てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

(とりあえず)ビン・ラディン暗殺/殺害オペレーション成功

とりあえず再開ついでになにか書くべし。ということでこの話から。本当は昨日再開するはずが、パソコンの調子があれで、設定何たら間たらやってたらファイアーフォックスが???になってブックマーク全部消えていまだになんかぐちゃぐちゃになってます。今日中に訪問ができるか微妙なとこですが、まだお待ちください。

なんかユッケの食中毒の社長の会見今やってたけど面白いなこの人(笑)。

最近まじめなものぜんぜん書いていないですね。まあそれもやむなしか。んでビンラディンが死んだという今回のニュースについて。オバマとか、アメリカ人が正義を語っていて本当に大丈夫かこいつら?と気持ち悪さを感じたのは己だけなのでしょうか?マイケルサンデルの正義論に物凄い腹が立つのは何の貢献もない無意味な論が評価されるということは社会が理解していない。わかっていない=成長しないから腹が立つだけでなく、そもそも「正義」というものの見方で見ること自体が19世紀のものの見方だから腹が立つんですね。それは善悪とか、本当に物凄い古い価値観。学問を馬鹿にしているでしょう。これを論じて意味のあるものを生み出せるなんて絶対無いですって。

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学/マイケル・サンデル

¥2,415 Amazon.co.jp

ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(上)/マイケル サンデル

¥1,470 Amazon.co.jp
ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(下)/マイケル サンデル

¥1,470 Amazon.co.jp
65万部とかこんなの読んでどうするんだろ…。授業が白熱しても中身がなかったら無駄な発電でしょうに。電気を大切ね!ってデンコちゃんが出てきそうな気がします(`Δ´)。何が正義か考えようって、その答えを出すのがお前の仕事だろって誰も言わないんですかね?正義が何か何だかとか、小学生・中学生で考えて、結局そんなものは状況・人・立場によって変わって、そんな普遍的なものなんか割るわけないんだとすぐに気づくでしょうよ。学問のために学問やってるとしか思えない。日本人ならどうして小室直樹を読まない。ウェーバー・デュルケム・パーソンズにならぶ泰斗だぞ。というかそれをしのいでいるといっても過言じゃない巨才なのに、評価しなさすぎだろ。ドイツにはウェーバーがいるぞ!フランスにはデュルケムがいるぞ!アメリカにはパーソンズがいるぞ!あれ?日本は?日本どうしたの?なにやってんの?ねぇいまどんな気持ちNDK?NDK?結局経済でいくら成長してもろくな学者いないジャン(笑)。だった状況をひっくり返したんだぞ。日本には小室直樹がいるぞ!(ここにいるぞ!馬岱もしくは甘興覇を称える孫仲謀的な感じで)。何してんだお前ら。評価すべき人間を評価しない。信あるものを遠ざけ、信なき者を近づけるからこういう堕落社会になる。本当に死ねばいいのに。マスゴミとか広告とか。

別に、誰が何を読もうがその人様の勝手ですけど、こういう「正義」をさも当然のように語るアメリカ人に、アメリカ社会に恐ろしさを感じないなら、日本人としてというか現代社会に生きるものとしてどっかおかしいじゃないんですかね?大事なのは「理念」と「現実」のバランスに決まってるだろ。どっちを取るかその現実に応じての選択。いかに合理的な選択をすべきか、具体的な実例なくして社会科学的意味があるわけがない。

で、アメリカが正義を唱えて、わしらが勝ったぞ!ビン・ラディンの首とったど~!なんてホワイトハウスのまえに2~3000人集まっていたみたいです。アホがそれだけという話ならいいんですがね。本当に敵=悪というものを信じているんでしょうかね?アメリカの正義を広げていくのが、世界史なら中国・中華思想と同じでしょう。

 本題。これでテロは下火になるか?世界は安定するのか?まず無理でしょう。むしろ悪化する気がします。金融規制、マネロン監視厳しくしましたから、彼らに集まる資金はそもそも少なくなっていた。スペインとマレーシアかインドネシアであったくらいでしょ?それもかなり前。もう彼らに世界的テロを実行できるような力はなかったわけですよ。むしろ9.11わざと起こさせて、それをきっかけに世界的テロ組織が力をもたないようなグローバルスタンダードを作ったという時点でアメリカの勝ち。わざと起こさせたなんて己は思いませんけど、そういう意味ではアメリカに都合がよかったですね。

 過激派とはいえ、彼らは清廉運動、厳格な教理に基づくコミュニティを運営するわけですから、そういう面での運動を好ましいと思うムスリムが過激派に寄付をするのは当然。寄付社会ですから必ず資金が流れた。それがあのテロをきっかけにムスリムからも支援を得られなくなった。確かにアメリカはむかつくけども、テロがいいかといったら、賛同する人はもう少数派でしょう。特にああいう上層は商売で関係深いですから。こういう理由があってアルカイダはもう衰退過程の一途。ほっといてもつぶれるに決まってるんですよ。ていうか死亡説、病死説も流れていましたね。己はもうとっくに死んでると思ってましたよ(笑)。

 このトップの死でどうなるか。あーあ、終わった終わった。おつかれっした!あしたっ!になって解散してしまう。アフガン・パキスタンイラクは―もう終わったら、さっさと出てけよ。いつまでいるんだよ。露骨にぶつかることはなくても、そういう声が高まるに決まっている。むしろ対米非難は強まっていく。国内、オバマ再選を進める民主党ぐらいしか得しないでしょう。

 それに今世界中のイスラム圏政府の転覆傾向を見てわかるように、テロでどうにかしようとかぜんぜん思ってないんですよね。今の大衆は。何もできないから全然関係のないアメリカ人が死んで、ざまあ見ろぐらいな感覚であっても、アメリカと戦争してやるぞ、かかってこんかい!なんて全然ないですから。実際に自分たちの生活がかかわってくることで火がつくわけですからね。いまや政府に矛先が向かっている中でアルカイダの対米戦争なんてどうでも言い分けです。穿った見方をすれば、アメリカは情報工作でこっちのアメリカではなく、政府に矛先が向くような政策を誘導していたと考えるべきなのかもしれないですね。

 まあ、ここからが本当の地獄だってやつですかね。何の問題解決にもなってないですし。中東・アフリカ政府転覆運動がどうなるか次第で、世界大戦クラスの大戦争にもなりかねないですし。

 日本政府が国際社会という旧西側、特にアメリカ中心の支配秩序を意味するこの言葉を何の戦略もなく、使い続けることに空恐ろしさを感じますね。なぜビンラディンを有無を言わさず殺したのか!!それこそ、オバマと法廷でキリストでもイスラムでも何でも論戦しあって、いかにテロが間違っているか世界中に納得させるような名演説を打てなければ意味がない。力でくるものを力で叩きのめしてそれでどうする?20世紀の戦争じゃないか。21世紀の戦争は相手の理念、思想の中心をたたかなくてはならない。何より、勝ってこの愚か者め!黙れ小僧!で済む話しではない。からくりサーカスを読んだのか?ラスボスを力で叩きのめしてハイおしまいなんていう少年漫画はもう古いのだ。相手の心を読み取って、一番相手が効く言葉・行動をもってして相手を説得する、それができて初めて意味がある。力づくで相手を殺すなんて勝ちとして下の下。相手に自分が間違っていたと認識させて初めて勝利。全然わかっていない。アメリカに理解力・許容性が全くなくなったとしか思えない。いや、元からないか。まるで成長していないですね。

Dr.きのこるの もう、ゴールしてもいいよね・・・?

大国というのは成長しないものなんでしょうかね。日本も豊かだからこそこういう奴隷根性丸出しなわけで。また環境が整ったらテロが起こる。というかテロが起こらなくても中東全域で反米国家ができて、どこに手をつけたらいいかわからなくなる。軍事力より、財政赤字で自滅するでしょう。だからこそ日本に消費税やって立て直して、アメリカの国債買って支えろといっているわけで、ふざけろって話しですよ。戦争やめて赤字減らせよとどうして日本の政治家は誰も言わないのか。だめだこりゃ。