読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

岡田英弘メモ

歴史関係の話

歴史とはなにか (文春新書)/文藝春秋

¥725 Amazon.co.jp
 そうそう岡田英弘さんの『歴史とは何か』を読んだ。結構好きな人で指桑罵槐(妻も敵なり)とかモンゴル、中国現代政治の話でなかなか鋭い事をいう人で、なんで拙TLで評判悪いのかなぁ?と思っていたけども、これ読んで、「あっ(察し)」になった。そりゃ岡田英弘(笑)と言われますわ。なんだろ東洋史オンリーで西欧系無視した感じ?

 近代理解、民主主義や資本主義、国民国家の理解がもう無茶苦茶。カーの同じタイトルの本を読んだのかしらん?っていうテーマの建て方に疑問が付く本でしたね…。カーが歴史学のあり方を論じたのに対し、日本の歴史学会のあり方を論じたと言いますかね…。学問は欧州で発達してきたものだから、どうしてもある程度そこを抑えないと人文科学系はわからなくなる。自分の専門は東亜だから~でほうっておくとかなり痛いことになるということですかね。

 まあ、どうでもいいですが、初めて自分の誕生日を祝ったのが玄宗ってのと、劉備の出身地が安禄山趙匡胤とかぶってる。まあ安禄山はあれですが、その共通点はもうちょっと突っついてみても面白いんじゃないかとか思いました。