読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

鳥越氏の都知事選立候補について

 昔のメディアには女性問題についての記事は書かないという暗黙のルールがあった。与野党醜聞合戦になれば、待っているのは言うまでもなく政治不信。戦前を考えるとそういうものが何をもたらすか言わずもがな。ところがそのタブーを宇野首相の女性問題告発記事で壊したのが鳥越さんだとか。その鳥越さんが今同じく女性スキャンダルで苦しんでいるのは因果応報なのか…。

 元々、彼は女性癖が悪くて有名なようですね、いくつもそういった話があるようですね。今回の事件はどうも氷山の一角だとか。まあ個人的にそういうことに興味がなく、人格・倫理を重視していないのでどうでもいいのですが。

 「キスだけ」だから問題ないというような話が一部界隈でなされていたとか、キスだけでも十分強制わいせつ罪になる。んで、強制が無くても法的に暴行罪が成立する違法行為だという指摘をみたのですが、「強制」がないキスで暴行罪ってどういうことですかね?強制していないキスなのに?暴行…?法律的な用語の意味での「強制」ということですかね?現代キスでもセクハラになるのは、大学のハラスメント関係が厳しくなっていること、「ハラスメント」という言葉の流布を見てまあ一目瞭然のことですね。

 今回問題となった鳥越セクハラ案件は、あの文春の記事だけでは事実関係がよく分からないですよね。匿名ですし、裁判になったわけでもない昔の話なので、詳しい背景がよくわからない。なので鳥越さんのセクハラ疑惑についてはなんとも言い様が無いですよね。話がふわっとしすぎていて。いずれにせよ選挙前にああいうのが出てくるというのはやっぱり良くないですよね(今回はそれがあろうとなかろうと、間違いなく小池が勝つという選挙でしたけども)。売るために次号はもっと詳しい話を!!的な商売のやり方ってことなんでしょうけど、ちょっとああいうのは問題ですよね。一度は文春の調査能力を賞賛しましたけども、やり方が汚い。やっぱり所詮週刊誌!と言われてしまいますよね。そういうのやめてほしいなぁ…。

 あと鳥越擁護の一部の人は、他のセクハラ案件では叩いていたくせに、今回鳥越については、キスだけなら問題じゃない!セクハラじゃない!と党派性に基づいて主義主張をコロコロ変えていないか?と言われていましたね。まあ、党派性で論理を変えるアレな人は毎度のことなので、無視しといて、そもそも異性関係のような道徳・倫理、人間性を政治に持ち込むべきじゃないという流れにならんものですかねぇ?いい加減。

 また、「ン10年も前のことだからセクハラじゃない」っていう話があって、そういう視点はなかったので、それを見てハッとなりましたね。確かにセクハラとかハラスメント云々というのは結構新しい、最近の概念ですからね。そういう論理から言うと、犯罪事案であったとしても、事後法だor当時と現在では価値観が違うということになりますわなぁ。慰安婦云々の論理が反映されたりしそうな案件かも?とか、どうでもいいことをふと思いましたね。

 鳥越俊太郎は「俺は他人を批判するが、他人が俺を批判することは許さない」って言っているという演義曹操みたいな話があって、なるほど、確かにこれから公人になろうという人間が取るべき態度ではないですよね。というかそれ以前にメディアに携わってきた人間としての態度としてかなり疑問ですね。

 選挙後に、自身のサイトから都知事選関係のページが削除されていることなどについてコメントしていましたけど、それについては一切参謀?まあ、そういう役割の人に任せたということだったのですけども、その人任せという一点張りでしたね。ネットは所詮現実のそれにかなわない。現実を変えるものではない、二次的なものにすぎないみたいなことを言ってましたけど、かなり拙い態度ですよね。

 確かにネットは二次的なものであって、ネットでいくら支持を集めたからといって、それがリアルを超えるほど重要なツールにならない。現実の選挙運動を放棄してネットだけで勝った例はないですからね。しかしだからといってネット経由で支持してくれる人がいる、それしか情報接点がない人はそこから応援して、拡散してなんとかこの人に一票入りますように!と行動する。そういう人たちに失礼ですよね。なんかどこかに驕りがあるように感じましたね、鳥越氏は。公開討論かな?それに出ませんでしたし、疑惑をかけられて、私は無罪潔白だからいつでも説明するから来てくださいとオープンにしなかった。そういうところが不信感を招い多としてもおかしくはないでしょうね。

 今回のキスセクハラ騒動がどうなるかはさておいて、昨今ただでさえ不倫であーだこーだ叩く傾向がある中で、政治資金以外に私的な交際まで、政治家に要求される倫理的なハードルが更に上るのは間違いないですよね…。誰になっても、また些細な事が発覚したら、都知事辞めろ!になるリスクがあるのは目に見えてる気がしますが…。舛添さんを政治資金でクビにして、仮に鳥越さんが当選して女性問題でまたクビという事態になったら、結局有権者は何がしたいのかという話になりますよね…。いい加減政治に人間性・クリーンを求めるのは無意味という共通理解を築かないと、いつまで経っても同じ事の繰り返しで損をするのは有権者ですよね…。

 今の国政が自民一強で、総理大臣を好き勝手に殺せない・失脚させることが出来ない。であるから、憂さ晴らしに丁度目についたそこそこの権力者である都知事を血祭りにあげている。そのようにしか見えないのは、果たして私唯一人だけなんでしょうかねぇ?

 で、負の点ばっかり書くわけでもなく、良いじゃないかと思ったこともあったので最後はそのポジティブな面で締めたいと思います。非正規から正規への転換だけしても、実はブラックが多かったりするから意味が無い。そこでちゃんと同時にブラック企業規制をすると言ってる鳥越さんかなりポイント掴んでる。
 まあそういうツイートをみたのですけども、今の最重要問題は間違いなく労働問題。労働環境の正常化、働いて暮らすという日常の環境の正常化・安定化がポイント(働くお母さんの保育園なんかも同じですよね)。なのですが、そういう訴える政策の核となるべきことを第一に言わなかった。東京から労働環境正常化を進めていく!となぜ真っ先に言わなかったのか?凄い魅力的な政策だと思うんですけど、なぜかこれが第一に・最前面にこなかった。
 都知事候補者へのインタビューで、ガン検診100%みたいなこと言っていて、それ東京都知事がやることか…?ダメだこりゃと思ってました。ちゃんとやるべきことをわかっていたし、やるつもりだった。革新系候補としてのストロングポイントを間違えている、どうもそういうプロ系の人、政治運動組織の人に参謀を任せたんじゃないでしょうか?全然戦略が機能している気がしませんでしたね。ちゃんとした人を選んでいたらもうちょっと善戦したのではないでしょうか?

 また参院選を見て、安倍政治は危ない!選挙に出て流れを変えなければ!ということを言ってましたが、はっきり言って小池が都知事となって、東京から自民内部の反安倍派のが上となる方がよっぽど有効なんですよね。反安倍政治には。
 ですから反安倍という大義名分は弱いですし、そもそも東京都知事である意味は無い。それなら国政に出るべきでしたよね、憲法改正などに反対なのなら。理解できなくはないが、共感するところがないわけではないが、どこか何かがズレている人だという印象を抱きましたね、鳥越さん。

*1