てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

ベッキー不倫騒動と芸人のコメンテーター化について

随分前のネタになりますが、書いていなかったので一応書いておきます。本当はどうでもいいことなんですけどね、コメントしておきたくなりました。

 

 タレントベッキーが不倫をしたことで一時期テレビから消えました。それについて非難が轟々巻き起こりました。そりゃ不倫がよくないことには決まっていますが、ちょっと異常ではないでしょうか?彼女のキャラクター、清純というか、真面目・いい人というキャラクターと矛盾する行為だったからというのはわかりますが。個人的に女性タレントにあまり好意を抱くことはないのですが、珍しく彼女には好感を覚えていましたので、強く印象に残った騒動でした。

 

 へえバカなことをしたものだという思いは己にもありますが、だからといって何もこんなに叩くことはないだろうというのが正直なところ。というか不倫というのは所詮個人の恋愛事情、プライベートのことにすぎない。それについてどうしてここまでああだ、こうだといえるのでしょうか?

 

 不倫が良くない、それは当たり前、だからといって叩いていいかと言うのは別の話。ゲーム機バキバキ事件でもそう書きましたけどね*1。というか何をそこまで必要以上に叩いているのか理解できない。それこそ矢口みたいなのは、どうでもいいのに、テレビに出てきたり・見かけたらこのアホが!などと罵詈雑言を浴びせるのは、もう病気なんじゃないでしょうか?むしろ、そういう人間=好感度の低い人間ががどうしてテレビに出てきてしまうのか?という観点から業界の問題を調べて、是正を訴えるとかのほうが有意義/建設的なことではないかと思いますが。

 

 悪い、気に食わない=暴言を浴びせる。それでおしまいというのは、物音がしたら何でもかんでも吠え立てるバカな飼い犬と変わらないのではないかと思います。それこそ大人の対応、良識・責任ある態度ではないでしょう。そういう無責任人間が増えているということなのでしょうか?

 

 また、不倫相手がゲスなんとかという変わった名前であるために、不倫=ゲスいということにされて何でもかんでも不倫といえばゲスと断じる報道がありました。報道も何かあればA=Bという単純図式で煽り立てるわけですね。むしろそういう煽りたてのほうがゲスい行動だと思うのですけどね。

 

 武田鉄矢さんが三枝さんだったかな?不倫について、「ゲスではありません、ちゃんとした大人のやってはならない恋愛があっただけです」というようなコメントがありましたが、そのとおりだと思います。石田純一氏が、本当はそうとは言ってなかったのですが、「不倫は文化」という話がありましたが、不倫・不道徳な恋愛が文学の題材になることはあるわけです。禁じられた愛というものが人の心を打つ事はあるわけです。

 

 不倫はいけないことに決まっています。しかし、時に人生そういう道を歩んでしまうことがある。不道徳な行動に出ざるをえないことだってありうる、罪だとわかっていてもやらなければならないことが人生にはあるでしょう。特攻だって、大戦だって、そういう複雑な背景がある。歴史だって物語だって、いいことだけをやってられるなんていう波風立たない平和なものばかりではないでしょう。むしろそういう煩悶があるからこそ成立する要素があるわけで。単純に正義・悪、聖戦だ・侵略だ!なんて語れないものでしょう。それをAだからBなんだ!と言った断罪する、糾弾するような姿勢には疑問を抱かざるを得ません。

 

 まあ、そういう人達だから、無思慮・無配慮に叩くことに熱中するんでしょうけど。

 

 「浮かんだアイディアを一歩立ち止まって考えて、ん?待てよと、よくチェックしてプラン化したかどうかは、その論文を読めば、読み手にはわかってしまうもの」というフレーズが気に入っているのですが、マルクス進歩主義史観みたいな単純化・単純なロジック化が成立することはないんだと長い歴史で学んできたはずなんですがねぇ…。

 

 家の事情で泣く泣く想い人と別れて裕福な男性のもとに嫁いだ。そしていろんな事情で結局別れて、また過去の想い人と再婚することになった。なんて昼ドラみたいなのでもあるんじゃないでしょうかね?人生にはいろんな事がありますので、そう単純に不倫=悪なんて叩けるものですかね?まあベッキー乙武のケースは単純な不貞行為ということなんでしょうけどね。

 

 またベッキーの場合LINEが流出したとか、そちらの個人情報を盗みとったほうが問題でしょう。違法な手段での捜査には証拠能力がないという近代裁判の原則すら知らないようで驚きです。彼女が重大な政治事件や社会事件の当事者であるならば別ですが、完全なプライベートのことでこのようなハッキングは絶対やってはダメでしょう。何考えているんでしょうかね。

 

 もし自分が彼女なら、ということを想像できない人が多すぎるのではないでしょうか?もし我が身なら恐ろしい出来事ですよね…。それとCMだとかなんとかの違約金などの損害を事務所や彼女個人が負うとか。不倫という個人の行為が賠償に繋がるというのはどういうことなのか?刑事事件ではないことで社会的制裁が与えられるというのは法のあるべき範囲を超えていると思いますけどね…(勿論民事上の罪であり、そこで賠償云々問われるのですが)。

 

 まあ以前何度も、私的な制裁・社会による恣意的な制裁は、社会を逆に悪化させることになってしまうという話をしていますので、もう繰り返しませんけど、極めておかしな話だと思いますね。事務所が損失を受けるという話についてもね、そもそもそういう事務所がある事自体、芸能界の構造としておかしいですし。

 

お笑い芸人のコメンテーター化について

 もう一つ、おかしいと思うのが芸人コメンテーター、それについての話を書きたいと思います。ヤフーニュースで野球のニュースを良くチェックするのですが、ホークスなど情報を拾っている時に、あわせて読みたいというところで関係のない芸能ネタが目に入ってうっとおしいです。見たくもないものをピックアップしないでいただきたい。オリラジの中田が不倫についてああだこうだコメントしていました。また小籔?だったか、ちょっと良く知りませんが、不倫をしてもその後結婚したら許されるという風潮が気持ち悪いとかなんとか、そういうコメントがありました。

 

 正直、この二人は成功者ではない、大した人物ではない。そういう人間が批評を公的な場で行うというのはおかしいと思います。違和感を通り越して、すべきではないことだと考えます。

 

 己のように勝手にチラシの裏でも書いているのであれば、文句はありませんが、知識や教養など然るべき資格を持っているわけでもないのに、他人をああだこうだ言える人間だと考えているのが気持ち悪い。御意見番という言葉がありますが、あれは芸能界の中で、喧嘩を煽って自分たちが楽をして消費をしようと言うメディアの汚い手口・魂胆でしょう。正直そういうものは見たくない。

 

 テレビを見なければ目に入ってこないので、良いと思いますが、ネットでニュースなんか見ている時に、なんどもオススメみたいに推してくるのは本当かんべんしていただきたいですね。ヤフーが彼らを特に信頼する人物だと認定して世に広めようと言う物があるのでもないのならばやめて欲しい。

 

 松本人志とかビートたけしというのは成功者であって、彼らのような人間が一体どういうふうな捉え方をするのだろうか?というのは誰もが興味があるでしょうし、彼らには成功者としての資格があるので、時に違和感がある発言でも、彼らならまあ資格を持つ人だからと納得行くわけですね。しかし前述の二人はそういう人間ではない。そういう人間を推してくるメディアはよく考えていただきたいですね。ハッキリ言って不愉快で、目障りです*2

 

 不倫といえば、内村プロデュース時代のアシスタントと再婚した内村さんがいらっしゃいますね。不倫を許容するのは気持ちが悪いというのならば、是非偉大な先輩にけんかを売ったらいかがでしょうか?内村さんやさまぁ~ずが大好きな己としては、「ああ内村さんに喧嘩を売ってるんだな、バカにしているんだな」と非常にカチンと来た発言でしたね。

*3

*1:一応リンク、ゲーム機バキバキ事件騒動に見る、高嶋ちさ子バキバキ叩き事件

*2:追記、そういえば、お笑い芸人をご意見番にすると番組制作が安く済むから起用されるという話を聞きました。そういうことするからテレビがつまらなくなって、需要がなくなっていくんですけどね…。料理と一緒で、手間ヒマかけて、カネかけて初めて美味しい料理は作れるわけです。そういった当たり前のことをサボって、成果をあげようという考えだからダメっていい加減どこか一つくらいテレビ局はまともな番組作りをしていただきたいものですね

*3:アイキャッチ用画像

ベッキーさんの悲しみや苦しみの乗り越え方

ベッキーさんの悲しみや苦しみの乗り越え方