てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

民主党について(2) その構造、党内の安定とレイムダックの可能性

 鳩山政権を占う上で、民主党の内部が当然気になります。安部~麻生内閣のように大臣・有力者たちの勝手な行動によって、一貫した政策を実行出来ずに、ジリ貧状態で支持率を落とし、政権崩壊に至ったといっても過言ではないのですから。

 クラッシャー小沢、イラ管の異名をとったように内部事情から、根本的な政策対立→政権瓦解と誰もが気になってしまうところ。しかし、今のところ政権内部の歪がないことはないですが、決定的な対立になるという要素は殆ど見られないと思われます(そのようなことがあれば、すぐにまた書きたいと思いますが)。

 話題になった民主党の代表戦、小沢無投票三選、岡田・鳩山決戦があったわけですが、この二つの代表戦に共通するのは小沢・鳩山・管という党内の三大実力者が歩調をそろえたトロイカ体制が成立しているということです。トロイカ体制民主党を安定化させています。岡田・前原・野田・輿石などなど色んな人物・実力者がいても彼らより三人が党内を掌握しているわけです。民主党はようやく政権を握ったばっかりで、自民が行ってきた政治のやり方、内ゲバ政争を嫌います。というよりはどちらかというとこの前述べたようによりルールに基づいた安定した政治をまず第一に考えるので、党内で実力者同士が手を組んで、党内秩序が転換されて、鳩山政権の支持率が下がったので、はい辞任→新首相ということは考えにくいのです。

 麻生政権を自滅に追い込んだ、中川氏の造反のような出来事が起こるとはまず考えられないでしょう。というより15年かかってようやく政権という果実を手にしたわけですから、自民が自滅していったのを目の前で見ているのに、それを行うとは考えにくいのです。

 今のところ目先の参院選の勝利、安定する政権作りのために内紛は考えにくいし、その前の実績作りで忙しいところですから。予算がまだまだ完成というには程遠いですし。その予算を巡っての対立が最大の不安要素だとも言えますが、予算を作ったことがない現時点でノウハウがない以上、そういう人間が行うのは定石・安全策を取ることで、そこから外れるような規格外の人物は良きにしろ悪しきにしろ、民主党内にいないでしょう。

 とりあえずは参院選までこのままの状況が続くことは間違いないとおもわれます。前書いたように政権の支持率が落ちてきても、投票する政党という数値で民主は第二政党自民にダブルスコアを付けている状況で、鳩山政権・民主党レイムダックはないでしょう

ペタしてね