てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

【追記】 乙武氏の不倫について 不倫を叩けば社会が滅ぶ?

 前回ベッキーのケースと乙武氏のケースを一括して書きましたが、乙武氏のケースで書くべきことをわすていたので、追記を。追記すると長すぎてしまうので、ベッキーと芸人コメンテーターの話*1だけ残して、乙武氏の話を単独にまとめました。

 

 ベッキーの話はさておいて、乙武氏の話。乙武氏のケースでは、参議院議員選挙に出馬するということで違った要素を帯びていますのでぜひ取り上げたいと思いました。

 

 タレントが不倫して云々というのは、我々の生活・社会に大した影響はない。しかし政治家・政治レベルになると話は別。また論理が違ってきます。我々は政治不信、政界の不祥事・汚職という報道ミスリードに敏感にならなくてはなりません。政治家に必要な能力は政治の能力であって、人格ではなりません。不倫がどうしたこうしたで不出馬に追い込まれるというのは憂慮すべきことだと思います。

 

 タレントが議員になることが正しいか?きちんと政治家になる覚悟もないような人物を政党が目先の票欲しさに選んでしまうということを許して良いのかという問題は当然ありますけども。丸山弁護士の常識的な配慮に欠ける発言や、SPEEDという歌手上がりの人を議員候補にあげているところを見ると、尚更そういう問題にも敏感になるべきです。が、それはそれとして、不倫をしたから出馬をさせるべきではないという論理はかなりおかしいものだと思います。ならばときたま現れる不倫議員は誰も彼も一回休みをして出馬を見送るべきことになってしまう。

 

 まあ、知名度・人気が重要なタレント候補だから、勝算の目がなくなって断念しただけだと思うのですが。

 

 乙武氏の主義主張から考えると自民党で立候補というのはおかしい。にも関わらず自民党を選んだというのは野党からでは立候補できそうにないから、寄らば大樹の陰だったのでしょうか(旧みんなの党系から出馬する約束があったといいますしね)?当選しなければ何も出来ないのは確かですが、さっさと自民を選んでしまうというのはどうなのか?そんなことで本当に良い政治が出来るのか?

 

 そういえば乙武さんのツイッターが不倫疑惑云々で取材を受けて、3月前半で止まったとか。ひょっとして不倫が発覚しても議員としてちゃんとやらせてくれる・庇ってくれるということで自民党を選んだとかそういう要素があるのかしら?時期的に微妙ですかね。自民党なら不倫に寛容そうだという感じはしますもんね。まあ民主時代細野さんのモナ不倫とかありましたけどね。あれで一時細野さんは干されたといいますから、やはりいい子ちゃん気質でそういうものに不寛容なのでしょうかね?今の民進党も。 

 

 ツイッターで、乙武へのバッシングは、子供が出来た父母に「男と女である事」を禁止する日本的なもの。子供がいる家庭で性事情をどうするかということから目をそらしている。殆どの男性は自慰をするという生理的要素を無視している。乙武を見れば、彼が性処理を簡単にできないのは一目瞭然。普通の不倫とは違う―という指摘を見て、なるほどなぁと納得しましたね。

 

 乙武さんはオナニー一つするのも大変なんですよね。まず一人ですることが出来ない。そういう人がどうするかと言われたら、それは介護士にしてもらうしかないわけですね。同性愛者でもない限り、男性の介護士にしてもらうことはまずないでしょうから、女性介護士にしてもらうことになる。それで日中一緒にいれば自然にハードルは下がって、そういう関係になるでしょうね。人の手を借りなければ出来ず、仕事で夫婦一緒にいつも行動できるとは限らない(子育で夫にかまえない)となれば、そういうパートナーを作るのは必然ですもんね。

 

 そういう背景を理解すれば、自ずと夫人が「浮気をしてもいいからよそで子供だけは作らないで」というふうに言っていたことが理解できますよね。嫁さんが子供の世話で手一杯で、乙武さんの世話は介護士に任せっきりで夫婦の時間も取れなかったとなれば、乙武夫婦間でそういう合意に至ったというのは理解できますね。

 

 乙武氏の嫁が謝罪して、それについて反発があるようですが、筋違いですね。浮気なんてその当事者間の問題で、嫁が許してもう旦那を叩かないでくださいって発言した以上、もうこの話は終わりでいいはず。なぜ関係のない人間があーだーこうだ言うのか理解ができない。文句言ってる人はなぜそんなに拘るのか? 不倫をしたから、元犯罪者だから立候補すべきではないというのだろうか?落選運動が目的なら政策・主義主張を論じるべきで、不倫云々はどうでもいいことなのに理解が出来ません。

 

 もし乙武氏が出馬して当選すれば、こういうときはパートナーが謝罪すれば世論が黙るという慣例・空気が出来てしまうことになる。それはどうか?というような話がありました。まあわからなくもないですが、人生の間違い・汚点といいますか、過去の出来事でそれがプラスになるのもマイナスになるのも、今後の行動次第というやつなので、次になにかやらかせば自ずとやっぱりあいつは~と言われるだけですし、逆にバカをやらかしたけど、あいつは立派に立ち直ったなぁとかその都度評価をすればいいだけだと思いますね。奥さん謝ったから云々かんぬん、こういう時はとりあえずパートナーに謝らせとけ―なんていう自動販売機でお金入れてスイッチを押すような短絡的なパターン化には至らないでしょう。

 

 乙武さんの問題・不祥事には違いないですけど、乙武夫婦の問題として捉えることもまた可能な話。それについて、なんで奥さんが謝るの?という反応がありましたが、それこそ異常な反応ですよね。

 

 乙武が間違ってるのは当然として、奥さんがしたのは謝罪ではなくて、色々なことを飲み込んで、前に進むという決断。旦那を許して、旦那を支えることに決めた。擁護することに決めた。彼女がそういう決断をしたのだから、素直に彼女は立派な人だ!と褒め称えればいいだけなのに、なんで乙武叩きになるのでしょうかね?なぜ素直に彼女を褒めないんですかね…?ここは叩くところではなく、褒めるところですよね、奥さんを。どうもそういう事ができない。他人への称賛と叱責があるとき、叱責を選択してやまない社会というのは気持ち悪いですよね、正直。*2

 

 変質的にどこまでも叩こうとするのはストーカーですね。問題・トラブルはどこかで決着させなくてはいけない。どこまでも失敗した人間、過失を犯した人間を叩こうとするのは気持ち悪いですね。

 

 あれですね。乙武氏が立候補取りやめて、奥さんが立候補したら全部解決しますね。出来た奥さん!としてこの機会に売り出すことにしましょう(笑)。

 

追記 乙武氏は常識が適用される人間ではない

 で、こっから、書き忘れていたことの追記です。そもそも乙武氏というのは重度の障害者、四肢がないという極めて珍しい人ですよね。ああうちの近所にも乙武さんのような人がいるわーなんていう人は少数派でしょう。そして、なおかつベストセラー作家でタレント活動をしている、芸能人なわけです。こういった属性を持っている人はおそらく彼くらいでしょう。文化人で芸能活動をしているという人はいくらでもいるでしょうけど、さらに重度の障害者であるというのはまあ他に聞いたことがない。

 

 そういう属性を持っていることを考えると、彼はかなり特別な人間。常識外の人間ですよね。ということを考えると、そもそも「常識的に不倫をするなんておかしい!」というロジック自体が成立しなくなるわけですね。

 

 これは勿論、芸能人であるから重度な障害者であるから不倫をしていいという話ではありません。かなり普通の人間とは異なった生活をしている、人生を送っている乙武氏の常識が常人とは違うに決まっている。それこそイスラム文化圏にいって、仕事をほっぽり出して礼拝するなんて非常識だ!なんていうのと一緒ですね。カルチャーショック的なものと考えていただければいいと思いますが、一般人ではない以上、一般人ではない常識を持っていて当たり前。

 

 その多様な価値観・常識は一定ではないという根本的なところが理解されていないのでは?という思いをいだきました。プロ野球の金銭授受の話で書きましたが、そもそもプロ野球選手というのは、特別な人が行う特別な社会であるに決まっている。その常識が一般と違うのは当たり前ですね。ホークス長谷川が僕らの社会の常識が、一般の常識と違うことが―云々言ってましたけど、違って当たり前なんですよね。どうもそういうことを容認出来ない、異常なまでに等質性に拘る空気があるようですね、悪平等ですかね?

 

 普通の人間が味わう楽しみを味わえない、あるいは極めて制限されている。そういう人間が楽しみとして女遊びに生きがいを見出したとして誰が咎められるのか?もし同じ立場で、タレント・著名人という肩書があって、同じことをしないと言い切れる人間はどれほどいるのでしょうか?

 

少子化対策が重要な今不倫を叩くべきではない

 もう一つのポイントとしては、少子化ですよね。現代非常に重大な問題として少子化という問題がある。フランスでは事実婚という形で出生率を改善させたなんていう話を聞きますが、そもそも伝統的な家族形態では子供を増やすということには限界がある。柔軟な変化を受け入れてこそ日本の危機は乗り越えられるはず。

 

 かの松本人志が結婚してから浮気をするのはいかんという価値観で45くらいまで独身を貫いていましたが、あのような金持ち・成功者ならともかく、年をとって結婚をするハードルは確実に上がる。となると当然子供の数も減るわけです。

 

 少子化という現実を見れば、それこそ不倫どうこうで拘るべきではない。奥さんの「いくら浮気をしてもいいから子供だけは作らないで」というのはむしろ今後一つのモデルになるのでは?という気がします。夫婦間でも出産以後はセックスレスになるという話を聞きますからね。中世の欧州貴族のように、子供を産んで以後はお互いが違うパートナーを持つことを合意するというスタイルの夫婦が出てきてもおかしくないかもしれません。

 

 それが良いか悪いかということではなく、そうでもしないと少子化の流れは変えられないでしょうから。我々は特に諸個人の家庭内での事情に干渉すべきではないと考えますね。不倫・浮気=配偶者への裏切りみたいな図式がありますが、双方向で合意して他所で恋愛するということもありうる気がします。女性の同性愛カップルが人工授精で子供を持つ・家庭を作るなんて話も聞きますしね。こういう時代になったら、もはや不倫が悪いと決めつけて糾弾することは出来ないのではないでしょうか?

 

 家庭生活を上手くやるために、子育は夫婦で行い、かつ恋人はお互いよそにいるというスタイルでもいいのではないでしょうか?昔はそれこそ妾をもった政治家なんてゴロゴロいましたし。

 

 それが妥当がどうかはおいといて、少子化対策を!と訴えながら、不倫するとは人間の屑である!!なんて叩くのは論理的に無理があるということがポイントですね。特に年功序列観念が強く、自由なライフスタイルが選択できない日本においては、出産可能年齢内に恋愛も学業も仕事も出産も何もかもを行うことは難しいわけです。だからこそ結婚・出産を諦めるという人がいる現実を見れば、不倫たたきの風潮に違和感を覚えざるを得ませんね。

 

 ですから、奥さんが乙武氏の不倫を容認していたのは少子化対策的には極めて正しいことで、理にかなったことですね。やっぱり奥さんのほうが向いてますね。是非奥さんに立候補していただきましょう(笑)。

 

*3

*1:ベッキー不倫騒動と芸人のコメンテーター化について

*2:奥さんが謝るのは不自然で何か圧力を感じる…!的な意見も見ましたが、それは当事者になってないから、そう思うんだけだと思いますね。まあ自民関係者があーだこーだ指示して無理矢理ということも考えられなくはないんでしょうけどね。もし自分の配偶者が炎上して叩かれていたら、怒りや含むものが色々あって、本当は怒りたいんだけども、私は怒ってませんからもう良いですよって、庇っちゃうのは当然の反応だと思いますけどね…。大鵬の誤審で連勝記録が途切れた時の発言云々でそんな話しましたけど、また亀田大毅に反則された内藤といいますか、騒動大きくなって社会全体で叩くようなことになったら、本当は怒りたくても許す以外なくなるでしょ、普通。社会が気持ち悪くて、多数で一斉に個人を叩くようなことをするから許さざるをえなくなっているということにいい加減気がつくべきですね。

*3:アイキャッチ

五体不満足 完全版 (講談社文庫)

五体不満足 完全版 (講談社文庫)

 

そういえば、障害者は普通の人間なんだという主張をしていて、いいやつもいれば悪いやつもいる。当たり前の話ですよ―と当時のタブーを障害者である乙武氏自ら破ってくれたということを思い出しましたね。そういう意味では彼は功績がありますね。学校で、障害者に対する異常なチヤホヤと言うか、過保護的な扱いがあって、それに迷惑した&気持ち悪いなぁという経験をした己からすると。ああ乙武さんがいてよかったなぁと本を呼んで感じた昔のことを思い出しましたねぇ。最近は微妙ですけど。