読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

最近のマンガネタ(2015/03) ジャンプへのダメ出し

マンガ・アニメレヴュー

 

 テキトーな漫画ネタ。最近はヤンジャンが漫画雑誌で一番面白いと前に書きましたが、『ゴールデンカムイ』面白いですね。

 

 

ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 
ゴールデンカムイ 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

ゴールデンカムイ 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

 アイヌ事情に疎いので『ゴールデンカムイ』から生半可な知識を得てドヤ顔するつもりでいます(笑)。最近のウンコ(オソマ)推しは何なんでしょうねw?猟犬役の柴犬(?)がオロオロするシーンにはやられましたね~。ぐうかわでした。

 

 あとアシリパさん、可愛すぎるだろあれ(笑)。チタタプ!食えオラァ、ヒン!死ぬな杉本!(涙)とか、卑怯だわ~。アイヌよつばと孤独のグルメ&狩り漫画って感じですかね?宝探し成分もありますけどね。秘宝じゃなく、単純に隠し財産ですけど、そういう探検・探索モノって最近珍しいですよね。しかしいつもアリシパさんと名前間違えてまうな(^ ^;)。

 

 『ボールルームへようこそ』、今月号を読んで、今回で読んだの三回目。まだストーリー全然わからん。顔に特徴がある画なんだけど、眼力・目が特徴ありすぎるかも。印象に残るから、それはそれでいいと思います。個人的に魅力を感じるし。

 

 ただ表現の緩急をつけるために、ゆるい画も時折混ぜ込んでギャップで攻めたほうがいいかも?と思いました。あずまきよひこさんみたいなゆるい画を時折放り込んで、ギャップ・緩急で緊張と緩和をもたらしたほうがいいのではないかな?とか感じました。ストーリーガチガチモードって気がしますからね。

 

 そんなことをつぶやいている間に1・2巻読みましたが、社交ダンス始める理由がモノすっごいシンプルでしたね。ストーリーのスジに山がない感じがしましたが、そこがどうなのか?はなし的に盛り上がる、読み手が「おお!」と食らいついてしまうポイントが有るのかな?と今のところは感じましたね。

 

 『キングダム』だけじゃなく、『達人伝』でも呂不韋出てきていましたね。始皇帝の統一路線に対して、統一ということへの反対。七国による中国分裂状態の維持(五とかに減ってもいいけど)、もしくはゆるやかな統一路線が呂不韋が目指したものだったのかも?呂不韋面白そうだなぁ~、調べようかなぁ?

 

 しかしヤンジャンの好調さに比較して、少年ジャンプヤバイんじゃないかなぁ…。新連載似たようなものばっかで、当たりそうなのはない。なんか新連載の路線、絵柄がかぶり過ぎな気がする。エロとかギャグ入れたらどうですかね?一時期三本くらいラブコメあってこれはやり過ぎだ…とうんざりする時期がありましたが、今はニセコイくらいですから、もう一本いれてみるとかしたらどうでしょう?

 

 ブリーチとか銀魂とか、何かまた人気連載が終わる前に看板マンガを作りたいから、バンバン新連載やってる感じですけどね、個人的にはここから当たる!という気がするものはないですね。ヤンジャンからどれか移籍してもらってテコ入れすべきかも?本当にヤンジャン面白いの多いですし。

 

 そういえば、最近純粋なギャグ漫画って減りましたよね。ジャンプで今ギャグは呼んでないですけど浮世絵のやつと、エスパーのやつくらいですよね。エスパーのほうは、面白いから毎週読んでますけど、ギャグ漫画に力入れたほうがいいんじゃないでしょうか?ストーリーモノと違って、続けて読まなくても内容わかりますしね(もちろんこち亀もありますけど、もはや別枠ですから敢えてカウントしてません)。

 

 ヤンジャンのは画が見やすいですよね、ストーリーモノですがギャグ要素がある作品多いので、一週・二週飛んでも、また読もうとなるでしょうからね。

 

 ジャンプの卓球のやつ、うまいんですけど。ストーリー的に成功するのが難しそうな気がしますね。スポーツ漫画はキャプ翼的な超常現象路線じゃないと難しいかも?バスケ・サッカーみたいに身体の接触・ダイナミックな動きないと魅力は伝わらないと思いますね。

 

 テニス漫画とか内容地味になりますからね、マガジンのテニス漫画なんかそんな感じですし。多分テニスやってる人じゃないとついていけないでしょう。リアル路線のスポーツモノというのは、人気があるサッカー、野球とかじゃないと競技人口が少ないから理解されない。理解されない=興味を持たない、なのでリアル路線は厳しいですよね、あとは格闘技。マニアックな格闘技、やったことがあるひとがすくなくても、格闘技漫画はまた別のバトル要素があるので大丈夫だと思いますけど。

 

 リアルでマニアックなスポーツをその競技を解説しながら面白さを伝えていくみたいなのはジャンプじゃまず無理ですよね。ジャンプじゃなければ売れたかも?という気がしましたね。画や構図は非常にしっかりしていて、漫画として見れる。高い技術がある漫画家さんだと思ったので、もったいない気がしましたね。

 

 相撲のやつは「動き」で相撲を知らなくても、やったことなくても魅せられる、読み手を引き込めるので、まだ大丈夫な気がしますけどね。アレ結構面白いですよね。主人公が高い技術を持ちながらも体格のハンディ故に通用しなかったとか、ストーリーの基本スジはしっかりしてますしね。

 

 対称的に男キャラがイケメンばっかで引き出しが狭い気がしましたね、卓球のやつは。みんな似たようなイケメンで、キャラが立ってないなという印象を受けましたね。あとは魅力的な女キャラ、かわいいマスコットキャラを出していくとかでしょうか?。キャラ作りが弱い気がしますねぇ。―そんなことをつぶやいていたら今週新キャラに女マネージャー(?)が出てきてましたね。

 

 ※本当にマネージャーになるかわからないから、(?)をつけておいたのに、男オチ。そっちが違うんかい!どこへ向かってテコ入れしてるんですかねぇ…(笑)。まさか腐向けのテコ入れなのでしょうか?

 

 そういえば自民党大会前のイベントで、カレーを提供する石破さんの屋台から、谷垣さんのおでん屋台に変わったとかいう話がありましたね。安倍ちゃんによる石破外しということなのでしょうか?カレーVSおでんで、どちらがより支持を集められるかが、石破・谷垣の次期総裁バトルになるとか?一体どこの『食戟のソーマ』なんですかね(笑)。