てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。基本長いので長文が無理な方はお気をつけを

【コードギアス解説・考察】 映画『復活のルルーシュ』の感想② 個人的な不満点と映画の評価・感想

【コードギアス解説・考察】 映画復活のルルーシュの感想① 復活否定派やおかしな感想への反論の続きです。前回書いたとおり、個人的に不満だったことを中心に書きたいと思います。個人的に不満・違和感を抱いたのは、①ルルーシュがギアスを使ったこと、コードとギアス関係の設定が後付で変わったこと。②シャーリーが生き返るという新しい設定が盛り込まれたのに、それについて何ら触れられなかったこと。この2点ですね。

コードギアス 復活のルルーシュ C.C. 完成品フィギュア

※文字が楽天、画像がアマゾンリンクです

目次

 

■不満を抱く理由、TV放送終了から時間が経ちすぎてハードルが上がってしまった

 コードギアスシリーズが続くことについて、強い不満を抱く人の意見を見ました。いわく、「もう、キレイに物語が完結したのに、制作側の都合で無理やり続きを作ろうとするな。余計な手を加えて下手に続編なんて作れば、せっかくの名作が台無しになる」と。
 たしかにそういう意見にある程度賛同するのですが、インタビューにもあったように、最初からシリーズ物を制作する。ガンダムが今でもずっと続いているように、コードギアスもずっと続けられるように、シリーズ化出来るものを作って欲しいと言われて作った。という前提条件があるので、シリーズとして続くことはもう、最初から決まっていたと(まあ、そういう事を考えても最終回がどうなるかという話は論ずるまでもないということですね)。
 売れたから、続編作ってまえ~という安易な発想で急遽続編が展開されたというわけではないのは確かですね。しかし、じゃあどうして、ここまで間が空いたのか?時間がかかったのか?と言われると、監督の谷口氏が続編映画を制作することを拒否していたのだそうです。次シリーズやるのならば、どうぞ次の監督さんがお好きに制作して下さいというようなスタンスだったのでしょう。また、ちゃんと本編でメッセージをすべて詰め込んだ。言いたいことは全て描いた。これ以上やると冗長になる。また後述するように映画という限られた枠で描ききるのは無理があるという要素もあるのでしょう。真相がどうであれ、いずれにせよ谷口監督が今回の『復活のルルーシュ』のような映画を作ることに反対だったので、ここまで時間が経ってしまったといったような話を見ました。
 自分が見た中で、ああたしかにそのとおりだなと思った新作映画への否定的な意見として「男女の恋仲、男女がハッピーエンドで結ばれるというありきたりの展開。いろんな愛の形による結末を描くような時代になったのに、凡庸中の凡庸的結末。これはいかがなものか?*1これが普通の映画・作品なら大して問題にもならなかっただろうが、名作コードギアスのラストである分がっかりした。また、TV放送終了から10年経って、ファンの期待が高まった分、この結末はいかにも肩透かし。ワクワクして待っていた分、がっかりした。もし、これが放送終了後3年程度での続編映画だったならば、特に何の問題にもならなかったと思う。長期間お預けを食らわせられた分、期待した反動でがっかりした。ファンにとっては残念な出来、内容だった」
 ―といったような感じの感想を見かけました。たしかにそのとおりだなと思いました。もし、さっさと新作映画として続編を作っていたとしたら、否定的な意見も目立つことはなかったのでは?と思いました。10年にも及ぶ長期間待たされた結果、ファンの中の期待のボルテージはいやがおうにも高まってしまった。そういう要素は確かにあるでしょうね。
 

■映画という限られた尺・時間の中での限界

 新作映画を制作して、続編・次シリーズにステップするために、このような続編映画を作ることに監督は反対していた。そういう話を聞いてさもありなんと思いました。2時間程度の枠で、コードギアスという作品に要求される項目をクリアした作品を作るのは難しすぎる。ギアスという能力モノの要素・ロボットバトル要素・恋愛要素・これまで築き上げた各キャラクターの人間模様&物語・後日談をたった2時間という枠に収めろと言われると相当難しい。尺的に無理がある。TVスペシャルで1時間や90分枠を数回、まあアニメの6話くらいの枠*2、下手したらワンクールくらい取らないと、余裕を持って満足行くクオリティで作品を作ることは難しい。
 客観的に見れば、可もなく不可もなくという評価になると思いますが、個人的に今回の映画の出来は、2時間ちょっとという枠を考えてあの内容、きっちり一本の映画として作品としてまとめられたという事実に目を向けると、監督の手腕を高く評価して然るべきものだと思います。あの内容を見て、きっとあれも語りたかった、これも描きたかったんだろうと思えました。いろいろ描きたかったこと、入れたかったエピソードがあっただろう。しかし舞台としてジルクスタン王国という舞台を設定して外枠を決めた以上、あれが限界だったのだろうなぁという気持ちになったので、文句をつけたり、マイナス評価をしたりするような気持ちには到底なれませんでしたね。本当に一つの映画作品の枠によく見事にまとめたなぁというのが個人的な感想でしたね。
 監督は「ルルーシュを描く」=ルルーシュの最後・結末を明確に描くということにこだわっていたように思えました。先に結論を言ってしまうと、コードギアス外伝としてスタートした初めてのシリーズ作である『亡国のアキト』がひどすぎたので、自分自身の手でルルーシュの結末をきっちり描いておこうという気になったのではないのか?と思えました。下手したら、続編というか続シリーズでルルーシュがおかしなことをする羽目になりかねない。おかしな描かれ方をする可能性だってある。だったら、そういう危険性をなくすために、明確にルルーシュのラストと次章での役割を明確化しておく必要がある。次章でのコードやギアスの展開・設定をある程度自分自身の手で描いて決めておきたい。
 ―どうもそういう懸念から、コードギアスルルーシュ編をきっちり完結させたというように思えました。『亡国のアキト』は本当にひどかった。どうしてアキトがつまらないのか、そういう理由を説明しているサイトがないか探している時に、要因として「ルルーシュがいなかったからつまらない。やっぱコードギアスは、ルルーシュが出ないとダメなんだよ」という意見を見かけましたけど、決してそうではないでしょう。そもそもコードギアスという作品・ストロングポイントを理解していないからこそ、ああいうわけのわからない続編・シリーズが作られてしまうのでしょうからね。長くなるので「どうして、亡国のアキトは失敗したのか」という話はまた別枠でいつか書きたいと思います。
 

■今後の続編、コードギアスシリーズは失敗する可能性が高い

 話を戻して、コードギアスシリーズが続くことについて反対する意見がありましたが、決して人気作品への便乗商法だったり、浅ましい思いつき。少年ジャンプみたいに作品の一貫性を無視した人気次第の延命連載&打ち切り商法ではないわけですね。しかし、個人的にはコードギアスシリーズが成功するかしないか?と言われると、成功よりも失敗する確率の方が高いと考えています。アキトというわけのわからない作品が作られてしまったことを考えると、サンライズ自体が、コードギアスという名作の要点・ポイントを理解していないフシがあるので、同じようなミスをまた繰り返した続編を作ったとしても、何の不思議もないですからね。
 谷口監督&大河内脚本というコンビだったからこそ成立した名作。その谷口監督が以後の作品を手がけない。インタビューでは、「谷口監督だったからこそ面白かった。谷口じゃなきゃダメだと言われないように」という話がありましたが、多分谷口監督の手を離れたコードギアスはクソ化すると覚悟しておいたほうが良いと思います。
 ルルーシュが出ないとダメではなく、谷口が手がけていないとダメ。これが一つのポイントになるのでしょう。次のシリーズをどの監督が手がけるか知りませんが、その監督がまず谷口の壁を超えられるかどうか。谷口より面白い作品を創り出せ!とまでは言いませんが、「谷口に及ばずとも、なかなか面白かったね」と言われるような合格点をクリアするかどうか。ウォール・マリア、ウォール・ローゼ、ウォール・シーナ、そしてウォール・谷口という最後の壁を乗り越えなられるかどうか。次の新シリーズではなによりもそのハードルをちゃんとクリアできるかという点がポイントになってくるのだと思います。新シリーズが2~3作続いて「谷口の壁」を超えられないのだとしたら、もうシリーズとしては死んだも同然になるでしょうからね。
 
 シリーズとして暗い未来が見える。だったら、もういっその事やらないほうが良いんじゃないの?という意見もあるわけですが、『復活のルルーシュ』でも回収されなかったポイントがあるので、続かないわけにはいかないんですよね。アキトで「青のギアス」や「時空の管理者」という重要な新概念が登場するものの、今回の作品でもそれらについてノータッチ。そして総集編で生き返ったシャーリーという、総集編最大の謎である「シャーリーの復活」についてもノータッチ。これは一体どうなのかなぁ…と思うところ。
 コードギアスシリーズとしてアキトも組み込まれている。①R2→②アキト→③総集編3部作→④復活―という段階を経て、謎が少しづつでも回収されていくどころか、復活で「Cの世界の崩壊」というまた新しい設定が明らかになる=謎が盛り込まれるということになってしまった。こういうのをなんと表現しましょうか、もやもやが残ったまま、次から次へと新しい話が展開してしまう。授業内容が理解できていないのに、授業がどんどん進んでしまって、新しい内容を教わる感覚ですかね?または金田一やコナンくんが、殺人事件を解決せず、次の事件・次の事件と展開して前のケースが放置されるという感覚ですかね。とにかくずっと引っ張られて、焦らされすぎて、観る側はすっきりしない。コナンくん出てきたので、コナンでいうといろんな殺人事件を解決しているのに、一向にメインストーリーである本筋の黒の組織の話が進まずにイライラするという感じでしょうか。さっさと黒の組織退治しろよ!「ワシじゃよ!新一」をさっさと捕まえろよ!という感覚でしょうか。
 全部が全部きっちり最後までやれとは言わないけれども、アキトでやった「青のギアス」やら「時空の管理者」という重要な概念は、ある程度は、説明しておけよという思いがどうしても拭えない。今回総集編を挟んで、シャーリーが死なない・生きて話が進むという新展開・謎が生まれたのに、それにも全く触れられないという展開で「エエッ!?」という感想が消えないんですよね。
 もし、シャーリーが総集編で生存していなければ今回の映画で、特に何の違和感も抱かなかった。ああ、やっぱりそういう結末になるんですねぇ~で何の違和感もなく終わるのですが、シャーリーが復活するという一大変化・一石を投じるどころか、巨岩を放り込むくらいのインパクトが生まれた。物語の大きな変化で新作映画にブレが生じてしまった。前々からルルーシュが復活する・コードを継承して生き返るという話は物語の端々で読み取れたし、散々いろんな考察サイトで語られてきたので、何らインパクトもなかったのですが、シャーリーが生存しているという一大変化で、話の軸がブレてしまった。今回の映画はルルーシュの復活というより、「シャーリーの復活」だったんですよね。個人的には。

■新作の見どころは復活のルルーシュではなく、復活のシャーリー

 今回の映画はルルーシュの復活よりも「何故シャーリーが復活したのか」という大事なポイントをちゃんとやってくれると思っていた。その疑問を解き明かしてくれると思って観に行った。謎がある程度解き明かされる、一から十までやってくれるとは言わずとも、半分か3分の1、せめて触りくらいはやってくれると思っていた。ところがシャーリーの生存についてはまるで触れられていない。完全なノータッチ。これで「???」という変な、妙に後味の悪い思いをすることになってしまった。
 次回の映画か、新作TVシリーズかわかりませんが、そこでシャーリーの生存について解説される。話が進んでいって謎が解き明かされるのだとしても、今回の復活でこの案件についてノータッチはひどすぎる。これでは、「総集編でシャーリー生き返らせる意味あったの?」と言われてしまう。総集編否定派の否定的な意見・マイナス評価を覆すことは出来ない。新作公開記念でアベマでやっていた放送を見ていたとき、否定的なコメントを散々見てきましたけど、「だから新作映画でシャーリーが活躍するんでしょ、重要な役割を果たすんでしょ」の一言ではねつけてきただけに、今回の扱いは少しショックでした。続編で、本当に「シャーリーの復活」が作品に活かされるのか!?
 シャーリーが死なない以上、現実が大きく書き換えられた以上、その生存には当然大きな意味が発生する。予想のところで書いたように、シャーリーの復活がより活かされないといけない。シャーリーがいることで、生きていることで、物語で必要不可欠な大きな役割を果たす。キーキャラクターとなって、八面六臂の大活躍をするからこそ、彼女が生き返った。そうでなかったら彼女を生き返らせる意味自体がない。生き返った彼女が、メインキャラとして重要な役割を果たさなかったら、「総集編でなんでわざわざ現実改変したの?なんで生き返らせたの?」と言われることになる。無駄・不必要なストーリー改変と言われる。テレビ版で名作として完成していたものが無駄に捻じ曲げられたということになってしまう。だからシャーリーが今後重要な役割を果たさないとは考えられないんですよね。
 他所様の考察サイトで、「C.Cがシャーリーにギアスを与えて、そのギアスの影響でルルーシュが生き返る」という考察を見ました。色々なシーンからシャーリーがルルーシュの死を事前に知っていたとか、個人的にはそれはどうかな?と思うところもありましたが、ルルーシュがシャーリーにギアスを与えるのではなく、C.Cがギアスを与えるという発想・視点はなかったので、なるほどそういう可能性もあるのかと感心しました。結果、普通にコードを継承して復活するわけですが、その考察をナンセンスだとか、大外れだなんてまるで思えませんでした。そりゃ誰だって、シャーリーが復活する。死亡から生存という大変化が起これば、彼女が何らかの重要な役割を果たすだろうと思いますもの。
 総集編3部作で大きな変更=謎をブチ込んでおきながら、その続編である新作映画でそれについて一切触れないとは、一体誰が思うでしょうか?いや思わない(反語)。
 

■総集編3部作が制作された理由

 そもそも、総集編いる?と思った人も多いのでしょうけどね。シリーズ化して今後も続編を作り続ける。そういうプランが制作側にある以上、どんなにこけても大体10年、4か5シリーズくらいはシリーズ作品を作り続ける。そうなると10年後、新規が「コードギアスシリーズって面白いじゃん、一番初めの作品ってどんな感じなの?」となって、源流であるはじめての作品に回帰する。ポロロッカ現象が起こる。ガンダムファンがファーストガンダムを気になって見てみようとするのと同じ構造ですね。
  新規ユーザーがルルーシュシリーズを見に来てくれる。興味を持ってチェックしたくなるとはいえ、テレビ放送版50話もめんどくさくて観ていられない。いくら前評判が高いとは言え、配信サイトで倍速で見たとしても、相当時間を取られる。50話もかったるくて見ていられない。また、何より大きなお友達は仕事が忙しくて中々アニメを見ることが出来ない。新作アニメを見ることで忙しくて過去の大作をチェックしている時間がないし、大抵の社会人・家庭人にはそもそもそんなに時間・余暇がないですからね。長時間の大作を見るということは、どんなに前評判が高くて面白いとしても、心理的ハードルが存在する。そういう長い作品を見ること自体を忌避するユーザーに向けて、とっつきやすい入り口として総集編を作る必要があった。総集編なら大体三分の一ですからね。それで面白いと思ってもらえるかどうかはさておき、「ああ、そういう世界観なのね」と大体のところを理解して貰う必要があった。そのための総集編なのでしょうね。
 そういう意味で総集編を今から作っておく必要があったという制作側のニーズ・都合は理解できるわけですね。そこで、シャーリーというキャラクターが本編では死んでいるということになれば 、つかみとしてなかなか面白いじゃないかとハマった人は、総集編と本編の違いを知るために、じっくり50話丸々見てくれる。コードギアス沼に沈めるための半魚人みたいな役割が総集編にあるというわけですね。
 そういう諸々の事情を推察しても、アキト・総集編・復活と続いて謎が放置された展開には疑問を呈せざるをえませんね。前述通り、ここまで謎を放置し続けると、「本当にその伏線回収できるのか」とか、「広げた風呂敷を畳めるのか」という話に通じるように、数多くのポイント・疑問点を上手く次作にきっちり活かせるのか?前述通り、時間が開けば開くほど期待値は高まってしまう。散々焦らして引っ張られた分、視聴者・読者のハードルはギュンギュン上がっていく。そのハードルを本当にクリアできる作品を作れるのか?視聴者は最低でもルルーシュシリーズと同じくらい、下手したらそれよりもさらに面白いものを要求するようになる。その期待値を上回る作品・名作を作れると本当に断言できるのか?このような懸念が拭えないわけですね。
 

■次シリーズ・新作でさっさと謎の回収をせよ

 そういうことを考えると、もっと短期間で復活を作っておくべきだった。思い切って復活→総集編の順番でも良かったのではないか?復活でシャーリーをいきなり出してしまって、「あれ?なんでシャーリー生きてるの!?」という展開にしてから、シャーリー出る出る商法で総集編でシャーリーがチラホラ出てきて、ネタを提供するという方式にしたほうが、復活のテーマがブレなかったと思うのですよね。
 復活の次に新シリーズが始まることは決定しているわけですから、さっさと新シリーズをやって、これ以上期待値ハードルを高くしないようにすべきでしょうね。予想のところで書くと長くなるから止めたんですが、シャーリーはキーキャラクターとしてどういう役割が自然に思えるかと言われると、ルルーシュに付き従う形がベストだと思います。「何度生まれ変わってもルルを好きになる」と言った最期に、ルルーシュが「もし生まれ変わったならシャーリーのために…」と言ったように、二人が一生寄り添うのが自然な流れ。
 ―となると、ルルーシュ・L.LがC.Cと一緒にギアス回収に動く上で教団のようなものを作る。これまでのギアス研究組織は嚮団というものでしたが、二人の組織は以前のような組織とは違って、ごく小規模のものとなる。基本的にはL.LとC.Cのツーマンセルなわけですが、やはり何名かの信頼できる部下がいないと、ギアス回収云々のミッションはこなせない。そこで実働部隊だったり、ルルーシュと現場のつなぎ役として大事な役目をシャーリーがこなす。ジェレミアが忠臣として働くことを考えると、アーニャもついてくる可能性が高いでしょうね。個人的に、シャーリーはルルーシュとC.Cの神官とか忠実な部下になるという役割があって、そういう形で活躍をすると思ってたんですよね。無論、それを描くと映画で尺をがっつり取られてしまうので、描くことは無理。それを示唆する何か、シーンをちょいちょい挟んでくれると思っていたんですが、そういう示唆すらなかった…。まあ、それが当たっている推測かどうなのかはさておき、次作で本当にちゃんとシャーリーの復活を活かしたものを作ってくれるのか!?高まったハードルを超えてくれるのか…。かなり心配なところですね。最悪なのが、ただ生き返っただけでおしまい。「時間の管理者」云々関係で生き返っただけという展開ですね。流石にそれはないと思うのですが…。

■設定変更への不満

 最後に、一番始めに触れたギアスとコードの設定を変えたことについての不満の話をして終わります。どうして今回Cの世界が壊れたことで、イレギュラーが発生してルルーシュがギアス能力を持ったまま復活したことについて不満なのか。それはそういう後付をやると何でもありだからですね。別にコナンくんのような推理モノではないので、読み手側がラストの展開をちゃんと推理したらちゃんと当てられるように作る必要性はないわけです。とはいっても、初期設定で条件付けられたものを、あとからホイホイ変えられると見ている側が予想する楽しみがなくなる。こういう能力・こういう制限があるなら、きっとこうなるだろうという枠組みがあって、それをきっちり守るから受け手側は爽快感を感じる。予想を裏切る展開があったときでも、無理くりな超展開でないからこそ「ああ、そう来たか~。今回はこういう展開になったのか~」と盛り上がることが出来る。
 まあ、ゲームのルールみたいなものですね。後付変更は裏技やバグみたいなものであって、基本的には許されざること。そんなことがゆるされるのならば何でもありじゃないか。そんなことがありなら全て作り手のさじ加減じゃないかとなって興ざめしてしまう。
 Cの世界が壊れた、それによってイレギュラーが発生したというのは、わからない話でもない。しかし、コードとギアスという関係というのはこれまできっちり条件づけされていたこの作品のメインの設定のうちの一つ。それをあとからいじるのは個人的にかなり気に入らない変更ポイント。ルルーシュがコードホルダーとして復活したからには、ルルーシュからギアス能力は失われていないといけない。そうなるからこれまでの世界観、コードの継承話というストーリー・物語性が維持される。コードホルダーでギアス能力者・ギアスユーザーといういいとこ取りは「なんだそりゃ?そんなこと言ったら、なんでもありやんけ!」と思えてしまう。別にルルーシュがギアス能力を喪失していても、今回の映画のような活躍は描けたはず。それが尺的に厳しくなるなら、前に書いたように新キャラがギアス能力を持っていて、そのギアスを有効活用する形にすればよかった。ルルーシュが司令塔で、ギアス持ちの新キャラをコマとして戦えばよかった。
 

■より作品を面白くしてくれる・盛り上げる設定変更ならばよし

 個人的に「なんでそんなふうにしたのかなぁ…」と思いつつも、「そんなのご都合主義だろ!変な設定改変するな!」という思いがありつつも、それを許容することは全然余裕でできます。設定改変があまりよろしくないことだとしても、それによって次の物語がこれまで以上により面白くなるというのなら一向に構わない。話を面白くしてくれるポイントになっていたというのなら、構わない。「Cの世界の崩壊」というのは、一応これまでのストーリーからいって、ああそういうことだったのねと納得できる話。であるならば、まあ十分許容できるライン。むしろそれを活かして面白い話を描いてくれれば、「なるほどね。だからこういうふうに設定を変えたのね。良い変更だった。流石!」と称賛するでしょう。なので、Cの世界の崩壊とルルーシュのギアス能力保持・コードホルダーがかつてのギアス能力を復活させて使用できるというこれまでとは違う2つの変更が物語をより面白くするポイントになるのなら、全然許容範囲内。
 いくらルールを守ろうが、作品としての一貫性を保持していようがなんだろうが、つまらなかったら意味がない。創作物とはエンターテイメント。面白いかどうかが作品の絶対的な基準。つまらなかったらそこに何の意味もない。たとえご都合主義だろうがなんだろうが、その変更が作品をより面白くしてくれるものなら大歓迎。論文なら学術性・正確性というものが問われますが、当然コードギアスはアニメ・エンタメであって論文ではないわけです。面白いかどうかが創作物の要点。
 ちょいちょい触れてきましたが、結局の所、今回の映画の評価というのは、次作で面白いものが作れるかどうかにかかっていると思います。新シリーズが、新作が、きちんと今回の謎ポイントを見事に描いて読み手に爽快感・驚き&感動を与えてくれるかどうか。ハードルを乗り越えた評価を与えるにふさわしい作品を新監督が作れるかどうか次第になると思っています。

■個人的な作品への評価

 ―ということを書けば、結局今作の評価は保留で、次作次第というオチになるかと思いますが、個人的な映画の評価は?と言われたら、そりゃ100点満点ですよね。多くの人が今作を見て「同窓会だった」と表現したように、ファンにとっては動いているルルーシュ達、その後が見れるだけで満足。ゼロレクイエムで皆が望んだ世界で、どういうふうに生きているのか、実際に生きて動いている画を見れるだけでそりゃ満足しちゃいますもの。沼に沈められて半魚人化した人間にしてみれば、久々に彼らに会えた喜びで謎の喜びの舞を踊って歌って、宴を開くってなもんです。
 疑問や不満があっても、映画という尺制限の中でしっかり一つの作品を作り上げてくれたこと。コードギアスというこの素晴らしい作品を世に送り出してくれた谷口監督に尊敬の念、敬意を表せざるをえませんので。谷口監督やこの作品に関わった大勢の制作スタッフ皆さんに、本当に有難うございましたという気持ちでいっぱいですね。このような素晴らしい作品を作ってくださった人たちにどうお礼を言えばわかりませんが、一連の駄文をもって感謝の意を捧げたいと思います。

アイキャッチ用画像

今、こんなコラボ?商品あるんですね。ルルーシュテディベア…そういうのもあるのか!ゼロマスクはついてないのかな?ギアスにハマったおじさん・おばさんが子供のプレゼント用に作ったのかな?確かに買ってあげたくなりますね。

*1:ちなみに個人的には、男女の恋愛関係で終わったとは捉えていません。無論、別にルルーシュとC.Cの二人に男女の恋愛関係があってはならないとか、そういう関係性が存在していないと言いたいわけではなくて、二人の絆はそれを含めたもっと大きな絆・関係性で包括されている。共犯者という枠組みがあるように、二人は特別な人間関係で結びついている・紐帯があると考えたほうが適切だと思います。長い時間、苦しい戦いを共に乗り越えてきた戦友に近しいものがあると。これを語ると長いし、いまいち自分で整理しきれていないのでこんなところで。

*2:6話って書いたけど、6話じゃ大して変わらないですね。1話=30分じゃなくて、24分位ですからね。3時間位の尺を取るなら8話か9話くらい必要ですね

【コードギアス解説・考察】 映画『復活のルルーシュ』の感想① 復活否定派やおかしな感想への反論

Noteで書こうと思ってアカウント作って色々やってたら、どうも新しく始めるため設定あれこれいじるのに時間がかかりそう。下手したらそれだけで2日位取られるんじゃないかな?という気がしてきたので、こちらで書いてしまいます。まあ、シリーズ的に解説・考察というタイトル入れてますけど、そんなに大した解説や考察するわけでもないですし、有料記事にするほどの内容でもないのでいいでしょう。とりあえず手短にまとめて、増補・追記したものをnoteで公開すればいいですし。

f:id:drkinokoru:20190418211630j:plain

目次

 

ルルーシュの復活(生存)についての否定的な意見について


 まず、ルルーシュの復活について否定的なコメントをチラホラ見かけたので、それについての疑問や反論を。既に書いたことですが、ルルーシュが生きていたとしても物語の整合性は崩れない。
 こちらで書いたことを今一度まとめます。ルルーシュが最後に自分の命を犠牲にして世界を救うことで物語が締まる。大団円になる。それなのにルルーシュが復活して、生きているという展開になると、その自己犠牲・「献身」性がなくなってしまって、ラストの感動がなくなってしまう。主人公・ヒーローが我が身を犠牲にして、世界を救うというところがカッコいいのに、その感動がなくなってしまう。
 また自らの罪の償い・贖罪という要素以外にも、ルルーシュの持論として「撃って良いのは撃たれる覚悟のあるやつだけだ!」というルールがあった。ルルーシュは戦いにおいてフェアな戦いを前提にしていた。劇中に散々出てくるブリタニア軍のキャラクターのように、自分が勝って当然という卑怯な精神性を持っていなかった(まあ、ギアスというチート能力を使ってはいましたが、それは「撃たれる覚悟のない者」「卑怯者」に対してなので)。ルルーシュの精神性の気高さ、矜持が「撃って良いのは撃たれる覚悟のあるやつだけだ」というメッセージの中に含まれていて、それが最後の最後で完璧な形で果たされたからカッコよかった。ところが、ルルーシュが生きているとなると、最終回でビシッと決まったルルのかっこよさが台無しになってしまう。「何だよ!生きてんのかよ!」となってしまって感動が薄れてしまう。ラストの感動の自己犠牲で上手く完結する話なのに台無しになってしまう。
 ―というのがまあ、復活否定派がルルーシュの生存について反発する理由となっている。大体こういう主張が根拠になっているものと思われますが、とうの昔から指摘されているように、ルルーシュの復活とは、実は「罰」であるわけですね。「救済」でもなんでもない。ルルーシュが生きていたとしても、それでルルーシュは幸せにもならないですし、いわんやハッピーエンドであるとは到底言えないわけです。ルルーシュの復活というのはコードを継承した結果、つまり「不老不死」になることを意味します。C.Cがその「死ねない」という呪いから逃れようと行動していたように、「不老不死」は実は「罰」になるんですね。C.Cがその呪い・呪縛故に苦しみ続けてきたことを考えれば一目瞭然。その「罰」の重み、今後の人生が辛いものであることは言うまでもないことであるので、ルルーシュが復活してもそこに何の違和感もないわけですね。
 ルルーシュが仮に生きていたとしても、そこには艱難辛苦の道が待っている。むしろ死んでいたほうが幸せだとすら言えるわけです。そんなルルーシュの境遇を考えれば、一個人の人間に対しても、物語のプロット・テーマ・メッセージ性から見ても「死んだほうがキレイに完結して良かったね」なんて言えるわけがないはずです。まあ、ルルーシュラブ派の人間が、「これ以上ルル様に苦しみを追わせたくない!死なせて安らかに眠らせてあげて!」とでも言うのならまだわからなくもないですが、それはそれで怖い考え方であると思います(^ ^;)。

 

 

ルルーシュは復活して更なる贖罪の道へ。更なる戦いを続ける

 当時の記事では、意図的な選択の結果かどうかは不明と書きましたが、今回の新作映画でそれがやはり意図せざる結果だということがはっきりしましたね。C.Cの口からハッキリとルルーシュは死ぬつもりだったということが明言されていました。当時から、確かめようがないので、おそらくそういう可能性もあるだろうくらいの感覚だったというふうに書いていましたが、やはりそうでしたね。ズバリ的中ですね。予備校なら試験問題予想的中と張り出しているところです(笑)。大事なのは今の世界を救うこと、その目的を達成することなので、あとは出たとこ勝負。もしそうなったらば、そのときはそんとき考えるとなるのは当然でしょうね。
 それはひとまずおいといて、ルルーシュは死ぬつもりだった。我が身を賭して世界を救うつもりだった。この説明でもう十分ですよね?ルルーシュはたとえ死ぬことになったとしても、それで世界が救われるというのならばそれでよかった。それが嘘偽りのないルルーシュの本心だった。
 そういうルルーシュの本心がわかった以上、やはり自己犠牲・献身というメッセージ性・物語の一貫性は崩れない。むしろその崇高な精神でハッピーエンド・大団円でした~(チャンチャン♪)で幕を閉じずに、復活をして更なる道を歩むのですから、何をか言わんや。死ぬより更に苦しい道を行く。また世界を救おうとする新しい道を歩んでいくというラストになったのですから、「はぁ~、かっけぇえ」となって、いやあさすがルルーシュ!俺達のルルーシュ!さすルル!という感想になるはずなんですが、どうもそういう事がわからない人が一定数いたように見受けられました。
 まあ、ツイッターで復活の検索をかけてチラホラ感想を見たくらいなんですが、俺の知ってるルルーシュじゃない!とか、私の知ってるルルーシュ&C.Cじゃない!とか、キャラクターの声がイメージが違うとネット上で脅迫するような、???という意見がチラホラありまして、うーん…となりました。かなりもにょりましたね。*1


ルルーシュが覚悟あるものにギアスを与えるのは当たり前

 話の展開上、いきなりラストシーンの話からになりますが、ルルーシュがC.Cにワイは今日からL.Lになるんや!とプロポーズをしたあと、ラストで森に潜んでいる、棲んでいるのかなと思わせるシーンでギアスを奪う・回収する&覚悟があるのならギアスを与えようという語りで終わりました。これについても「なんでギアスを与えるんだ!不幸の源なのに!おかしいだろ!!」という変な意見を目にしました。
 あのですね、
ここで、既に論じましたけど、ルルーシュは「仮面もギアスも、そういった人々の努力の現れなんだ」と言っているわけです。仮面も、ギアスも悲劇をもたらすかもしれない。しかし人間である以上、仮面というものから逃れられないように、ギアスという悪魔の力も同じように乗り越えることが出来る。現にダモクレスに乗り込む前のC.Cとの対話でC.Cから「私のことを恨んでないのか?ギアスのせいでお前の運命は大きく替わってしまった」という問いかけをされて、「お前がいたから歩きだすことが出来た、お前がいたからここまで来れたんだ。」―って、ハッキリ作中で言っているじゃないですか。行動の結果は全て自分の責任だって。ギアスというのは悲劇をもたらすけれども、それを使いこなす・悲劇すら乗り越えることが出来るって明言しているじゃないですか。使いこなして悲劇を乗り越える云々はダイレクトに言ってはいませんが、ルルーシュの最期・行動の結果を見れば、そういうメッセージだとわかるじゃないですか。今まで一体何を見てきたんだ、オマエラは!って、喝ッ!と叱り飛ばしてやりたい気分になりましたね…。本当、何を言ってるんだ…。今まで一体作品のどこをどう見てきたらそんな感想になるのだ…と心底呆れ返りましたね。
 今一度、ラストシーンのルルーシュのセリフの意味合いを解釈するとしたら、そんな事する必要もないほど自明のことなんですけども、今回のジルクスタンとの戦いでわかったように、ギアス能力者はまだまだ世界中にたくさんいる。ギアスの欠片はばらまかれている。それを回収しないといけない。ほっとけば、今回のシャムナが時間を巻き戻して世界を作り直そうとしたような人間だって出てきかねないわけですね。シャムナケースの再現、下手すればもっと悪い事を起こす人間が出てくる可能性もある。つまり人類や世界が滅ぶようなリスクがまだまだある。そういうことを防ぐために、ルルーシュとC.Cは旅立った。今後も人類や世界のために、ルルーシュとC.Cは戦い続ける。人知れず大事な戦いに挑む、皆のために行動し続けるわけです。ですからR2での最終回の感動も消えてなくなってしまうことはないわけです。
 ―という展開になったわけですから、そういう旅路で、かつてルルーシュ本人がそうだったように、戦いのさなかで力を求めて足掻いている人間に出会ったら、ギアスを与えるに決まっているじゃないですか(もちろんその覚悟がある人間、ルルーシュのお眼鏡にかなった人間・条件を満たした人間に限られますが)。かつてC.Cがそうしたように、今度はルルーシュがかつての自分のような存在にギアスを授ける。世界を変えたいと願うものの、何も出来ない。力がなくてどうしようもないと苦しんでいる人間に、ギアスを授けるのは当たり前じゃないですか。至極当然なラストで話が終わったのに、「なんでコードホルダーとなったルルーシュがギアスを他人に与えるんだ!」という感想になるんでしょうかねぇ…。さっぱり理解できない感想ですね。


■戦いはずっと続いていく

 事前予想・雑感では、劇中でコードホルダーとなったルルーシュが誰かにギアスを授けるんじゃないか?という予想をしていました。それでギアス能力を手に入れたキャラが、次のコードギアスシリーズの主人公だったり、キーキャラクターになるという予想をしていましたが、それをラストシーンのセリフで匂わせるだけという形で終わるという展開になりましたね。今回の作中で次作へとつながる伏線やヒキはなされませんでしたね。
 nextコードギアスシリーズの紹介、そのためにチラホラ新世界観だったり、新キャラだったりキーアイテムや概念が出てくる、ちょいちょいうま~くさしこまれて表現されて次の新コードギアスシリーズの種が蒔かれるものと思っていましたが、そういうものはありませんでした。しかし「復活」するということは、コードホルダーとなってC.Cと共に人生を歩むというオチ以外考えにくいですから、コードギアスシリーズが続く限り、ルルーシュがギアスを授けるという展開になることは当然も当然。当然すぎることであって、予想の範疇ですよね?C.Cが果たしたような役割を今後ルルーシュが担っていくんだろうなぁと想像するのは難しくないはずなのですが…。まさか、世界に平和が訪れました(チャンチャン♬)。おしまい、めでたしめでたし。「いや~治世、治世」で、平和な世の中のまま話がずっと進んでいくとでも思っているんでしょうか?人生というのはある種戦い、ずっと戦いが続いていく・挑戦が続いていくということは、テーマをみるまでもなく至極当然、当たり前の話でしょう。完璧な世界・理想的な世界、平和なんてのはありえない。
 今回ジルクスタン王国という平和になったがゆえに、軍事国家であった国家体制・経済が成り立たなくなって、反旗を翻したというのは一つの例えでもあって、どこかが満たされればどこかが不満を抱く。あるいはダメになるというのは至極当然。大きな問題が解決されたら、今度はまた別の大きな問題が出てくるなんて言うのは政治的に当たり前。テクノロジーの進歩だったり、情勢の変化で、これまで理想的に上手くいっていたものが、真逆の最悪なシステムになるなんていうのは歴史を見れば言わずもがな。人や世界が「進歩」を求めて、「明日」を求めて変化をし続ける限り、「戦い」は終わるわけがないんですから。「戦い」がなければ平和じゃん?素敵な世の中になるじゃん?なんていう発想は、シャルルやシュナイゼルの世界の発想になるわけですからね。
 まあ、そんな余計な話を置いといても、ルルーシュが契約通りC.Cの苦しみを解き放って、新しい道を歩んでいくラストに何の違和感もありませんでした。「ああ、やっぱりそうなるんだな」という予定調和、予想の範疇のラストであり、「うんうん。まあそうなるよね」という感想で、なんでそれに違和感を抱いたり、ケチを付けたりするのかまるで理解できませんでしたね。
 いつの世も、わからないアホほど大声でいちゃもん、ケチつけて騒ぎますよね。クレーマー精神といいますかなんといいますか、SNS時代になって、そういう痛い人が騒ぎ出して暴れるので、本当嫌になりますね。コンビニのエロ本なんかよりよっぽど目の毒なので区別・管理して、撤去して頂きたいです。


■復活したのはC.Cが望んだルルーシュであり、これまでのルルーシュではない!?

 私の、俺の知ってるルルーシュじゃない!C.Cじゃない!という意見の極めつけが、復活したルルーシュはこれまでのルルーシュではなく、C.CがCの世界で自分の望んだルルーシュを再生したという説ですね。これはルルーシュも、C.Cも状況・立場が変わったということを理解していないから、こういうトンチンカンなことを言い出すのでしょうね。インタビュー記事で語られていましたが、ルルーシュはもう反逆しない。反逆の結果、勝利を収めた。皇帝ルルーシュとなって目的を達成した以上、最早反逆する必要性はどこにもない。インタビューだと、「万年野党じゃないんですから」という一言に集約されていましたね(笑)。勝った今、目的を達成した今、ルルーシュに反逆する必要性はどこにもないわけです。ルルーシュの目的は反逆すること自体にあるわけがないのですから、当然ですよね。「反逆のルルーシュ」という物語、キャラクター性が復活後に失われるのは当たり前。
 ナナリーと生きる道も遺されていたのに、それを選ばなかった。そこには、「あれ?それで良いんだ」というような思いはちらっとありましたが、ちゃんとルルーシュの想いが反映された結果なんですね。インタビューでは「ルルーシュはもう、自分がいなくなることを覚悟している。生徒会のメンバーとも、ナナリーとも、別れる覚悟をしていた。ナナリーが自分の力で一人の人間として立派に歩んでいくことを望んでいた。」と解説されていましたが、ルルーシュの心情・真意はそこにあったわけですね。一生、ナナリーとキャッキャウフフしたいわけではなくて、彼女が自分自身で望む人生を歩めること、ナナリーの自立こそがルルーシュの願いだったわけですね。だからこそ歪な形であれど、スザクがナナリーを守って総督として立派にやっていこうとしたときに、ルルーシュはゼロを辞めようと一時は決意した、リフレインに逃げようとしたわけですから。

■C.Cのキャラの変化は人間性を取り戻した結果

 C.Cが、そんなの私の知ってるルルーシュじゃない!とキレて銃口を突きつけるシーンがありましたが、「あれ?C.Cってそんな感情の起伏が激しいキャラだっけ?キレキャラだっけ?」と違和感を抱く人は多かったはずです。しかし、作中で解説されていたように、大体一年間くらい、ルルーシュの復活を願って世界中の遺跡をさまよってきたC.Cの心情を考えればわかるはずですね。雨の日も風の日も、どんなときでもルルーシュの復活を願って頑張ってきた、ママC.Cとして一心不乱に面倒を見てきたC.Cの中のルルーシュは、相当ハードルが上がっていたはずです。ちょうど『魔法陣グルグル』のククリが勇者ニケを美化して、理想の勇者像を描いて、オリジナルとかけ離れたニケを慕っていたように、C.Cも自分の中でメチャクチャカッコイイルルーシュを思い描いていたわけですね。ルルーシュなら、何でもかんでも見事にやってくれる。ドラえもんが道具を出してくれるように、仙道ならそれでもきっとなんとかしてくれるように、ルルーシュならどやぁ?とキメ顔で、ものの見事にどんな問題でも解決してくれるとC.Cは胸をワクワクさせて、眺めていた。さながらヒーローショーでヒーローがかっこよく、鮮やかにババ~ンと敵を倒すと想像していた子供が、その期待を裏切られたようなもの。だから、C.Cはキレたわけですよね。
 本来、C.Cはそんなキャラではなかった。しかし物語の終盤でルルーシュとの距離を縮めていったことからわかるように、ルルーシュが最後は自分を笑わせてくれると約束をしてくれた。その約束を信じて必死に一人で頑張ってきたわけです。これまでの後ろ向きな「死にたい」という願いとは違って、前向きな「愛されたい」「一緒に笑いたい」という願いで動いていた。その希望を裏切るような態度にイラッとしたわけですね。あれを見て、「ああ、C.Cって本来はああいうキャラ・人間なんだねぇ」としみじみ感じ入るはずですよね。普通は。
 これまで人間性を捨て、名前も捨ててC.Cという仮面をかぶって生きてきた。コードホルダーとなった時に、C.Cの本来の人間性は死んだわけですよね。そのC.Cが、本名セラ説があるので、仮にセラだとすると、「人間セラ」に戻ったわけなんですよね。ただの人間、一人の人間が、ルルーシュを探し求めてさまよい続けてきた。その結果、ようやく巡り会えた大切な愛しい人間に、自分の感情を人間としての感情を吐き出した。一年間ず~っとためにためていた想いがあった。ルルーシュの前で、本当の自分、人間だったときの自分になって、等身大の人間セラとしての感情を爆発させたわけですよね。
 そういう背景に思いを巡らせると、すっごい良いシーンですよね。これまで仮面をかぶってきたC.Cが仮面を外して本心を吐露するというすっごい良いシーンじゃないですか。なんでそういう感想になるのか全くわからない反応でしたねぇ。Cの世界でC.Cの記憶を見た時に、「ハイハイ、もらった贈り物は全て返しました。しょうがないじゃない、ギアスの力なんだから」みたいなシーンが有りましたが、本来結構身勝手なクソガキみたいなところがあるはずなんですよね。勝手にルルーシュの金でピザを頼んで食べてしまうという意味でのわがままはありましたが、「私の思い通りにちゃんと動いてよ!」「私の云いたいことを言う前にちゃんとわかってよ!」みたいな、めんどくさい彼女のようなことは今まで言わなかった。そこにC.Cのこれまでの違い、変化が見ることが出来て面白いシーンのはずなんですけどねぇ。

 

■スザクやシャーリー、最愛の妹ナナリーと何故暮らさないのか?

 ちょうどユフィがコーネリアと一生会えなくなるわけじゃないしと言ったように、ルルーシュも別にナナリーやスザクやシャーリーと一生会えないわけじゃありませんからね。盆と正月くらいには帰省して顔をみせるでしょうし(笑)。人ならざる存在となった、コードホルダーL.Lとなったルルーシュが、ナナリーと一緒に暮らすのはそもそも難しい。悪逆皇帝ルルーシュとして世界中の誰もが知っている、面が割れているわけで、顔を変えて名前も変えて生きる必要がある。ルルーシュだけなら、咲世子さん直伝の変装術でなんとか顔を変えてモブに紛れて一緒に生活出来ても、スザクがいる。スザクも死んだことになっている人間。そんな人間が2人もいるのはリスクが跳ね上がりますからね。何より「君がゼロをやるべきだ」とスザクに言われて、ルルーシュが「俺が復活したのはイレギュラーだ。明日にはどうなってるかわからない」と言っていたように、不安定な状態。この明日どうなるかわからない不安定な状態を解消しなくてはいけない。そして何より前述通り、それに加えてギアスの欠片の回収事業があるわけですから、世界を回るスターダストクルセイダースが優先されるのは至極当然ですね。*2
 そういうことを考えても、特におかしなラストであるとは思いませんでした。まあ、なにより、昔にルルーシュが復活するだろうという話を書いた時に述べたように、C.Cとの契約を果たすというのが物語のラストとして一番自然ですからね。一番つらい思いをしてきたのは、誰よりも苦しんできたのはC.Cなわけですから、C.C救済エンドが至極当然、自然な最後でしょう。
 ※追記:最後のC.Cの涙について、それに最後のC.Cの涙のシーンが象徴的なんですが、それでもルルーシュはスザクやシャーリーと一緒の時間を歩むことを選ぶ可能性もあったわけですよね。C.Cからしたらあと数十年か、50年。下手したら100年位になるかもしれませんが、それくらい時間がかかったとしても待つつもりだったんでしょうね。一応不老不死なので、100年待つことになったとしても全然構わないわけです。最後に自分の元に帰ってきてくれさえすればそれでいい。
 Cの世界が壊れて不老不死が危うくなったとは言え、死なない限りまだまだコード保持者として永遠に生きるはずですからね。忠犬ハチ公・オレンジ公として、待つことを厭わないはずです。これまでずっと一人で絶望と孤独でいたことを考えれば、希望がある分待つことに何の苦痛もない。ルルーシュをおいて旅立とうとしていたように見えますが、ルルーシュが人としての未練を残さないように、人生を全うするまで待ってようと距離をおいたという見方もできるんですよね。C.Cの置き去りは。
 ルルーシュが人生を全うしたあとでまた迎えに行くという選択肢もあるわけです。そうなってから二人で一緒に歩むという選択肢・展開もありえた。ある種、ルルーシュが変に現世の未来を残さないようにしたという、C.Cなりの優しさなのでしょう。しかしルルーシュはそれを選ばずに、C.Cと世界の未来のために、人としての未練を全て置いてきて、名前=これまでの人生を捨てて、C.Cと旅立つことにした。C.Cを、自分を選んでくれた。これからもずっと自分についてきてくれる。一緒の道と時間を歩んでくれる。そんなルルーシュの意志表示がL.Lという名前に込められていた。それに対する涙なんでしょうね、ラストのC.Cの涙というのは。

■the Re;surrectionのRe;の話

 最後におまけとしてRe;の話を。前回、「繰り返し構造」が否定される。でもタイトルに「Re;」が入っている。そんなことは知りません(笑)と書きましたが、R2の25話・最終話「Re;」の続きということ以外に、C.Cとルルーシュの出会いや運命的なメッセージがあるんでしょうね。映画を見てもこれまでの構造の「繰り返し」のようなものは見られなかった(シャムナの「やり直し」は何回もありましたけど)。
 ですが、たった一つ「繰り返し」のシーン・構造がありましたね。C.Cが探し求めていたルルーシュと出会い、ルルーシュを守って死ぬ。C.Cがギアス能力を授けて、そのギアスでルルーシュが敵を始末する―このパターン・展開だけは、見事に繰り返されましたね。ちょうど、大阪桐蔭高校、何年連続何回目の甲子園出場のように、3期連続三回目のCL運命の出会いですね。CL学園高校春夏連覇です。三回だから春夏秋完全制覇ですね。サッカーだったらCL三年連続制覇ですね。
 巷では、C.Cルート、C.C正妻ENDとして語られていると思うのですが、個人的にはルルーシュとC.Cは男女の恋愛関係のような絆で結ばれて終わりというふうには考えてはいません。ま、そこら辺話すとまた長くなるのでまた次回かいずれということで。
 今回は自分が目にした違和感ある感想・変な意見に対するコメントで終わりましたので、次回は個人的な違和感というか、うーんどうなんだろうなぁ?と感じた話をしたいと思います。正直どうなんだろうなぁ?と感じた要素がいくつかあったので、その話をしてみたいと思います。終わり。

*1:ルルーシュの復活に拒否反応を抱くのは、なんなんでしょうかね?あの扇死ね理論のように、美人の奥さんもらったら幸せ的な価値観が根強いのでしょうかね?C.Cという嫁を手に入れた!めんこい嫁を伴侶にしたルルーシュが不幸なわけない!絶許!的な感覚で論じているから、ルルーシュがさらなる戦い・辛い道、不幸な道を歩んでいるということが理解できないのでしょうか?この辺の心理を掘り下げると、まだまだ話が長くなるので飛ばします

*2:※余談: そう言えば、初代ゼロと二代目ゼロなんですよね。ルルとスザクは。二人が一緒にいたらどっちがゼロなんだよ、キャラかぶってんだよ!と漫才やれそうですね。「初代ゼロでーす」「二代目ゼロでーす」「二人合わせて0.0(ゼロ2)でーす。O.Oじゃありませんよ~。それはOPのほうですからね~」がツカミですね。ザ・たっちみたいにどっちだ?ができれば、二人いても良いんでしょうけどね。まあそういうわけにもいかないですからね。ポプ子とピピ美としてならバレないかもしれませんけどね(笑) 。
 ゼロというシステムは世界が平和になった今必要ないとも言えるのですが、新シリーズでは当然また混乱・混沌状態になるでしょうから、そこで三代目ゼロが出てくる形になるんでしょうかね?スザクの子供が三代目ゼロになるとか?まあ家庭を築いて人並みの幸せを手に入れることはもうないという話なので考えにくいかな。親父がゲンブで子供がスザクなら、枢木セイリュウやビャッコが出てきそうな気もしますが、既に一族でそういうネーミングされたキャラが既出なら、まあないんでしょうけどね。いろんなシリーズあるからひょっとしたら既にでてるかもしれないのでなんとも言えないですね。
 ルルーシュとスザクの二人のゼロの想いを引き継いだ新キャラが三代目やるってのが良い展開になりそうですね。一族の希望の星として育てられたセイリュウがゼロになろうとするのを、二人の遺志を継いだビャッコが自分こそがゼロになる!とゼロの地位を争うとか、そういう展開とかだったら面白そう。まあ、スザクとルルーシュの遺志を引き継いだ子供とか出てきたら、腐女子の格好の妄想の種になりそうですが(笑)。こんなの二人の愛の結晶やんけ!とか騒がれそうです(笑)。

【コードギアス解説・考察】 Re; 「繰り返し構造」の解説補足②

―の続きです。前回は作中で語られた「昨日の世界」「今日の世界」「明日の世界」についての解説をしました。初めに語ったように、コードギアスという物語・作品では「繰り返し」(繰り返す)ということが非常に大事なテーマとなっています。前回は、そういう話をしたわけですが、では、なぜ「繰り返し」が大事なのか?ルルーシュがゼロ・レクイエムでもたらした「明日の世界」とどう関わってくるのか、そんな説明・解説をここでしてみたいと思います。
 前回述べた通り、シャルルの「昨日の世界」とシュナイゼルの「今日の世界」では変化がなくなります(シュナイゼルの「今日の世界」では多少はあるんでしょうけどね)。日常の「繰り返し」による積み重ねが否定されます。しかしルルーシュの「明日の世界」では、それがこれまで通り続く。人が「繰り返す」ことで、自助努力によって、未来を切り開いていく世界なんですね(まあ、いちいち解説するまでもなく、普通に見ていればわかる当たり前の話なんですけどね。わざわざこんなにダラダラ書いて解説する意味あるのかってレベルになるんですけども)。
 前二者の世界では、変化・努力・「繰り返し」は否定されます。押し付けられた理想の下で、人々は選択の余地なく・否応なくその世界で生きていくわけですからね。しかし何度も解説したように、ルルーシュの世界・「明日の世界」ではそうではない。これまでどおり人々の自由意志による選択の世界、「繰り返し」の世界になります。―とまあ、だいたいそんなことを前回書いたわけですが、今回はその「繰り返し」構造・「繰り返す」ということの意味を更に掘り下げて解説していきたいと思います。

 

[目次]

 

■変化なき平凡な毎日の積み重ねの上に明日はある

 「繰り返し」の果てに明日がある。一日一日、同じ毎日の「繰り返し」の果てに明日があるわけですね。平凡な、時に退屈とも思える毎日の繰り返しの果てに未来がある。何の変哲も無い凡庸とも思える一日の積み重ねの果てに成功・成果はある。一日、一時間、一瞬を大事にすることで成果、未来はある。まあ特に強調して言うほどのことでもない、当たり前すぎるほど当たり前のことですね。
 同じ単調な毎日を繰り返すことに人生はあるーと、以前どこかで書いたがするのですが、ちょっとどこで書いたかわからなくなったので、今一度改めて書いておきました。
 そして、当然毎日同じことをただ繰り返すだけではなく、そこには変化が含まれるわけです。エヴァンゲリオンなんかでもホメオシスタスとトランジスタシスという話がありましたね。維持しようとする力と、変化しようとする矛盾した力が同時に働くというように、人は同じ毎日を維持しながらも、より良いものに変えるために自分にとって新しく好ましい何かを取り入れようとする。もしくは好ましくないもの、悪いものをなくそうとしようとするわけですね。そうやって人は違うもの・変化を求めて生きていくわけです。
 生きていく上で同じ毎日を繰り返すとしても、少しづつ変化がある。幼稚園から小学校、中学校・高校・大学へと進学していくにつれて、似たような生活を繰り返すとしても少しづつ変化していく。就職して仕事をするようになり、会社に勤めるようになって大きく変わるとしても、根本的な部分は変わらない。学友が仕事仲間・同僚に変わったり、付き合う友人が変化したとしても、友人と遊ぶこと自体に変化はない。共通の趣味を持つ人と交流する・サークルで遊ぶこと、地域の人々と関わって交わること、恋人と遊ぶことなどといったサイクル自体に変化はないわけですね。学友との勉学というものが、同僚と仕事というものに変わるだけで、大まかなサイクルに変化はない。結婚して子供を産んで新しい家庭を築くということになると、親になって子供と共に生活するようになると、そこに大きな変化が生まれますが、そこからはまた新しい環境下での同じ毎日の積み重ねになります(もちろん一般論であって、この形態から離れたパターンをたどる人生もいくらでもあるでしょう)。
 一見、何の変化もない単調な毎日、退屈な毎日の中で、自分のなすべきことを積み重ねたものにこそ明日がある。アスリートなんか典型的、わかりやすい事例ですね。毎日の鍛錬・練習で少しづつ身体を強くしたり、技術を覚えていき、ある日花開き一流選手の仲間入りをする。元から才能があろうがなかろうが、花開くまでに長い時間かけた積み重ねがそこにはある。そしてその努力が大舞台、オリンピックやプロスポーツの最大規模の大会での勝利・優勝という形で結実する。アスリートなどは誰から見てもわかりやすい称賛の場・舞台がありますが、一般の人にはあまりそういうハレの舞台というものがありません。
 だからといって、自分は凡人だから、そんな大舞台もないから、何もしないなんていうのは論外なわけですね。どんなことであれ、毎日の努力・鍛錬なくして結実することはない。実を結び、花開くことはない。成功や幸せのために毎日を大事にするというのは当たり前すぎるほど当たり前のことですね。鴨川会長的に言うと、「努力したものが成功するとは限らない。しかし成功したものは皆すべからく努力している」というやつです。
 

■人生における繰り返しは毎回同じ、教訓が生かされるとは限らない

 1期をR2で「繰り返した」というのは、その積み重ね・努力の結実というものを表現したからと見るべきなんでしょうね。人生という長いスパンを考えれば分かる通り、人間は毎回毎回成功するわけではない。一度失敗して学習して成功することもあれば、その反省から対策を練って挑んでも、違う要因からまた失敗することもある。またこれまで上手くいっていたのに、今度はダメになってしまうということもある。だからこそ以前解説したとおり、以前はダメでも上手くいったパターンもあれば、逆に今度は上手くいっていたことがダメになったパターンもある。プラスの「繰り返し」だけでなく、マイナス・失敗した「繰り返し」の事例が見られるわけですね。
 この「繰り返し」構造を理解した上で見ると、ルルーシュやスザクが、何度も何度も試行錯誤を繰り返して、失敗を乗り越え犠牲を払いながらも、努力の結果好ましい成果・答えにたどり着いたということがわかりますよね。
 そして作品のポイントになるのが、全く同じ形で繰り返さなかったこと。何度も「繰り返し」失敗や苦難を乗り越えるということを言いたいのであれば、本当に1から10までなぞらえる話にすればいい。ところが実際はそうならなかった。なぜ、そうしなかったのか?全てなぞらえなかったのか?
 

■「繰り返し」構造の外にあったオレンジ・ジェレミア卿は、コードギアスという作品のテーマの体現者(インカネーション)

 この疑問を理解するのに最も適した事例がジェレミア卿こと、オレンジ卿ですね。なぞらえる形だったら、彼はクソ雑魚ナメクジ、噛ませキャラとして瞬殺・フルボッコにされて、さらなる改造を施されて心中or水没というパターンを辿るはずなのです。創り手側がそのようにしなかったこと、そのママ同じ形でいじられ&笑われキャラとして描かなかったことに当然意味があるわけです。
f:id:drkinokoru:20190205161423p:plain
f:id:drkinokoru:20190205161444p:plain
f:id:drkinokoru:20190205162218p:plain
f:id:drkinokoru:20190205161517p:plain
( 1期ではオレンジ畑を耕せと言われたり、紅蓮の輻射波動を受けて瀕死になって使えないやつ扱いされた挙げ句、人体実験で改造人間にされてオシマイでしたね。「おはようございました」とか「後ろをバック!」とかの名言を吐く完璧なネタキャラでした)

 1期の「繰り返し」路線にあてはめていたら、ネタキャラとして顔芸の一つでも披露してあっさりやられるとなるはず。しかし実際は、ご存知の通りルルーシュの忠臣としてずっとルルーシュに付き従い、目覚ましい戦果・功績を上げるわけですね。最終的には最後の戦いで、ラウンズの中で最強のナイトメアと言われるモルドレッド(ハドロン砲などの火力と装甲の硬さが突出しているだけで最強ではなかったかな?)と戦い、見事勝利を収めるという大活躍を見せるわけですね。
f:id:drkinokoru:20190205162552p:plain
f:id:drkinokoru:20190205162625p:plain
f:id:drkinokoru:20190205162654p:plain
(爆発するジークフリートの中に小型のサザーランドを仕込んでおき*1、自爆戦術で勝利を収めるという劇的な勝利に大興奮しましたね。オレンジ好きすぎて無駄に画像貼りまくってますがご容赦を(笑) (_ _) ) 
 ダメ人間(実際はちゃんとした実力者でしたが)から、忠義の士・英雄へと劇的に作中の中で評価を高めたオレンジことジェレミア・ゴットバルト。「繰り返し」構造から外れて、見事なまでに成長・進化し、成功を収めた。望むべき結果を手に入れた。「負の繰り返し構造」から脱して、「正の繰り返し構造」・望むべきルートにたどり着いたわけですね。これがポイントの一つ、彼もスザクやルルーシュと同じように、どんなに辛くてもバカにされ笑われても努力の結果、這い上がって望むべき道を切り開いた。望む世界を、未来を手に入れたのですね。同じ日常を繰り返しながら、努力の果てに積み重ねた変化の上に結果を出す。オレンジというキャラクターこそコードギアスのテーマを体現・インカネーション(化身・受肉)した人物と言えましょう。

 

主義主張は立脚点によって容易に変化するもの

 見事な戦いっぷりと忠義心から忘れられがちですが、彼は純血派というレイシストであり、日本人を人間とみなさず(みなした上でかもしれませんが)、人狩りに興じる人間のクズ。汚物は消毒だぁーとヒャッハーする手合いと同じ、典型的なクソ野郎だったわけですね。スザクをクロヴィス殺害の実行犯に仕立て上げて、疑似クーデターで実権を掌握しようとしていたり、クロヴィスの葬儀を取り仕切ることでさらなる出世をしようとしたり、家柄・貴族であることを鼻にかける嫌なやつだった。だからこそカレンにオレンジレンジされるシーンで視聴者がプークスクス&ざまぁと溜飲を下げる事ができたわけで。そういった元々クズ人間だったという要素を見落としてしまうとわからなくなってしまうんですよね、創り手のメッセージが。
 ブリタニアの皇族を守るという彼の主義主張と関係なかった頃は、ただのクソ野郎に過ぎなかったのが、ルルーシュが皇族だとわかると手のひらをころっと返した。皇族に仇なすゼロを執拗に付け狙う狂人が、忠犬オレンジ公として一心不乱に忠義を尽くし、戦場で輝き続けた。スザクに次いで頼りになる欠かせない存在にまでなった。ゼロ・レクイエムに最後の最後まで付き従った唯一人の人間ですからね。
 しかし、日本人・イレヴン視点から見てみると*2、最後まで「オレンジ野郎!オレンジ畑でも耕してろ!」と憎まれ、蔑まれる存在であったことを見落としてしまうとわからなくなってしまう。立場や状況が変わったからこそ、最高の頼りになる忠臣として評価を高めましたが、逆の立場だったら味方の時は全く使えなかったくせに裏切って敵になった途端、無茶苦茶強くなるという最悪の人間。RPGの小ボス・中ボスで出てきたキャラが味方になると途端に弱くなるやつかな?と思わせる感じの人間ですからね。
 なぞらえるのが基本構造でありながら、このように敵の底辺から味方の頂点にまで上り詰めるという全く異なる展開を見せるものも当然あったわけですね。敵だったものが味方に、味方だったものが敵にと、全く立場が真逆に入れ替わったのは、勿論彼だけではありません。ジェレミア卿・スザク以外にも黒の騎士団、そして何より皇帝となったルルーシュですね(そしてゼロ=ルルーシュを憎むニーナ)。これまで述べたとおり、人生だって単純な形で全く同じようには「繰り返さない」。時には劇的な変化が起こるもの。そういう性質を示唆しているように思えますが、ここで言いたいのはそれだけではないでしょう。人間は、その時の状況・立場によって、視点によって、主義主張はいかようにも変化しうるものだということですね。
 

■正義も主張も人の数だけある。誰が正義で誰が悪か、誰が正しくて間違っているかという善悪論・正誤論は無意味

 黒のキング=ゼロが、白のキング=皇帝にママ入れ替わったように、敵対する者でも、所詮立場が異なるということに過ぎない。どちらが正しいとか、間違っているとかそういう善悪論がいかに意味のないものに過ぎないかというのを、如実に示していますよね。この敵・味方陣営の劇的な入れ替わりは。最後にスザクとカレンが戦うシーンがあります。
f:id:drkinokoru:20190205163534p:plain
「私達のすれ違いに決着をつけよう」と戦い、「組織に入って中から変えようといっても、組織に入れない人間はどうしたらいいの?それが間違っているってどう言ったらいいの?」と言っているように、カレンは半分ブリタニア人の貴族なので組織に入ることは出来たでしょうが、間違ったやり方で支配したブリタニアを認められず、テロ組織に参加した。何よりその他大勢の日本人ははじめから組織から排除され虐げられたわけですから、なおさらそういうものに参加しようとは思えなかったのでしょうね。
 スザクは「組織に入るしかなかった人間はどうする?」と言っているように、生まれながらの名門で存在自体が特別な出自を持つスザクにとって、組織に入らないということはありえない。生まれたときから既に選択の余地のない運命に巻き込まれていたと言えるスザクにとっては、他に選択肢がない。そういうことを考えれば、二人共初めから自身の性格の問題という要素があれど、選択の余地がなかったと言えます。
 立場が違うものが最後にぶつかり合って、お互いの主張をぶつけ合うわけですが、当然、どちらが正しい・どちらが間違っているという話ではない。お互いとも主張があり、正義がある。異なるそれをぶつけ合っただけで、決してどっちが正しかった・間違っていたなど断ずることは出来ない。そこにあるのは戦って、負けた・勝ったという事実、生き残ったか死んだかという事実だけなんですね(たまにスザクが正しいor間違っている。カレンが正しいor間違っているといった類の話をする人を見ますが、根本的に読み取れていないとしか言えないですね。そもそもそういう次元の問題ではないわけですから)。*3
 そもそも論で言ったら、スザクもカレンもルルーシュもジェレミアも、作中のキャラは全員悪逆非道のクソ野郎ですからね。スネに傷のないキレイ子ちゃん、正義・善の士・キャラクターなんてそもそもこの作品ではいませんからね(いるとすればユーフェミアくらいですかね?)。そういうのは問題にならないというか、結果を出す上で、正義や善という誰もがそう有りたい。キレイな主義主張のまま望むべき大成功・結果を出して人生をキレイに終えることなんて出来ないという、人が人生を生きていく上で当たり前のことが描写されているだけですからね。*4


■「繰り返し」構造=「繰り返さなかった」構造でもある

 「繰り返し」構造があるからこそ、「繰り返さなかったこと」についてもまた注目が集まる。焦点があたることになるわけですね。先に論じたオレンジもさることながら、一番のメインはやはりルルーシュとスザクの二人。スザクとルルーシュというライバル、親友でありながらも対立せざるを得ないという悲劇の構造は、ある意味すれ違いを克服してわかり合って手を取り合うことが出来た(目的のために手を組んだだけで、わかり合ったとは言えない可能性もあるので、一応ですね。それでも一つの目的のために共闘するという友好的な関係は築くことが出来たので)。
 この男同士の問題、男と男の友情という関係性では、対立を乗り越えることが出来たが、カレンとスザクという同じ日本人のエースパイロット同士というライバル対立は克服することが出来なかった。1期のラストでわかりあえなかったルルーシュとスザク二人のすれ違う悲劇をこのパターンでなぞらえたともみなせますね。何から何まで世界を思い通りにする、人と分かり合うというハッピーエンドよりも、悲劇を克服出来なかったパターンをきっちり差し挟んでくるのがまた憎い演出ですよね。
 典型的なハッピーエンドとしては、悲劇を克服した事例としては、支配者と被支配者という図式で対立したブリタニア(人)と日本(人)ということなんでしょうね。この図式も、ユフィとスザクに始まって、ジノとカレン。そして何よりヴィレッタと扇死ねで対立する構造が変わって、乗り越えられていったとみなすことが出来ますね。一応シュナイゼルと黒の騎士団が手を組んで憎きルルーシュ皇帝と戦った。共闘したことでも絆を築いたとみなせますからね。
f:id:drkinokoru:20190205164201p:plain
 扇とヴィレッタが結婚する写真で右側がヴリタニア人で、左側が日本人や中華連邦の人間、インドのラクシャータもいますね。敵対してきた陣営同士の人間が結びついた、わかりあえた象徴としてこの二人の結婚が最後に出てくるわけですね(そういうメッセージを込めるために、扇とヴィレッタが恋に落ちて結ばれるというプロットだったのに、なんにもしてないくせに褐色美女を嫁にして孕ませて、首相という座に迄上り詰めるとは…と視聴者の憎しみをダモクレスや皇帝ルルーシュ以上に集めてしまうという…(笑)。監督も脚本もまさかこういうふうに受け止められるとは夢にも思っていなかったんでしょうねぇ(^ ^;) )。
f:id:drkinokoru:20190205164240p:plain
 何より最後のシーンで扇首相とナナリーが握手をしているシーンが象徴的ですよね。もし「繰り返し」構造ならば、再度ヴリタニア側のイレブン虐殺という展開になるはずですからね。言うまでもなく、そういう負の繰り返し構造を打破して、正の好ましい繰り返し構造・ルートへと導いたということですね。
 まあ、まだまだいくらでも「繰り返し」構造と逆に「繰り返さなかった」ことで視聴者に伝えたかったこと。監督や脚本の主張・メッセージを読み取ることが出来ると思いますが、時間の都合上、今回はこんなところで。というかかなり忘れているので思い出したら、また追記したいと思います。

 長いのでシーン対比の解説を分割しました。続きはこちら→ 【コードギアス解説・考察】 Re; 「繰り返し構造」の解説補足 1期と2期の対応シーン:スザク救出劇とゼロ・レクイエム&ルルーシュ≒ユフィ

※19/3/27分割、加筆修正。&シャーリーの話追記。 
 忘れていた。シャーリーの話を追記しておきます。何よりシャーリーが死ぬ時に言ってましたよね。「何度生まれ変わってもルルを好きになるから」と、シャーリーがそう言ってたところでわかりますよね。せっかく忘れさせてくれたのに、記憶をいじられてもまたルルを好きになった。もし次生まれ変わることになったとしても、何度でも何度でもルルーシュを愛する(※ちなみにここでシャーリーが言ったことは、孤独なルルーシュを支えたい・助けたい・守りたいということですね)ことになるだろうって。シャーリーはやり直しても成功出来なかった、結果にたどり着くことは出来なかった。でもルルーシュを愛して死ぬことになった結果ついて微塵も後悔することもなかったし、恨み言一つ残さなかった。ユフィも同じ、スザクに「あのルルーシュのくそったれ野郎にはめらたけん、スザクどん。おいどんの仇をとってくりゃれ。あいつの首をとって墓前に捧げてつかあさい」なんていう恨み言を一ミリたりとも吐かなかった。自分の行動・結果に後悔せず、愛する人のことを心配して死んでいったわけです、だからこそヒロインとして輝いているわけで。「土の味」のところで、ルルーシュはスザクに一切言い訳をしなかった。全て自分の責任だと一切合切の出来事・行動の結果について責任を引き受けた(政治的に言うと、政治家として結果責任を引き受けたということですね)。かのように自身の行動の結果をすべて引き受ける覚悟こそ未来を切り開く非常に重要な精神なわけですね。

 何度でも諦めずに立ち向こうと。そしてそこで起こる出来事の結果について責任をすべて引き受けること。それこそが大事だというメッセージは非常に素晴らしいですよね。だからこそ名作として輝き続けるのでしょう。

*1:今頃気づきましたが、これ小型のサザーランドを仕込んでおいたんじゃなくて、V.Vとの戦いのあとでサザーランドを埋め込むことで補修していたんですね。第二次東京決戦の時に既にサザーランド搭載型になっているの今更知りました

*2:ルルーシュブリタニア側の一部も敵に回ったのでブリタニア人でも憎んでいるかもしれないですけどね

*3:※無論、勝利・敗北のあとの戦後処理が拙い・巧いという話が出てくるものですが、この作品では、最後の決戦でそういう拙いことをするケースが見られないので特に触れる必要性もないかと思います

*4:という背景があるので、STAGE21「学園祭宣言」でユーフェミアが行政特区日本の構想をぶち上げた時、ルルーシュはブチギレするわけですね。自分が大変な努力をして、自分の手を汚してまでようやく積み上げたものを、必死に作り上げてきたものを、キレイ事ばっかり抜かすアマちゃんに台無しにされたわけですから。善意から生まれた悪意・悪事であるだけに、なおさら怒りの火に油が注がれたというわけですね。 
  何の苦労も知らない皇族サマがなにナメたこと抜かしてんだ!とブチギれるわけです。お前に俺のような汚れる覚悟があるのか!卑怯なこと、悪事に手を染めてまで人々を救おう・結果を出そうという覚悟があるのか!善意で世界が平和になるなら苦労しねぇんだよ!このお遊び感覚のおままごと皇女がと!だからこそ「汚れてもらうぞユーフェミア!」となって、自分を騙して銃で撃つ卑怯者になってもらうつもりだった。結果、卑怯者と糾弾されて表舞台から消える・失脚する。最悪日本人に殺されるというプランをルルーシュを持っていたという話の展開だったんですよね。自分はある種ユーフェミアを「殺す覚悟」があった。しかしユフィは逆に「殺される覚悟」があった。だからこそルルーシュはそのユフィの思いを知って、心を打たれて方針を変更したわけですね…(涙)