てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

結果を出した鳩山

さて、書いてないシリーズ第二弾。
 今日まるで鳩山辞任みたいな報道がされてましたけど、全然辞めないと思ってましたけどね。己なんか。むしろ何で辞める必要があるの?って感じでした。shuugi.in っていう選挙予測ページがあって、前回はかなり高い確率で当てたみたいです。今回も的中するかどうか見ものですね。しかし去年はあれほど、衆参ねじれってバカみたいに言われていたのが今年は言われないですね。民主が負けたらしばらく混乱するのに、選挙で民主が負けてからねじれで混乱が…とか言い出すんでしょうけど(^ ^;)。

 んで、どんなに参議院で負けても前回の勝利があって参議での第一党は揺るがないし、自民より、新党の方がかなり大きな勢力を占めると思いますけどね。んで、自民伸び悩みで、新党のどっかとみんなはどうなんでしょ?あと、自民のグループが割れるか、そのまま大連立再来でしょう。今回辞めないで、選挙に突っ込むことで、官僚&メディア支配をゆるがせて欲しいですね。いくら報道で情報操作して政権を傷つけても政権を潰すことが出来ない、ホイホイ総理大臣現象が無くなれば、日本の政治は確実に一歩進むし、民主が28はないと思うけどなぁ…37くらい?それくらいの負けでも充分やり方次第で運営出来る。四年しっかり努めて、新首相の元で次の民意を問うのが一番良い。まぁ風向き次第で再編になるんでしょうが。

 検察とメディアがどんな汚い力を使っても政治家、政権を潰すことが出来なくなれば、日本の政治は絶対変わる。というかそうならなくてはならない。だから鳩山政権を支持しなくても、民主に入れる人は結構いると思うんですよね。選挙区の個人と比例は別ってなることも多いんじゃないかと思います。後は投票率次第で、自民は選挙基盤を小沢によって切り崩されたんでかなりやばいと思うんですけどねぇ…。

 昨日チラッとガイアの夜明けかな?河野さんと、渡辺さんがそれぞれ政策を論じてましたけど、殆どスタンスぶれることなかったですね。河野さんと渡辺さんは組みそうだけどな~。自民敗戦で河野さんが引っ張っていきそうだし。自民の残りが民主にいって、河野さんたちがみんなに行って自民だけ潰れるってことがあるかもしれないですね。社会党みたいに自民はなるかもしれません。社会→社民をもじって、会→民を逆にして、「じみん」から「じかい」で、自壊党なんつってね。(^ ^;)

 さて、本題。結果を出した鳩山です。鳩山さんは結果を出しました。結果丸出しです。どう見ても功績です。本当にありがとうございました。確かに鳩山さんは大言壮語してましたよ。沖縄から基地を出すと。しかし前回述べたように問題はトータルでの縮小であって、辺野古云々ではないはずです。今後も基地は取り組むんだからいいでしょう。軍事的にこれから強化しなくちゃならないんですからいきなり減らせなんて無理ですよ。

 そして週刊ポストなんかで腹案の正体=九州ローテーション案ってありました。桜美林の橋本晃和さんがサポートしてるみたいですね。訓練は九州でやって、沖縄の負担を減らす。んで自衛隊との共同訓練も進める。つまりは日米協力をより深めるわけです。これで殆ど問題はないでしょう。しかも交渉を一旦ひっくり返したのは普天間からのグアムへの移転施設・費用を受け持つだけでなく、他にもさまざま加わって日本負担は三兆になるといわれました。こんなばかげた案をのめるわけありません。ひっくり返すのが当たり前でしょう。少なくとも自民より金を減らせるのは間違いないです。散々沖縄に負担かけて、その金は密約で日本が払えってふざけるな。基地を使用できることがどれだけありがたいか分かってないバカが多すぎる。日米安保は基地貸与と日本の保障のバーターです。何金貢いでんだ(#゚Д゚)ゴルァ!!。これも反戦思想に基づくものです。反戦=反軍事負担、ここから導き出されるのは従米で、官僚たちは従米に自分たちの利権を忍ばせて、肥え膨れて行きます。必要が無くなってもこのシステムを絶対転換しようとはしません。自分たちの利権が失われるからです。
 ※追記後環境アセスメントへの配慮、工事方法をより環境面で配慮するようになったものに変わったことを書くの忘れてたんで付け加えておきます。

 そもそも本質的に、反戦平和。反軍事思想というのは沖縄犠牲と、米への税金奉納と、外交戦略の放棄を意味します。それを理解せずに反戦を訴えるのは本当に愚か者といわざるを得ません。日本は主体性を放棄してるんだからいつまでたっても変われないのに決まってます。どうやって主体性ないやつが変革できるのか、出来るわけないでしょう。

 鳩山さんは調子こきすぎた点は確かにあります。確かに自民が60点くらいなのを、60点何それ、馬鹿なの死ぬの?って罵って、自分なら90~100点取れるって大言壮語をぶちかましたんです。そしたら意外に出来なくて、70点くらいだった。むしろそんなことはみんな分かってました。しかし70点ってお前…m9(^Д^)プギャーって鳩山を叩いてるのがマスコミです。確かに調子コキ麻呂でした。でも結果を出したんですよ。自民よりはましになったんですよ。沖縄の基地負担を減らすことに成功したのに、自民だったら辺野古のままで、訓練で苦しむのは代わらなかったのに、どうして鳩山が悪く言われるのか分からない。普通良識ある人間なら、どうして出来ないんだって、背景を分析して、まぁ出来るわけない。鳩山は調子こきすぎた。反省すべき。しかし自民時代の頃と比べたらよくなったから、それは一応の成果として評価しましょう―となるんじゃないですか?
 普通、ちょっとでも成果を出したのに褒めない制度・社会なんてありえないですよ。それで支持率落として、選挙で引きずりおとそうなんてするなら、日本に民主主義はいつまでたってもぜ~ったいねづかないですよ。初めて政権交代という政治の自浄作用を高めるときに、メディアが国民と政治を育てようとしなかったら社会が良くなるわけないですって。メディアは将来歴史の審判を必ず受けますよ。必ず。