てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

橋下国政進出についての一考

橋下さんの国政進出について、ちょっと面白いことがわかったので書いておきたいと思います。

http://t.co/FKG8w4En にあるように、国政進出しないのかと?大阪都が可決されたらそれでおkっておかしいにもほどがあるでしょう。ただ、自民・民主も橋下さん国政進出を嫌がるから、こう言っとけば阻止するために全力で法案成立だけは一致協力するでしょうし。

橋下さんが二の足を踏むのをためらうのには、供託金・資金の存在があるといえるでしょう。Wikiからひっぱってきました。↓

衆院選小選挙区) 300万円

衆院選比例代表区) 名簿単独登載者数×600万円 +重複立候補者数×300万円

参院選(選挙区)   300万円

参院選比例代表区) 名簿登載者数×600万円

都道府県知事選  300万円

政令指定都市市長 240万円

その他の市区長    100万円

町村長         50万円

都道県議会議員 60万円

政令指定都市議会 50万円

その他市区議会議員 30万円

町村議会議員選挙 供託金不要

 となっています。維新は大阪で府&市W選挙を行ったばかり、資金調達を行ったばかりであり、衆院・果てはその次の参院選資金調達のメドが十分に経ってるとは考えられません。確か300名ほど立てると言ってましたから、比例を150として、300×300+150×600=18億。まあ重複とか色々あってこんな単純な金額にならないとは思いますけどね。一定票数を下回らなければ供託金は変換されますが、一時的とは言え、この金額を捻出するのはかなり大変だと思います。

 これに加えて一年後に控える参院選でも121の椅子を争って、最低でも5億くらいはかかるでしょうしね。1那須野です。維新塾を開講して、人という面ではまあまあいいのでしょうけども、資金捻出といった点ではまだまだと言う所ではないのでしょうか?

 そして国政転出となると、選挙区調整・選挙戦術がこれまでとは比べ物にならないほど複雑化します。地盤・看板・鞄、ジバン・カンバン・カバンという三バンは好きでないので、選挙区での利権票・知名度・カネで言うと、維新ブームの知名度しかないわけですよね。ですから石原新党というものも考えると、自民・民主が沈没するのは間違いないにしても、そこまで圧勝するかどうかは微妙だと思います。まあ衆院選というものはウィナーテイクス-オールなんで勝つ可能性も大きいです。衆院選はそれでいいんでしょうが、参院選議席数が少ないこともあってまずそこまで大差がつかない。それは前回のみんなの党を見て明らかなところ。

 ということを考えると、衆院での新党に対し、参院での自民・民主という対立が起こることを念頭においておくべきであるともいえます。

 まあ、こういうことを考えても、資金&選挙戦術&国政での影響力を持つ小沢と、新党ブーム・橋下ブームといえる風を持っている橋下さんは見事に相互補完関係にあるので、手を組むのが一番自然ですね。みんなの党衆院で第三党、それも二大政党ではなく、三大政党制にまで持ち込むには橋下さんの手が絶対に必要なところ。次期衆院選までにどちらがその勝利の女神を口説き落とすか見所ですね。

 独自で突っ込んで行ったら微妙な勝ち星で連立という、自民・民主似止めをさせない微妙な感じになるので止めて欲しいですね。とにかく自民・民主という政治主導をやらない古い政治家・古い政治スタイルをたたきつぶしてほしいものです。

<了>