てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

How a Thai Canal Could Transform Southeast Asia

 The Diplomatから How a Thai Canal Could Transform Southeast Asia thediplomat.com/2013/12/how-a-クラ山脈を通ってタイ(クラ)運河を開設して、マラッカ海峡よりも近い航海ルートをつくろうという話。面白いですね。

 タイに新しい運河をって話自体はもう昔っからあるみたいですね。知りませんでしたね。航海ルートで時間、燃料の節約はもちろん大。スエズやパナマに及ばなくてもかなりのインパクトはあると。50キロの開発に200億ドルかかるとか。タクシンはこれを後回しにしていたが、インラックはこれをやる気と。

 関係ないけど、インラックって美人だなぁ(笑)。忘れてたが海賊対策も当然やりやすくなると。マラッカ・シンガは当然反対だろうが、世界的なエネルギー事情を考えてルートが完全に寂れるとは考えにくい。運河によって東南アジア関係も大きく動く。ミャンマーカンボジアに光が当たるようになる。

 メコン経済圏などと合わせてこの地域の開発が進むだろう。ヴェトナムの海上ハブとしての役割も増える。中国との経済協定もあり投資が増えるだろう。インドはルックイースト政策を更に後押しするだろう。印越関係は更に深まるとあるが、インドはどうもベトナムを重視してるのかしら?あとで調べるか。

 米印でのマラッカ海峡の対海賊警備が中国の反感を招いている。その圧力も解消できる。ただマレー系の分離独立運動を再燃化させないか?という危惧があると。印中日で協力して開発に取り組む合意が出来るだろうか?うーん面白いが、どうなるかなぁ?クラ運河。