てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

漫画の短編とかはだしのゲンとか

漫画ネタですが、レビューに入れていいものか微妙な記事。

 若い人たちは漫画の「短編」を読んでないから、漫画家志望の人たちの持ち込み作品が連載を意識した第1話ばっかりだっていうのを見ましたが、新人賞とかの応募に、連載開始前に読者の反応を見る読み切りが大抵あるんで、持ち込みは普通一話完結なんじゃないですかね?読んだ編集の感想を聞くために持ち込みに行くわけだし。まさかいきなり採用・連載を期待して持ち込んでる人がいるんかいな???

 尾田栄一郎も若いころ持ち込みかどうか忘れたが、ダメ出し食らいまくってたって言ってたなぁ。で、その都度すぐ修正して仕上げてきたという逸話があるとか。短篇集といえば最近は藤田御大の短篇集(暁の歌)くらいかね?記憶に残ってるのは。小説と違って連載ありきだよね漫画は。

 というか、漫画の場合は小説と違って動く人物・キャラクターありきのものだから、魅力的な作品=魅力的なキャラクターってとこあるから、もったいないですからね。せっかくキャラ確立したのに連載終わらせるとか。そんなに魅力的なキャラをバカスカ産める天才先生は少ないですし、おすし。某るろうに剣心はそういうこともあって使いまわししていますしね。少年ジャンプの昔ヒットしたもののリバイバルはそういう面もあるでしょう。

 ※ワンピースで思い出しましたが、『ワンピース』作者・尾田栄一郎さん、入院中の病室にも原稿を持ち込んでいたと判明! 岸本斉史さんも感動!―ってのがありましたが、 こういうことは本人が亡くなった後の美談のような形にしないといけないんだけどね…。こういうことすれば会社も叩かれるし、他の漫画家に圧力になっちゃいますから、尾田さんあなたがやられると、他の下の漫画家達に変な圧力になってしまいますから絶対やめてください!と怒られないといけませんね。つうか暴露した岸本さんが怒られるべきですかね。

 そういやSQは結構短編の作品載せてなかったっけか?タイトルもう忘れたけど、人生に飽きた少年が誰でもいいからテキトーに人を殺して人生終わらせようってやつ凄い面白かったなぁ。リア充になってもその歪んだ考え持ってて、ラストにどんでん返し食らうってのが、小説の短編のようで見事でしたなぁ(万一これから読む人がいるかもしれないのでオチはふせておきます。センス感じたから連載したりしてないかな?)。

 そういえばはだしのゲンの話題、図書館戦争はようやく終わったのですかね?まあ、まだ叩かれてそれが撤回されているうちはなんとかなりそうですが、頻発していくとどこかで良識の城も落ちてしまいそうですね。蟻の一穴で崩壊するように…。守りばっかで攻められない現状が多すぎてもうね…。

 変な話ですが、図書館戦争・「焚書」の対象になるとかえって箔が付いて需要が伸びますよね。ヤクザのムショ入りかなにか?そのうち自分の本を禁書に指定してもらって売上伸ばそうというステマが起こりそうだなぁ。

 個人的にはだしのゲンに拙い内容があったかな?と思いましたが、どうも途中から共産党系の雑誌に連載していてそういう影響を受けたアレな記述があるみたいですね。だったら小学生とかが変な刷り込みを受けないように閉架しとけばいいだけですよね。変に閲覧制限なんかやるからこういうことになるわけです。アホですね。麻生さんが他に規制をかけるべき~云々珍発言するように、規制をかけて当然というセンスが既にアレです。

 まあ、どうでもいい話ですが、小学生時代原爆の本でグロい絵本があって、それを見てヒャー言うてるアホがいたので個人的にはああいうのにどうにかしてほしいという気持ちはありますね。ガキなんてあほだから見たくもない人に見せつけて遊ぶでしょ?そういうバカについてなんとかしてほしいと当時は思ってました。

 そういえばアクションでゴン太さんが戦国時代の漫画書いてますね。タイトル忘れましたが、劉邦くらいまでやるんかね?登場人物まんま蒼天連想するよな、あれ(笑)。ゴン太先生はモーニングで描いたやつ滑ったんかな?今後中国歴史モンばっかり書きそうな予感。