのは構造的に必要ではない。そもそも契約を仲介する代理人で十分。独立させれば育ててやったこちらが損をする!なんていう指摘もあったが、そんなに初期投資費用がかかるわけがない。事務所に莫大な利益をもたらしたことを考えれば彼らが独立して良い待遇・契約を求めるのは当たり前の話だろう。それこそ売れずに失敗した脱落組も一生面倒を見るという保障制度のためにSMAPから巻き上げているのならば、まだ正当化出来るだろうがそういうことでもないであろうし。

 

○ポイントは事務所とSMAPの契約内容、それが健全なものかどうか

 要するに契約の問題に尽きる。何年契約で、どれくらいの利益をもたらせば自分たちの取り分よりもSMAP側に多く落ちるのか。独立の際には、ツアーの権利の一部が残るとか。数%もしくは歌の印税のいくつかをもらうとか、独立して5年まではジャニーズの意向の仕事をするとか、まあ色々なことが考えられるだろうが、その契約がタレントにとって公平公正なものかどうかに尽きる。

 

 それこそ言われているように、独立をしたらテレビに出られなくなる・圧力をかけられて、干されるということがあるのならば、それこそ明らかな違法行為なのだから、それを告発して戦えばいい。独立問題ではなく、そもそもジャニーズの不当な雇用環境・契約について、また業界慣行について法廷闘争すべき話なのである。ジャニーズ事務所のような存在が芸能界に一定の影響力を保って君臨することがそもそも不健全で異常なことなのである。

 

 是非SMAPには独立して芸能活動を続けながら法廷闘争で戦って芸能界に正常な環境をもたらしてほしいものだったのだが…。まあ彼らもプロモーションだよりで実力があるわけではなかったのだから寄らば大樹の陰になるのは無理も無い話なのだろう。今現在最年長が中居・木村43歳で明らかに旬を過ぎている。いつまで今の収入が確保できるか心配になるのも当然か。

 

○今回のトラブルは、芸能界・報道界の不健全の縮図・具現化

 テレビ局もテレビ局で、本来そういう圧力があれば、じゃあうちはジャニーズさんは使いません。出禁ですと突っぱねればいいだけ。マイナーな劇団やら歌劇団やら、自分たちの足で駆けずり回って、明日のスターを一から自前で育てればいいだけ。もしくはそういうことをする健全な環境を確保する、一強独占体制を許さないようにすればいい。そういうことをしないのがそもそも不健全の始まりである。アウトソーシングで子会社に不当な要求をして不祥事が起こる業界そのものを見るようではないか。結果自身が弱い立場にあって、そのような圧力に屈してしまうのならば、テレビの存在する意味がない。報道に携わるものとして恥ずべき態度であろう。

 

 今回の出来事は、第一次安倍政権、特捜による小沢失脚事件、そして鳩山政権を不当なバッシングで倒した報道操作の問題、報道界の異常性の延長にあるものである。*6日本の報道が、特にテレビが報道としての役目を放棄していることは政治に興味がある者にとっては周知の事実であっても、そうでない多くの人は未だに既知のことではありえなかった。日本の報道・テレビの異常さを如実に知らしめてくれたという意味では、今回のSMAP騒動の意味合いは大きいのではないだろうか?

 

 日本の報道がおかしい、異常だと言っても、政治に興味がない人間にとっては胡散臭い陰謀論に過ぎなかっただろう。彼らにとってマスメディアの異常性を認識させる・直感させる格好のイベントだったと思われる。その点では今後大きく社会を変えるきっかけになるかもしれないと注目している。*7

 

 ※おまけ、メリー喜多川という副社長は89歳という高齢。彼女が亡くなる日は遠くないだろう。彼女が死んで新体制になった時、また一騒動持ち上がるだろう。ファンもジャニーズ所属タレントも藤島ジュリーを支える動機があるとは思えない。公平公正な事務所を求めて移籍・バラバラになる可能性がある。彼女は娘に地位を引き継ぐどころか、むしろ逆に破滅のレールを用意したように思えてならない。今のジャニーズの影響力はメリー氏が築き上げたコネが物を言っているというのならなおさら。Xデイ以後芸能界がどう変わるか見ものである。

 追記、別館で相撲の野球賭博の処分についてというのをたまたま整理のために移転して思い出したが、昔の相撲界というのは在日・部落・暴力団との関連が深かった。芸能界もそれに近しい物があって、コンプライアンという名目のもとそういうものというか、昔の構造から手を切ろうという流れの中にある。今回もその古い構造を引きずる組織との変則的な衝突ということなのだろう。現代的な価値観・新構造と、ジャニーズ的な旧構造は否応なく衝突するとみなすべきではないだろうか。

*1:その木村も今回の出来事でケツを割ったというヒールイメージで男を下げてしまった。他には知性を感じさせる稲垣がいることはいるのだが、彼は早いうちからそういう路線に進まなかった。今後彼らが、何らかの大きな魅力を発揮していくということは考えにくいだろう

*2:郷ひろみのような例外はいるにせよ

*3:伝統芸能にそういう若さに見飽きた歳を取り始めた年代を惹きつけられないという問題もそこにはあるだろうが

*4:またアイドルというものを粗製濫造して、どれか一つまたはメンバーの誰かが当たればいいやと無責任にデビューさせて売り上げをピンハネする。やりがい詐欺に近い側面もあって嫌なものを感じざるをえない

*5:大組織には派閥が存在するのが当たり前。存在しないとするならば共産主義的な全体主義で粛清を絶えずしないかぎりは無理だろう。彼女の思考はそれであり、今回の出来事はパワハラというよりは理由なき粛清と言ってもいい。理由なき粛清とは言うまでもなく自身のための権力の私物化である

*6:もっといえば松本サリン事件の報道の問題でもある

*7:また有名な話で週刊文春の報道でジャニーが同性愛行為を行っているというものが裁判で最高裁で文春側の報道に理があるとして同性愛行為が認定されている。Wikiにはこれについて切り込まない日本の報道は異常とニューヨークタイムスなんかに書かれたよう…。さもありなん。ホント、タブーに切りこめなさすぎ…。