てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

橋下さん不出馬と維新・民主選挙協力のワケ

 さて、橋下さんが公明党が都知事構想に反旗を翻したことに「絶対許さない!」と某声優ネタのようなことを言って、松井知事と一緒に出馬すると息巻いていました。

 橋下さんが「自民党潰す!」と言っても、「お前だって自民党みたいなもんだろうが!」という反発があって票が伸びないだろうけど、「公明党潰す!」と言えば、「橋下は嫌いだが自民の補完勢力公明党を潰すためなら協力しよう!」という票が入るでしょうから、割りといい作戦だと思いますけどね。

 橋下さんが公明党潰しにやっきになると面白そうですけどね。公明党の政治家が強い選挙区に有力候補を立てるとか、野党の一本化戦略に協調するとかやりそうですし。そういう方向性で橋下さんの選挙手腕が問われる選挙になるんじゃないかしら?と結構面白そうだ!いきなり大風が吹くような選挙になるかもしれない!とちょっとどうなるか結構注目して見守ってました。

 大阪のW選挙と公明との選挙区対決で勝って、民意は我にあり!ということで公明を都構想に賛成させようという筋書きだろうけど、それでも公明党が知るか!と突っぱねる可能性も僅かにありますけどね。そうなったらどうしませうかね?国政の方で政権とって、公明党を非合法にするとか?

 まあ、流石に一政党の非合法化はハードルが高過ぎるでしょうから、創価学会への課税ということでしょうね。政治活動をする以上はある程度納税してもらうという方向に進めるでしょう。あとは選挙区で公明が議員を輩出しているところを狙って有力候補を差し向けるとかになりますかね。

 橋下さんも実際に民主と組まないにせよリアリストだから、大阪都構想を実現するためなら選挙協力する。議席を伸ばすために選挙協力はするだろう。両者の折衝役がキーになりそうですね。おざーさんが選挙戦術を民主党に伝えるとして選挙担当がその策に従うかどうかというハードルもありますけどね…。どうかな?

 まあ、そんなことを思ってたら、投げ出し批判を恐れて出馬をやめたとのこと。これを聞いてなんで出ないんだろう?投げ出し批判っていうけど、公明党が協議に応じない限り都構想は実現しない。今の状態では府議会で選挙やって実現というのも考えにくい、なら国政に打って出てその力を使うしかないと思ったんですけどね。公明党から出なければ協力するって打診があったのでしょうか?まあそこら辺は選挙後府議会でどういう動きがあるか次第ですが。

 それとも二年で解散するという今の与党の状況を見て、来年の統一地方選後政権が行き詰まって、新内閣誕生&選挙がまたすぐ近いうちにあると見ているのでしょうか?衆参同時の時に華々しく国政デビューを飾りたいとかあるのでしょうか?

 橋下さんが出ない以上、自民が議席を減らすとしてもそこまでは減らないってことになるんかしらねぇ。なんで出ないのかと思ったけど、統一地方選議席を伸ばすことを最重要視しているって線がありますね。15年4月に茨城・東京・沖縄以外の県単位の議会は全て選挙になりますから。出直しで衆院選にかけるよりも、「あと4ヶ月後の選挙で民意を聞いてそれがダメからでいいじゃん、初めから勝てないとケツまくって国政に出るのはおかしい!」とそりゃ普通の人は思いますね。

 さて、どうしますかね。橋下さんは出直し選挙をやったばかりであと3年くらい任期がたっぷりあるので再選挙はないにしても、府知事の松井さんは確か来年12月まで。ですから府知事のW選挙にするか、それともそのまんまさんとか、府知事に誰か別の人物を擁立したりしますかね?16年の参院選の目玉として松井さんにやってもらうとかそういう方針でいいと思うんですけどどうでしょ?

 今回の選挙のやり口でわかるように、衆参W選挙のようなものにすると投票率は5%くらいはあがるので自民は極力避けるようにするでしょう。今回が無理なら、2019年を狙ってその衆参W選挙で少しでも多くの議席を獲得できるような所でデビューするという手がありますが、その実現性は乏しいと見ておくほうがいいでしょうね。まあ、今回の選挙で30くらい議席を減らして、またレームダックが十分ありえますし。

 今回出ないということは、2015年の府議会選挙で勝って都構想への一定のめどを付ける。そして2016年の参院選で橋下さんのデビュー。さらにその後の2018か19年ころにある衆院選で鞍替え。まあそんなプランを描いているということですかね?

 みんなが解党してみんなの党の地方組織が宙ぶらりん状態になっている。それを吸収するために統一地方選維新躍進!を印象づけるために、そこで市長&府知事の出直し選挙とかも考えてるんかも?―とか考えていましたが、まあ市長はないでしょうね。それにしても松井さんが大阪に残って大阪都知事をやるんでしょうかね?松井さんも一緒に国政転身で誰か他の人に任せるのか?そのまんまさんは東京都知事やりたいとか言うくらいの野心家ですし、それなら喜んでやるかもしれませんが…。

 記念すべき初代都知事を橋下さんがやらずにいられるのかどうか…。そんなのも気になるところですね。それと今回維新も民主も擁立が少ないというのが少し話題になってましたが、そりゃそうですよ。前回惨敗したも民主党に、コケた維新衆院100人もいなんですから、政党交付金殆ど無くてカネがありませんからね。そらそんなカネどこにあるのよって話になるわけで。

 ですから今回の選挙で民主も維新も100を目標にグッと議席数を伸ばして、その分入った交付金で次回に勝負を賭けるという形になるでしょうね。カネのなさこそが民主・維新の急転直下の選挙協力の謎の答えなんでしょうね。

 ※そういや、橋下さんヘイトスピーチ団体とプロレスをしていましたね。興味なかったので見ていませんでしたが、あれにより「ヘイトスピーチ対策」という繋がりで民主と共通するものを見出すことができるという副産物がありましたね。意外と指摘されていないかな?と思ったので追記。