てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

【コードギアス解説・考察】 ルルーシュ生死の謎

 

コードギアス COLLECTION コードギアス反逆のルルーシュ DVD-BOX
 

 

 こっちは海外版で安いのかな?

 

 そういやアニメ・漫画レビューのコーナーで昔書いた『振り向くな君は』の記事に人来すぎ(^ ^;)。ググると何故か拙記事がトップに来ますからね。あれで一日2500PVとかになりましたからね、何回か。今でも人来るし。

 

 書こうとしてずっと書けなかったこれをようやく書けます。前回(【コードギアス】 集合無意識と仮面ペルソナの話)の仮タイトルだった生存ルートという表現からタイトルを変えてストレートに表現。ネタバレになるんじゃ!という恐れはありましたが、まあ、見てない人がこれきっかけに見ることになるとしても、これだけじゃわからないだろうと。そこがひとつのポイントになるんだろうくらいの感じは抱いても大丈夫でしょう。

 まあ、前回も書いたとおりめちゃくちゃ面白いんで見てない人はホント見てください。多分、今後ストーリーモノでこれを超える名作はそうは出てこないだろうと思います。10~20年は最高傑作として君臨するのではないでしょうか?『進撃の巨人』面白いですけど完結してないですしね。

 無論、人によっていやアレが!これが!ってベストはあると思うんですけど、本当プロットが凄い、作りが上手いので、このような見事なプロットのアニメはまず出てこないだろうと個人的に確信してますから。こっから先の話を読む人はアニメ見ていないと意味不明なんで飛ばすか、実際に見てからどうぞ読んでみてください。

 

 んで、なかなか書けなかったのは、書きたいことを思いついたり、新しいことを「ああっそういうことだったのか!」と発見してしまったり、結局4つくらいに書きたいことが出来てしまって、それをどうやってまとめるか、まとめ方に苦心惨憺、七転八倒していたからです。七転び八起きした後、宴もたけなわになって、一兎を追うものは二兎を得ずということで諦めることにしました(笑)。もう、一つ一つブツギリでもったいぶってバラバラに書けばいいやと諦めました(^ ^;)。

 

■エンディングには3つのルート・可能性がある

 さて、コードギアス最終回、ラストの考察から。まあ、他のところでも幾つか解説見かけたんで、ここはさらっと流しますが、最終回ルルーシュはどうなったのかという話。可能性を考えると

 

ルルーシュ死亡/CC不老不死

 <CCがCode保持のまま>

ルルーシュ生存/CC普通の人(不老不死ではなくなる)

 <CCのCodeをルルーシュが継承、ルルーシュがCode保持者に>

ルルーシュ生存/CC生存(ともに不老不死)

 <両者がCode保持者、ルルーシュはCCではなく、シャルルのCodeを引き継いだ>

 

 ―という三つの可能性が考えられるわけです。んで大方③のパターンで解説されています。そして多分それで間違いないでしょう。素直に見ると①のように思えるのですが、③でもべつに話の筋・ストーリーが軽くなるわけではないんですね。

 ①だと、ルルが自分の命をかけて世界を救ったということで上手いこと話がまとまるけど、③でルルーシュが生きていると、その自己犠牲「献身」がなくなって台無しになってしまう。何だ生きてんのかよ!となってしまって感動が薄れてしまうというコメントを見ました。

 しかしちゃんとレスがあって、『いやルルが生きているとしても「不老不死」になってしまう。CCがその「死ねない」という呪いから逃れようと行動していたように、「不老不死」というのは罰なのだ』という感じの解説がちゃんとしてありました。まさにその通りでしょう。永遠に生きるという「不死の罰の道」をルルは選んだのですね。

 

 それでも②、③どちらなのか?謎は残るんですよね。結構③の解説が多かったんですけど、②の可能性ももちろんあるわけです。しかし個人的にはまあ、③だろうという根拠があります。②ではなく、③になる可能性=CCのコードではなく、シャルルのコードを継承したという根拠の解説は見たことなかったんでその解説を(まあ、そんなにググってないのでドコかに解説が書いてあるかもしれませんが)。

 

■CCとの契約を守るなら②と③のどちらかになる

 CCの願いというのは「死ぬこと」でした。ルルーシュは「撃っていいのは、撃たれる覚悟のある奴だけだ」と行動をし続けた結果、自分の言ってきたことに責任をもって、その言葉を守って死んだわけです。ルルとCCは契約を結んでおり、ルルはCCとの契約を果たすと言いました。その約束を守らずにルルが「やっぱ世界守るために、俺死ぬから、約束は守れないわ~、ごめんCC(ゝω・)テヘペロ」と言うでしょうか?CCとの契約を果たすための行動をとったと見るのが自然です。

 

 ルルは契約を守るためにCCからコードを引き継ぐという話をしたはずです。CCは自分のような呪われた運命を味あわせたくないと拒否したかもしれません。もし、納得してもVV→シャルルのコードを引き継いだルルが更にコードを引き継げない事で、その時気付いたかもしれません。まあ実際に確かめたかどうか、それはわからないですからなんとも言えませんけどね。

 シャルルがCCのコードを奪ってコードを一つに統一しようとしたことがあるので、ラグナレクの接続という事以外でもコードを一つにできるかもしれません。だが、このときルルはギアス能力者でしかなく、シャルルのようにコード保持者*1でないので、きっとそれは出来ないと考えていいでしょう。

 

 CCが拒否して確かめられなかったか、それとももしかしたらシャルルのコードを継承した可能性があると事前に知っていたのか、わかりませんが、いずれにせよこの時点でルルがCCのコードを継承出来なかったと考えられます。もしかしたらシャルルのコードを継承したとスザクもCCも薄々感づいていたとしても、あんまり気にしなかったというか確信を持てなかったから確かめなかったかもしれませんね。大事なのは「未来」とそれを作るまでの過程としての「今」でしたから、そこら辺は曖昧な感じだったのかも知れないですね。

 

 これもコードの原則とかルールがいまいちハッキリしていないので絶対的な確証をもって言える話ではないのですけどね(※今小説読んでるので、そこら辺の設定がハッキリわかったならまた書き直します)。まあ、物語のテーマ上、そしてこれまでのCCとルルの関係性を考えて、③の結末にならないとおかしいんですね。作中の考察というよりも、作者のテーマという観点からこう読み取ることが出来るという話になります。

 

■コードとギアスについておさらい

 そもそも、コードとギアスの関係があやふやなんですよねぇ、そこら辺解説しっかりしておいてくれれば、こんなあやふやな説明にならずに済んだのに…。知り得る限りの説明をすると、コードというものを持つ人間は不老不死でCの世界とアクセス出来る。そして才能ある人間にギアスという能力を与えることが出来る。ギアスという能力を使い続けるとその力は強くなり続けて、本人でもコントロールが効かなくなる。主に目を介在して能力を使うわけだが、強くなると片目だけでなく、両目にギアスの「ひ」のマークが現れるようになる。その状態になるとギアス能力者はコード保持者からコードを奪うor継承するということが可能になる。そしてコード保持者となるとギアス能力を失うが、不老不死となる。

 

 コード保持者からギアス能力者がコードを継承した事例がCCとシスターの例とシャルルがVVから「奪った」例の二例しかないので、類推になりますが、コードを失ったものは不老不死ではなくなり、死ぬことは間違いないようです。そのことから考えるとCCが生きているので多分ルルがコードを奪った可能性はグッと下がるでしょう。ただ、シスターが死にたいと考えていたことや、VVが瀕死の重症だったことを考えるとシスターが不老不死でなくなっただけで、即自殺した可能性、またVVも回復能力が働かずにコードを奪われてそのまま死んでしまったという可能性も考えられないわけではないので、CCが単にコードを失って不老不死ではなくなっただけという②の可能性も考えられます。

 

 ああそうだ、ついでに一応解説しておくとギアスって最初見たときにいつもの能力者モノ、「能力者バトル」漫画にあるように、能力が云々関するものだと思っていましたが、あれは集合無意識にアクセスして能力を発揮する、集合無意識を通じて相手の意識に干渉を及ぼすということになっているので、通常の能力モノ系とはちょっと違うんですよね。あんまりそれを指摘しているものがないのかな?能力を並べると

 ●ルルーシュ、一度だけ相手に言うことを聞かせる

 ●マオ、特定範囲内の人間の心を読む

 ●シャルル、相手の記憶を書き換える

 ●ロロ、特定範囲内の人間の時間の流れを止める

 ●ジェレミア、ギアス能力を解除する

 ●教団の子供、特定範囲内の相手の動きを操る(おそらく)

 ●CC、愛される(おそらく特定範囲内の人間に好意をもたせるor虜にする)

 ●マリアンヌ、死後に生者の心に取り付く(ちょっと表現難しい)

 ●ナイトオブワン、特定範囲内の人間の未来を予測する

 ―となっていて、すべて集合無意識を通じて相手の精神・心に影響を与える、干渉するものなんですね。だから「私のギアスは火を操る程度の能力!」とか「僕のギアスは重くする程度の能力!」みたいな人は出てこなかったんですね。だから能力バトルモノとは一線を画すわけです。

 

■集合無意識下でのルルVSパパ・ママの経緯について

 んでまあ、ルルがCの世界で集合無意識に「願い」のギアスをかけます。以前ギアスがあるとしても、なんで一人の力で巨大な集合無意識に影響を及ぼせるんだよ、無理ありすぎじゃね?そもそも集合無意識からギアスという力を引き出してその集合無意識にアクセスしているんだから無効化されるんじゃないの?的なことを書きましたが、ラストのスザクとの会話でスザクが言ってましたね。

 「僕たちはCの世界で人々が明日を望んでいることを知った」って、つまり集合無意識も、人々も明日を望んでいるという思いが元々あったから、ラグナレクの接続・アーカーシャーの剣という「神殺し」の装置の無効化が出来たわけですね。ルルのギアスはきっかけで、それによってより強力な力を発動・現実化させたと見るべきでしょう。

 

 ママアンヌは精神体ですから、彼女がギアスを受けた集合無意識に飲み込まれるのはわかるのですが、シャルルがコード保持者で不老不死なのにCの世界に飲み込まれるってのはどうなんでしょうか?そもそも「時の歩みを止めないでくれ!」というのがルルの願いだったはずなのに、どうして「あなた犬の散歩いくならスーパーで卵と牛乳とハム切れてるから買ってきて」みたいなお使い感覚でついでにホイホイ二人を飲み込んじゃうのでしょうか?ラグナレクの接続・アーカーシャーの剣という「神殺し」の装置を破壊することでルルの願いを叶えるだけでいいような?神殺しの罰といえるんでしょうけども。

 

 今思いつきましたが、Cの世界に干渉すること事態がまあNG、大逆も大逆、不遜極まりない行為ですよね。Cの世界にアクセスするような輩がいる限りこのようなことは起こる。だからスーパーひとし君人形のように、ファファッファファッファーワぁぁぁンと没シュートしちゃたということなんでしょうか。神の領域に足を踏み入れた天罰のようなことなのでしょうか。ママアンヌも「CCもこの計画に賛同していたのにどうして!?」と言っていましたし、改心したCCは見逃されて、Cの世界にあまり来てなかったルルとスザクの二人はもちろんおkだったということになるのでしょうかね。

 

 ルルは集合無意識に「時の歩みを止めないでくれ」というギアス、願いをかけることで膨大なエネルギーを使い、ルルの両目が開く状態、両方共「ひ」になってコードを継承することが可能な状態になります。いささか「時の歩みを止めないために」というギアスの拡大解釈の気もしますが、シャルルはCの世界に閉じ込められる、飲み込まれることになります。この時シャルルが不老不死のママなのかどうかが、ルルーシュがコードを引き継いだかどうかのポイントになると思われますが、ジョジョのカーズのような状態にして永遠に苦しむという罰を与えることが集合無意識に可能だったのか?それとも精神面だけ飲み込むという形でCの世界をでたら、肉体自体は存在する。だが肉体は不老不死でも何の意思も持たない人形のような状態になる。精神面に干渉して白痴化させるという話だったのか?

 

  いずれにせよそれはわかりませんが、ルルにコードを引き継ぐ条件は整ったし、集合無意識は不老不死のシャルルを殺すために強制的にコードを剥奪したと考えるべきでしょうね。コードを持っているシャルルがいる限り、同じことがまた起こる可能性があるわけですから封じ込め、コードを剥奪する。そして時の歩み、明日を望むという集合無意識の、人々の願いと一致する意志を持つルルーシュにコードを託したのだと解釈すべきでしょう(まあ、単純にルルーシュがコードを奪ったということでも良いんでしょうけど、こっちのほうがより良い話になるのでこの説を押したいと思います)。

 

 それだったらシャルルのてのひらにコード「ひ」の字を飲み込んだ段階でなくしておいて欲しかったですね。そうしたら「あれ?シャルルの手のひらからコードのしるしが消えてる!」となって簡単に確信できましたからね。最後に手のひらが映るシーンではまだコードの刻印が残っているんですよね。

 

 それとも最後に「消え失せろ」という叫び、親殺しの意志を明確に見せたそのときに明確にコード保持者を殺すという意思表示となって、コードを「奪う」ということになったのでしょうか?そうでなければ、集合無意識がスターを取ったマリオ状態でなんでもありで、コード保持者であろうと何であろうと飲み込んでくれたという設定なのでしょうか?飲み込まれつつあるシャルルがなんであんな幽霊みたいな謎の動きができるのかもよくわからん話ですしねぇ。

 

 まあとにかく不老不死のシャルルを葬るためにコードが剥奪される必要があるわけで、ルルーシュに継承されたと見るべきでしょう。コードが二種類存在していて、直接ギアスを与えた方じゃない人間でも継承されるのか?という疑問はありますが。細かい説明、設定が今のところこんな理解でとどまるので、こんなあやふやな解説になりましたがそこら辺はご勘弁ください。

 

コードギアスR2というタイトルの意味

 コードとギアスの話だからコードギアスというタイトルだと言えますが、丁度この時のルルーシュの存在がコード保持者でギアス能力者というWな状態になっています。よつばと!ならWでなんかのお祝いです、ハンバーグとカレーでハンバーグカレーです。で、ラストで死んでギアス能力が失われコード(ハンバーグ)だけになる、不老不死状態になるわけですが、

 

 ギアス能力者

    ↓

 潜在的コード保持者&ギアス(ギアス能力者で未だ不老不死ではない)

    ↓

 コード保持者(不老不死)

  ―という三段階のステップの丁度真ん中にあるわけですよね。両方持っている状態、丁度人から神へのステップを踏む何らかの神話や近代以前の歴史の話を想定させますが、真ん中の両方持っている状態を「コードギアス」状態と見ていいでしょう。

 

 

 ラストでルルーシュは一度死ぬことで、「コードギアス」状態が終わり、キリストのように「復活」する。今後は不老不死の存在としてCCと生きていく。コード保持者として人とは違う理の中で生きる。これまでの人生もすべて捨てる、名前もいらなくなる。だからルルーシュのRからとって名前はRR(アールツー)になる。「コードギアスR2」というのはRにいろんな意味があるのでしょうけど、そういう意味が込められているのでしょう。ちなみにCCが実験体として研究されていた時の名称がCODE―Rでしたしね。ルルとCC二人という意味もあるのでしょう。

 

 そういうところから考えるとCCの元の名前というのはCで始まる名前なんでしょうかね?一時期VVもVなんちゃらという名前で皇族だからブリタニアから取ったのかなとか思ってましたが、ありゃBritania、VじゃなくてBだ(^ ^;)。思いついた途端ドヤ顔で書かなくてよかった。

 

 

 ※やべ、今Wikiみたら綴りRじゃなくてLでしたね。Lelouch LamperougeってLじゃねーか!なんだよ、そこはRにしとけよ…。Reの意味のR、Rebellionとかだけかぁ。ルルーシュがRだったらR2という意味がラストでああ、なるほどねぇとなるのにねぇ。もったいないね。なんかルルーシュがRRという存在になるこじつけになる由来ないかなぁ?

 

 R2と言ったら、相関係数・回帰分析くらいしか思いつかんしなぁ。他にR~ of R~的な意味があるのかしら?無難なところでRebellionとthe Resurrection、反乱と復活という意味か。別に名前が元になると確定したわけじゃないので、象徴的な言葉が名前になるとして、ルルーシュはゼロとして一度死にゼロとして「復活」。のち皇帝として死にまた「復活」をしたわけですから、二度の「復活」を遂げたので、Resurrection×2ということでRRという名前になったということにしておきましょう。

 

■ラストで完結するルルとCCの物語

 では、なぜ③ともにコード保持者でないと話のテーマが上手く収まらないか。コードギアスではキリスト教を意識した箇所がいくつかあって、今書いたようにキリストのように復活したと見るべきだからですね。世界は破壊の後に再び創造されるとルルーシュが言ったのは=終末思想・最後の審判の発想ですし、一期で一度敗北をして二期で「復活」して最終的に「勝利」を収めたこと、ギアス能力者が一度死ぬことでコード保持者として復活するなんて磔の3日後に復活して世界が救われた(=福音がもたらされた)というのもキリスト&キリスト教そのものですしね。最初CCが死んでから三日経ってルルーシュの前に姿を表したなどもそうですね。ルルーシュが最後に台から滑り落ちた時血で十字架を描いたり、そういうことをいたるところで示唆していますから、そう読み取るべきでしょう。

 

 また、CCとルルーシュの関係性が最終的に二人で永遠の時を歩むという形にならないと収まらないからですね。最近のヒロインはツンデレがデフォなので、CCが初期にルルに精神攻撃して嫌がらせするのは大して気に留めていなかったんですが、ルルとCCは話が進むに連れその距離を縮めていく、二人の絆は徐々に深まっていくわけですね。

 

 ルルがナリタでスザクから命を救われてお礼を言った時、またCCの本名を知ってその名を呼んだ時に始まり、次はマオの時。マオが現れて一度、CCは契約を破棄。ルルのそばから離れ、危機に陥ったときにルルがCCの身を救い「俺はギアスの力に負けたりなんかしない」と約束をして、ルルから新たに契約を持ちかけた時、二人の関係性は誰の目から見ても深いものになりました。ギアスが暴走してユフィにギアスを掛けてしまい、偽りの英雄という罪を背負った時、CCは「私だけはお前の傍を離れないずっと一緒にいる」とルルを抱きしめ、二人の絆は特別なものにまで昇華しました。

 

 一期のラストではルルーシュのためにジェレミアと心中し、二期の初めではCCは本来の目的を捨ててまでルルーシュに拘ってルルーシュを救いました。自分の目的のためなら別にほっといて次に乗り換えればいいだけですからね。

 

 一時CCは契約の内容は「死ぬこと」だと明かしてシャルルにコードを渡して死ぬつもりだったのを放棄しました。その時のルルーシュのセリフは「最後くらい笑って死ね」。そしてそれを聞いたCCがシャルルにコードを渡すことを放棄して二人の契約は「ルルーシュがコードをCCから奪ってCCが死にたいという願いを叶えること」から、ルルーシュが契約を持ちかけたということから考えてもわかるように、また世界のすべての人が笑って明日を迎えることが出来るようにというルルの願いから考えてもわかるように、「CCが笑って生きる事ができるように」と契約内容が更新されたと考えるのが自然でしょう。

 

 何の変化もない、単に同じことを繰り返すことを生きているとは言わない―だからCCは「死にたい」という願いになったわけですね。それをルルーシュがRRになることによって、二人で不老不死という永遠の時間を歩むことによって、「何の変化もない、単に同じことを繰り返すこと」という根本条件が変わる。それによって、CCの契約が「死にたい」ではなく「笑って生きる」というものに高められ、全うされた。このようにラストはなっているというのがオチ・作品のラストとして見事なものになるわけです。これ以外オチのクオリティの高さはないので、まずこれに間違いないでしょう。

 

 最後の最後で「CCがギアスを与えたことを恨んでないのか?私のせいでお前の運命は大きく変わってしまった」と問いかける。ルルーシュは幾つもの辛い思いをしながらも歩んできた現実に後悔などせず、「お前がいたからここまでこれたんだ、ありがとう」とお礼をいう。「お前のような奴は初めてだよ」とCCが答えたシーンでわかるように、また次回で解説するように二人がお互いのことを忘れても、もう片方が記憶をなくした相手を求めて再び巡りあったように、二人の関係性は物語の中核をなす特別なものになったのですから。その関係性を締めくくるラストはそうなると見るのが自然でしょう。

 

 あと、「お前が魔女だというのなら、俺が魔王になればいいだけだ」とルルーシュは言ってますし、コードを継承して不老不死となって「魔王」となったCCと肩を並べたという形でこの伏線を回収したと考えられますしね。

 

 そしてラストのCCのセリフ、「ギアスという王の力はお前を孤独にする。少しだけ違っていたか、なぁルルーシュ」―を考えても③になることがわかりますね。最初の契約でギアス能力者となると人とは違った理(ことわり)で生きることになる云々かんぬんというCCの事前説明と何が少しだけ違うことになったのでしょうか?

 

 それは不老不死となってルルーシュは人とは違う理の中で生きるという、CCの言葉通りになったけども、「ギアスという王の力はお前を孤独にする」といったことだけは外れたわけです。CCとルルーシュ、二人で生きていくわけですから、二人共孤独という運命からだけは逃れられたわけです。「何の変化もない積み重ねを生きているとは言わない」二人で生きることで「変化のない積み重ね」は「変化のある積み重ね」=「人生」になるわけですからね。

 んで、ラストの鶴は願い事の象徴として度々出てきましたから、最後のセリフと折り鶴=願いということを考えると、世界の願いとCCの願いは二つとも同時に叶えられたと読み取るべきでしょうね。

 からくりサーカス』なんかもそうでしたし、「呪われた身でも、その人生・運命を破壊ではなく、愛することに使うことが出来るのなら…。もしそうだとしたらこの呪われた運命も意味のあることなのかもしれない」とファティマが言ってたように、ラストで不死の二人が同じ時を歩むというオチは共通したものと言っていいでしょう(からくりサーカスも面白いのでぜひ読むように)。ただからくりサーカスのように明確にハッピーエンドが描写されなかった話も次回に持ち越します。

 

 次回は、何故シャーリーが死んだのか?最終話「Re;」というタイトルの謎。一期のラストの不自然な終わり方と二期の序盤のグダグダの謎です。最初二期が始まった時、何もう一回ゼロからスタートし直すの?たるいなぁ、こりゃ駄作だわ&萎えるわと思いましたが、それにはちゃんとした意味があったことを発見したのでその話を。あとルルーシュが「復活」したのはまず作品のテーマから言って間違いないのに、何故それが明らかにされないのか、そういう明確な描写がなされなかったのかという話も。原作サイドでそういう示唆はしても、ハッキリとした言及をしていないのは何故なのかという説明もね。

 

※他、コードギアス関係で書いたものです。

*1:コード保持者になると不老不死になるがギアス能力を喪失する。最終回でラストを迎えるまでギアス使っているのでその状態にはなっていない