てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

日馬富士暴行事件の解説③ 白鵬憎し!白鵬が悪い!という異様な言説 <前編>

前回の日馬富士暴行事件の解説② 「暴力は良くない」ーで思考停止する愚かさ ーの続きになります。少し、いやかなりまとまりとして読みづらい・理解しづらいと感じたので、色々弄って再構成。大幅にまとめ直しました。例によって長くなったので分割しました。せっかく時系列を順番にするためにパート⑥を挙げ直したのに何の意味もなくなりましたね(^ ^;)

 

要約・お品書き
本文は以下の三部構造になってます。
 ①日馬富士の暴行は八百長・「注射」を拒否した故のモンゴル互助会の制裁ではない。そう考えられる4つの理由。
 ②白鵬が黒幕である、白鵬を裁けという常軌を逸した愚論・珍論への警鐘
 ③その他「横綱の品格」などを持ち出して白鵬を批判することへの妥当性について
(一部)
日馬富士貴ノ岩の暴行は感情の暴走。モンゴル互助会による星の回し合いを拒否したからではない。
○制裁は巧妙に行われるもの。まして日馬富士という横綱・高位の地位にある者が手を下すわけがない 
○制裁なら参加人数が少なすぎるし、他の先輩ガチンコ力士は何故制裁を受けていないのか?
○空気が読めない貴ノ岩
(二部)
白鵬が首謀した、白鵬が黒幕だという妄説・珍説。
○「共謀」という論理が大手を振ってまかり通る社会の劣化。教育の崩壊
(三部)
白鵬日馬富士を止めるのはリスクが有る 
横綱の品格を以って横綱を語るものはそもそもわかっていない。殴られない所から一方的に他者を殴るクズ
横綱審議委員会にそもそも品格・資格がない。
横綱の品格は永久に不変なものではない。角界の今と同じく現代にふさわしいヴィジョンをまず考えるべき
○優等生白鵬は何故素行が悪くなったか?どれだけ忠誠を尽くしても見返りがないから


 貴乃花改革はなぜ失敗するか?そんな話をしてみたいと思います。前回の拙分析は、そもそもモンゴル互助会による星の貸し借り、「注射」に踏み込んでいない。問題の背景にある、貴ノ岩白鵬日馬富士鶴竜らモンゴル力士の星の貸し借り・回しあいの誘いを無視したことを論じていない。故に片手落ちである―と感じた方も少なくはないでしょう。ではなぜ、そのロジックを入れなかったのか?八百長・「注射」は暴行の直接の動機ではないからですね。今回の事件に「星の貸し借り」云々はそもそもあまり関係がない。

■今回の日馬富士の暴行は「注射」は副次的な理由
 え?モンゴル互助会の誘いを断ったことが事件の引き金ではないの?と思った方も多いと思います。しかしそれは誤りです。今回の事件はその論理が背景にあったとしても、根本的には関係ありません。というのは、もしモンゴル互助会の誘いを断ったことが真因であるのならば、貴ノ岩潰しはもっと巧妙に行われるはずです。以下、日馬富士暴行事件が計画的なものではない理由を論じます。主な理由は4つあります。

■一、暴力を伴う制裁を人目のつく場所でやるはずがない。
 説明するのも馬鹿臭くて嫌になりますが、そもそも最初から、モンゴル互助会に参加しない貴ノ岩を吊るし上げる・制裁を加えるという目的ならば、もっとうまくやるに決まっているでしょう。人目のつかない所で、目撃者がいない所でやる。第三者がいる場・飲み会の席でやらない。どうして二次会・酒が入っている場所で実行するのでしょうか?相撲には「注射」に従わない力士を、巡業・稽古にかこつけて潰すという話があります。巡業や合同稽古の場所でも、本場所でもいいし、もっと汚い手段・闇討ちのようにやってもいいはず。潰す・脅迫目的ならばもっと巧くやるに決まっているでしょう。

■二、鳥取城北高等学校石浦氏とのコネ作りの場所・親睦会で制裁を加えるはずがない
 こちらの記事(※参照―根拠のないモンゴルバッシング、ベテラン記者も組織的八百長を否定|LITERA/リテラ)にあるように、鳥取城北高校の元監督が来ている。鳥取城北高校は強豪高校であり、モンゴル・日本問わず角界に人材を輩出している。そういう相撲界の一人士と日馬富士を引き合わせる場所だった。日馬富士の目的はコネ作りだった。そういう大事な席で制裁を計画的に加えたと考えるのは無理があります。彼は白鵬内弟子石浦(四股名はそのまま姓の石浦を使っています)の父であり有名な人。そういうアマチュアの著名な人がいる所で陰謀・制裁なんかあるはずがない。普通は、この石浦やその父石浦氏が同席していたことで「ああ、な~んだ。やっぱりただの酔っ払いの暴走か」となるところ、そうではなくそれどころか、「石浦関!そしてその親父の石浦も共謀していた!!真実を話せ!」何ていうトンデモナイことを言う手合いもいてもうどうしようもないですね…。

■三、派閥として制裁なら参加者が少なすぎる。何より派閥のナンバー2・3に位置する日馬富士が直接手を下すはずがない
 そして何より、現役横綱である日馬富士が「潰し役」「処刑執行人」に任命される訳がない。モンゴル人力士の若手やこれ以上はもう上り目がないというロートル、元力士など既に角界を去った者などにやらせるに決まっている。汚れ仕事は、組織の序列の下位の者がやる。またはそれ専門の担当者・ヨゴレ仕事担当を決めておいて実行させるでしょう。ナンバー2、3の座に列する彼がなぜ直々に手を下すと思うのでしょうか…?

 実際、今角界にモンゴル人力士がどれくらいいるのか?*1
横綱 日馬富士(はるまふじ)
西横綱 白鵬(はくほう)
西横綱 鶴竜(かくりゅう)
東関脇 照ノ富士(てるのふじ)
東前頭筆頭 玉鷲(たまわし)
西前頭四枚目 逸ノ城(いちのじょう)
西前頭五枚目 荒鷲(あらわし)
東前頭六枚目 千代翔馬(ちよしょうま)
東前頭八枚目 貴ノ岩(たかのいわ)
十両二枚目 旭秀鵬(きょくしゅうほう)
西十両四枚目 東龍(あずまりゅう)
十両八枚目 青狼(せいろう)
東幕下三枚目 大翔鵬(だいしょうほう)
東幕下四枚目 水戸龍(みとりゅう)
西幕下五枚目 鏡桜(かがみおう)
東幕下二十三枚目 朝日龍(あさひりゅう)
西幕下二十六枚目 豪頂山(ごうちょうざん)
東幕下三十六枚目 魁(さきがけ)
東幕下三十八枚目 旭蒼天(きょくそうてん)
西幕下四十九枚目 霧馬山(きりばやま)
西三段目二十一枚目 翔天狼(しょうてんろう)
東三段目五十五枚目 佐田ノ輝(さだのひかり)
 ここにいるだけで22人(日馬富士が辞めて21人です)。これだけモンゴル系がいることを見れば、日馬富士が直接手を下す必然性がどこにもないことがわかりますね。貴ノ岩より下位の者たちを結束させてリンチを食らわせ、下位の者にすら逆らえないようにする・派閥の最下層に落とすという処置だって取れたでしょう。モンゴル派閥内での制裁であるならば、横綱が直に殴るだけというのは制裁になっていない。下準備として他のモンゴル人力士をもっと大勢呼び集めて、その内部でお前の序列は派閥内で最低レベルと見せしめるはず。見せしめ・知らしめる要素が乏しい事を見ても、派閥の掟破りに対する制裁という性質は非常に低いです。

■四、モンゴル互助会が「注射」団体ならば、荒鷲玉鷲の存在はどうなる?
 以前、少し触れましたが、モンゴル互助会というのは星の回し合いを至上命題・最大の目的とした団体ではありません。貴ノ岩以前から玉鷲荒鷲というモンゴル人力士がガチンコで白鵬横綱勢とぶつかっていたことを考えれば一目瞭然です。まあ、荒鷲玉鷲という力士がいることも知らない人たちが「モンゴル互助会・モンゴル人が組織的に八百長をやっている!」なんて言っているのでしょうけどね。派閥のボス白鵬に従わない不届き者はモンゴル互助会で制裁を加えられる―だとしたら、この二人はどうして制裁を加えられなかったのでしょうか?貴ノ岩の他の若手として逸ノ城千代翔馬なんかもガチンコ性質が強いでしょう。その彼らはどうなるのでしょう?

 以上、4つの視点からモンゴル互助会の八百長・「注射」ルールに逆らったからこそ、星の回し合いを拒否したからこそ、貴ノ岩日馬富士に制裁を加えられたというロジックは成立しないのです。
 八百長が今回の事件の動機ではないという当たり前のことを指摘した次は、貴ノ岩にとってのモンゴル派閥はどんなものかという話と、貴ノ岩の対応の失敗の話をしたいと思います。

貴ノ岩にとってもモンゴル派閥のトップとのコネは重要。
 むしろ、鳥取城北OBというつながりで照ノ富士逸ノ城以外の派閥も持てる。モンゴル派閥のトップ3との同席の場を持てるということはモンゴル派閥内での序列が着実にランクアップしたという意味で、彼にとってもプラスな出来事のはずです。八百長や星の貸し借りを断る・断らないにせよ、彼の序列は着実に上がる。良いことになりこそすれ、悪いことになるはずがない。そもそも前からモンゴル会に顔を出していたと言うので、貴ノ岩はこの会への出席についてそれほど否定的だったわけではないでしょう。
 親方の貴乃花から、モンゴル会に入るなよと言われていても、所属している・いないの中間、微妙な位置をキープしようとしていたのは間違いないでしょう。どうあがいても彼はモンゴル人であり、日本人の何処かのグループ・派閥に所属することは出来ないのですから。「注射」をするにせよしないにせよ、モンゴル派閥にべったりにならないにせよ、良い付き合いをしたいと考えていたはずです。
 モンゴル互助会と言っても、最終的に皆が得をするように千秋楽数日前に調整をするレベルで、1から100まで「注射」をするわけではない。「注射システム」の維持を至上命題とした組織ではないので、白鵬を破る実力を示した貴ノ岩についても、それはそれとしてそこそこうまい付き合いをすることは可能だったはずです。そういう状況・場所で貴ノ岩を吊るし上げるつもりだったとは考えにくい。今回の説教のように、いろんなルールやマナーを教え込もうという意図はあっても、制裁を加えるまで事前に考えていたとは考えにくい段階。
 ポイントになるのは、新しい実力者として貴ノ岩が登場してきたにも関わらず、「ガチンコ力士」としてモンゴル互助会の「注射」を否定してモンゴル会で浮いた存在であったのにも関わらず、政治・立ち回りがドヘタクソだったということです。

■空気の読めない貴ノ岩
 星の貸し借りを否定してあまり良く思われないという前提があるのならば、彼はその自分の立場のまずさを理解してなるべく付き合いを避けたり、それでも3横綱から「かわいいやつだ、こやつめ、ははは!」と言われるような付き合いをしなければならない。先輩に好かれるような人心操作術に長けていなければならない。
 ところが真逆のコミュニケーション障害というか、空気の読めないタイプ。この場がどういう場で、自分がどういうポジションで、どういう立ち居振る舞いが求められているのか?その上でどう振る舞ったら良いのかなど、そういう微妙な心理やアヤということがわからないタイプ。だからこそ今回のような事件になってしまった。
 「ガチンコ」を貫きたい、しかしそうすると「注射」系力士との反発を招く、モンゴル以外にも他の先輩力士と無用の対立を招いてしまう。ならば「ガチンコ」を貫くために、いかにして先輩に好かれるか?ということを考えて普通は行動をするもの。普段から、尊敬しているとか、あの技術が素晴らしくてなんとか真似しようとしているけど出来ないとか、社会奉仕活動が素晴らしくて、自分も真似を始めたとか、まだまだ足元にも及ばない―などなど、なんでも良いですが、とにかく相手を尊敬しているということを示さないといけない。そういう配慮が彼にはなかった。だからこそこういう事件に発展してしまったわけですね。まあ、郭嘉孫策はいずれ暗殺されますよと予想するようなものですかね。配慮が足りない尊大なタイプがこうなるのは必然ですからね。
 「これからは俺たちの時代だ!」―なんて言葉を白鵬の関係者がいる所で酔っ払って叫び出す。そういう言葉が、白鵬らの耳に入ったらどうなるか考えられない。また今回「だからモンゴル人はダメなんだ。こういうことは自分たちの代で終わりにする」と言ったとか。これは裏が取れていないので、あれなんですが、これが本当だとしたら本当にアホ。まず、注射のことは関係なく、自分の態度の問題、礼儀作法の問題が指摘されている&殴られているのに、自分が星の貸し借りを断ったから、殴られていると主張したわけですからね。とことん他人の怒りを招くタイプの人間と言えるでしょう。


 ここまで一部の話でした。では、本題の白鵬への異様な批判・白鵬叩きについて書いていきたいと思います。一部のモンゴル互助会による八百長という陰謀論の否定に引き続いて、二部では白鵬が主犯・黒幕という話に触れたいと思います。まあ、八百長をしているという前提の元に白鵬黒幕説というのがあると思われますので、結論は言わずもがなですけどね。

■呆れ返る妄説―主犯白鵬
 流石に馬鹿すぎて、呆れ返ってしまったのですが、夕刊フジのこのような記事がありました→主犯は白鵬、日馬富士暴行は忖度 貴ノ岩への説教がすべての発端だった 貴乃花親方との遺恨もヒートアップ。この記事によると、白鵬の説教が原因で、白鵬の心情を忖度した日馬富士が暴行をしたと。だから主犯は白鵬なのだとか。おお…もう…。なんというか論理性のかけらもないというか、笑っちゃうくらいバカなロジックです。
 今後、説教というか人と話をしている時に、同席している人が暴力を振るったら、それは話を始めた人間がやらせたことで、その人間にも暴行の責任があるという無茶苦茶な論理がいつ登場してきても不思議ではないですね。週刊文春によると目配せをして日馬富士貴ノ岩を殴らせたようです。目配せってなんですか?日馬富士の方向をチラッと見ただけで暴行を指示したことになるんですかね?そんなことで暴行指示の証拠になるのなら、我が国は冤罪だらけですよ。そんな説明、書く側のさじ加減ひとつでしょうに。
 白鵬が日馬富士暴行事件の主犯だった…「驕った横綱」、貴乃花親方追放を主導という蛮行―これなんかには、カラオケのリモコンで日馬富士が殴ったところ、白鵬が「モノで殴るのはやめろ」と止めに入ったことを、「これはモノを使わなければ殴ってもよい、オレのために鉄拳制裁を続けろ、ということだ」と主張しています。自分に都合のいいように都合のいいように文書を読み取ると、現代文のテストで点をもらえないと習わなかったのでしょうか?この人は*2。また石原慎太郎氏も同様の意見だとか…。まあ、あれな人なんで、どうでもいいですかね…。
 こういう手合はごく少数にすぎず、こんなバカな意見に賛同する人は殆どいないと思ってツイッターを見たら、かなりの人が「そうだ!白鵬がやらせたんだ!謝罪しる!処罰しる!」という意見が多数…。これ本当どうなってしまったのでしょうか…。こんなにリテラシーのない人で溢れかえってしまったのでしょうか、我が国は…。

 そんなふうに呆れ返っていた所、さらなる続報でトンデモナイ話が上がってきました。
 日馬富士暴行 他人事「白鵬」にも迫っていた捜査のメス (デイリー新潮)―この記事によると「スワット判例」なるものを用いて、白鵬を共謀共同正犯に問うというシナリオが練られたとか。 いわく、実行犯と「共同」して犯罪に及んでいなくても、「共謀」したことをもって実行犯と同等の刑罰を科す法概念のことで、2003年の最高裁判決を事例にあげています。この事例が、暴力団組長のスワット(ボディーガード)が拳銃を所持していたのは、組長の命令がなくとも、黙示的な意思の連絡があったとして、組長に共謀共同正犯が認めた事例…。
 暴力団のような組織・反社会勢力に用いられたロジックを一般人・社会に持ち込もうという論理がもう…ですね。記事では、この捜査関係者が、白鵬日馬富士の間にもこれが成立するなんていうことを主張したと。スマホを見るなんて失礼だ!と怒ったら、 「白鵬日馬富士には『主従関係』があったと見なすこともできる」んだそうです。何を言っているんだお前は…。
 もちろん真実はわかりません、一部の人が主張するように、本当に白鵬日馬富士にやらせたという可能性がないわけではないでしょう。しかし法治国家の大原則は疑わしきは罰せずのはず、明確な証拠・それを裏付ける有力なロジックもなしに、「白鵬が悪い」「白鵬がやらせたに決まっている」「白鵬を罪に問えるならなんでもいい」と論理を飛躍させて自分の好まない勢力・人間を恣意的に排除しようとする主張を平気でする人間がいる以上、このような主張を看過できないでしょう。反モンゴル=排外主義が育っているということでしょうか…?「白鵬が主犯で、モンゴル互助会の八百長が原因では?」くらいでそういう可能性があると、自分の意見を確定の一歩手前の段階で保留しておくというのなら、何の問題もないですが、意見を確定させて「Aが主犯だ!Aが悪い!」なんて突っ走ってしまう意見が多いのを見ると恐ろしさを感じさせますね。
 共謀罪が何故恐ろしいかと言えば、捜査する警察にフリーハンドを与えることになる。そのロジックの行き着く先は全体主義国家、思想統制社会。疑わしきは罰せずだったり、内面・良心の自由といった基本的な常識を知らないで論じる人間が多いことに脅威を感じますね。民主主義の死というのはその前提・礎である教育の死があるということですが、本当現代教育はどうなっているのでしょうか…。まあ昔から酷いままで、上層・上流の階級を除けば一度たりともまともだったことがないと言われればそのとおりですが…。
アイキャッチ用画像

*1:相撲協会サイトより、モンゴル出身力士一欄

*2:山田修、ビジネス評論家・経営コンサルタントだそうです。好事家なら伝統のために横綱いなくなったって!平気だい!みたいなことを書いていらっしゃいますが、相撲ファンなのに好角家という言葉も知らないのでしょうか…?