読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てくてく とことこ

15/12/18にアメブロから引っ越してきました。書評・時事ネタ(政治・社会問題)で書いていく予定です。左でも右でもなくド真ん中を行く極中主義者です。

蓮舫氏の二重国籍の話

 ツイッター蓮舫さんの件でつぶやいたことをまとめました。意外と長くなったので目次つき。意味あると思えませんが。

【目次】

 

 

蓮舫共産党について

  民主党について(9) 続地方参政権とカリスマ蓮舫 昔こんな話を書いて、彼女には首相になるのに有利なバックボーンがあるという話をしました。ところが、今回二重国籍云々で政治家として窮地に追いやられました。彼女は自分のストロングポイントをよくわかっていないんでしょうね。

 まあ、民進党内では野田派(グループ)であり、民主党内でも安保などでは現実主義的・強硬派と言われるところに所属をしてはいますが、彼女自身はあまりそういう外交・安保はわからない感じがしますね。

 代表選挙前の質問で、「共産党とは協力しない。まず協力ありきではない」と明確に断言していました。今は共産党選挙協力抜きではどうしようもないのに、なんで、こんなことを言うのだろう?そんなことを思っていたら、ああそうか、彼女は帰化した人間(正確にはもともと日本人なのですけどね、そういうふうに理解している人が多いでしょう)だから、二重国籍云々の件もあって、「蓮舫は日本への愛国心がない奴だ!心は台湾にあって日本に忠誠を尽くすわけじゃない!!危険な政治家だ!的なレッテルを貼られたり、因縁をつけられているから、こういう態度に出ているのかと推察。

 共産党との協力を否定することで、自分は共産党とは遠い位置にある政治家である。共産党的な価値観を持つ政党・政治家に拒否感を抱く人間の反感を買わないようにアピールしている。自分が首相になっても、共産党のような主義主張はしませんよ!価値観が違うんですよ!大丈夫!とPRしているんでしょうね、きっと。

 本気で総理の座を狙うなら、既存の左から真ん中くらいは今のままでいいとして、真ん中から右の人達が猛反発をする現状がある。その反発を封じるor味方につけるために、「共産党を叩く」ことで強いリーダーをアピールするという図式があるんでしょうね。今後も、蓮舫の対共産党関係というのは面白そうなテーマになりますね。

 まあ、共産党選挙協力をしなければボロボロに負ける現状がありますから、選挙となれば協力することは変わらないでしょうけどね。反共姿勢PRからの一転、選挙直前に手を結ぶということになるでしょうね。そこら辺をどううまくやるかが彼女手腕が試されるポイントでしょう。

 蓮舫さんは「今後は自民に批判というよりも提言していく」と言ったとか。それについていつものように、否定的なツイを見たんですけど、そりゃ批判よりも提言・提案型のほうが国民の支持を得やすいからでしょうね。少しでも民進党へ信頼を集めるには、安保などでまっとうな政策を掲げないといけないですからね。

二重国籍について 手続きの難しさと複雑さ

 彼女の二重国籍騒動がありましたが、そもそもこんなことは大した話ではない。なのに非常に大騒ぎしている人々が目につきました。何を持ってして大騒ぎしているのか、奇妙にさえ映りました。「二重国籍が犯罪」とまで言い出す人がいたとか。国際的にもう結構前から、無国籍の状態の人をなくすために、二重国籍を許容していく流れになっていると思いますが、どうしてこういう反応なんでしょうかね?多くの人はそもそも「二重国籍」ということを知らないんじゃないでしょうかね?別に国籍を2つ持っている人というのは今の時代珍しい話ではないと思うのですが…。

 彼女のこのインタビューを聞いて、ああやっぱりね。と普通に納得しましたね。蓮舫さんのケースだと、当時「中国」から「台湾」にまず父親の国籍が変わる。しかも「台湾」は日本と国交がない。そういう非常に特殊なケースであるわけですね。これがまず一つ、そしてもう一つ父系主義というものから両系主義と国籍条件が変化したという二重の点で厄介・複雑になっていること。これを考慮すれば、政治家として大事な国籍云々という問題を放置してしまった。国籍変更手続きに失敗してしまっていたのもやむなしだと思いますね。

 この変更手続きの複雑な背景・歴史的事実を見るに、彼女に非があるとするのは難しいでしょう

 彼女のインタビューを聞くと、日本人の選択をした。そして未成年であったため、父に国籍変更の手続きを任せた。本人の認識では台湾国籍は抜かれていると思っていた。ところが台湾サイドはその手続きを受理していなかった➖と。まあ、十分あり得る話でしょうね。台湾側が、少しでも減る「台湾人」に危機感を抱いて、「我が国民・同胞」が減縷条件のハードルを上げた。曖昧な場合は離脱を認めないということにしておく、国籍保有者としてカウントしておくことは考えられますからね。

 詳しいことを知る由もないので推測になりますが、当時の台湾の立場を考えるとそんな気がします。また、国籍離脱を認めないブラジルの制度のように、本人が離脱します。国籍変更しますと言っても、簡単には認めないということは有り得そうですし。

二重国籍の問題を彼女特有の不祥事と理解してはならない。日本は国際社会に応じた柔軟な制度変更をすべき

 二重国籍の手続きについても、日本の法制に問題があるというツイートを見ましたが、日本の法制度上、そういう手続が簡単にできるようになっているとは想像しにくいですからね。そこら辺の問題ももうちょっと取り上げるべきではないでしょうか?「国際化」〜とやかましい昨今を考えると、そのまさに「国際化」によって起こることなのですから、ちょっとは考えないといけないでしょう。「グローバル人材」を求めて、国際結婚した人について、国籍手続きは難しくしますでは通らないでしょう。

 今回の二重国籍云々に問題があるとすれば、彼女の会見でしょうね。政治家としての政治責任の領域の話になりますが、有権者に嘘・偽りなく説明できたか、それによって国民に疑問を残さなかったかということ。要するに政治家としての説明責任の問題、また有力野党として次期総理としてふさわしい透明性と説明能力を保持しているかということでしょうね。まあ、そもそも二重国籍についての認識・理解が国民的に乏しいのでは彼女の能力でなんとかなるのか?という疑問はありますけど。

 また、問題が発生するのは二重国籍を利用しての脱税や、国籍を保持することで不適切な利益を上げたかどうかではないでしょうか。個人的には日本国籍を所持しない外国人でも、優秀ならば政治家として用いて欲しいと思う人間なので、たかが二重国籍云々で何を騒いでいるのか理解できなかったが、そういう不正がありうるということで騒いでいるのか。それならばまあ納得できます。しかしまだ明確な疑惑もないうちからちょっと騒ぎ過ぎではないでしょうかね?

 また、ペルーのフジモリ大統領のケースがありましたね。彼は大統領在任中でも日本国籍を持つ二重国籍だった。それを問題にして、二重国籍だ!取り消せ!剥奪だ!!なんて声はなかったですし、むしろ世論は歓迎していましたよね?日本政府だって取り消しをーと動いてはいなかったはずです*1。亡命してきたフジモリ氏国民新党から参院選候補したくらいですからね。この彼我のケースの違いは一体何なのでしょうか…。

 フランス在住の人が「日本は二重国籍を認めていないから、在外邦人は日本国籍を放棄しないと居住国で投票できない。この制度は日本国籍者の発言力を下げてる」
とつぶやいていました。それこそグローバル化云々言うのならば、二重国籍を認めて、世界中の日本コミュニティの地位向上のために、定住先の投票権を取得できるようにした方がいいですよね。蓮舫がセーフ・アウトじゃなくて、日本の発信力のために「日本も二重国籍を認めよう」の方向に持って行くべきでしょう。現在トランプ大統領間近となって、日系コミュニティの地位が危うくなるのでは?という不安がある状況ですし、尚更ですよね。

 またフランスの政治家、現首相はスイス人とスペイン人のハーフで20歳の時にフランスに帰化。現パリ市長はスペイン国籍からフランスに帰化。オランド大統領はオランダ系移民の子孫。ペルラン元文化相は韓国。サルコジ元大統領はハンガリー系移民二世だとか。かのように人材を多様にする方向性のほうが、政治の質を上げるためには良いのではないでしょうか?個人的にはこちらのほうが良いと思うのですけどね。

 まあ、そんな他国のケースはさておいて、蓮舫さんは台湾籍を放棄する書類を提出。明確に台湾籍を抜くという手続きを取ったわけですが、今回のケースでは、それによって台湾国との不適切な関係、あるいはビジネスなど台湾籍を利用した利益がない限り、彼女をクロとして非難するのはおかしいと思いますね。

台湾国籍問題は「一つの中国」・中国にも影響を与える

 そういえば今回のこの「二重国籍」問題をきっかけに、日本に「台湾は国だ」と認めさせることが出来ましたね(笑)。台湾に同じ名前を持つ政党があるだけに奇縁ですね。民進党所属の台湾にルーツを持つ台湾系日本人として、これほどの業績はないのではなかろうか?(笑)。

 もちろん、中国側は「台湾は我が領土の一部であり、蓮舫は中国人だ!」と主張して、無理やり書類を創りだして、蓮舫さんの中国国籍を抜く手続きをするところまでがセットの一つの物語ですね(笑)。中国サイドはこの事件についてどういう対応をしたのでしょうか?
 
 自民党片山さつき的な議員が「二重国籍!とんでもない!許すまじ!」と、いつもだったら喜々として叩くはず。ところが今回そうなってないのは、やはりこれをつっついて、「一つの中国」云々の外交問題に発展しかねないから?自民党内で口出しダメよ通達が出されているということなんでしょうかね?

 冗談ついでに、くだらないシャレを。このタイミングで橋下さんが「二重国籍はダメ!二重行政もダメ!」とか言ったら面白いなぁ~とか、どうでもいいことを思いついてしまった(笑)。まあ、あの人は弁護士やっているだけにこういうことで片山さつき的なことを主張するような感じではないでしょうけど。

蓮舫は再出馬すべし

 連舫氏は一旦議員を辞職して、次の選挙で選挙民の審判を仰ぐのが良いという指摘を見ましたが、それが適切ですよね。今回の件で蓮舫氏に問題があるとは考えませんけど、国民の判断を仰ぐ、選挙の洗礼を受けるのが一番いいと思います。それが政治家として一番いい筋の通し方ですからね。

 個人的には「小池先生の下で東京改革を!一兵卒から出直します」ってやって小池新党のナンバー2の地位を狙うのがベストかなと思います。小池さんのもとでコネ作って、自民党に手を突っ込めるようになるのがベストと考えますね。

新代表は蓮舫以外の選択肢はなかったという事情

 ここまで彼女に非はない。彼女は悪くない的なことを書いてきたので、彼女に肯定的な人間かと思われるかもしれませんが、野田派ということからもわかるように、彼女をあまり評価していません。正直新代表は、細野や前原の方が良いと思います。野田幹事長という人事で「あーあ」という感想しか出てきませんでしたからね。

 今の彼女が代表となっても、選挙で勝てる気がしませんしね。彼女の能力・立場を最大限に活かそうとするならば、小池さんの下について、彼女の新党勢力を膨らませて、それを利用すること女性のためにこんなことが出来る!と女性票をガッチリつかむことでしょう。

 新党&自民党の分裂を狙って都政改革に邁進することがベスト。それがまあわからない人っぽいのであまり期待はしていません。というか評価していません。

 まあでも、政党名を「民進党」という名前に変えて新スタートを切ったときに、トップの顔として台湾との深いコネがある蓮舫さん以外になかったというのもわかりますけどね。完全に台湾にシフトしていますよね。

 そして女性党首ということで、初の女性総理という斬新さを期待させる。そこに初の東京都知事小池百合子氏ですから、会談しにいってその絵面が今までに見たことのない華やかなものだったことからもわかるように、小池さんに対して蓮舫さんをぶつけるしかなかったんでしょうね。台湾の新リーダーも女性ですし、韓国のパククネさんは今大変ですけど、同じく女性リーダーですからね。

蓮舫さんの名字の謎と安倍さんとのコネ

 蓮舫が現在も「謝蓮舫」というネーミングを使うことに文句を言う人がいる。じゃあなんで、大塚珠代が丸川珠代と名乗ることには文句を言わないのだ?という呟きを見て、「ちょうど今、謝罪して「謝」蓮舫になってるじゃないか!」とか、激寒オヤジギャクの一つでもつぶやこうとしていたら、彼女名前いっぱいあるんですね。本名が村田蓮舫で、中国名が謝蓮舫。他に斉藤蓮舫ってあるけど、なんだろ?ペンネーム?旦那の苗字か?姓が蓮で名が舫だとずっと思ってました。

 そう思ってた所、前述のリンクのインタビュー記事を読んだら、お母さんの名字が斎藤で、日本国籍を選択したときに、謝→斎藤になって、結婚して夫の名字が村田だから、村田蓮舫担ったという流れですね。なるほど、納得しました。

 蓮舫のお祖母さんの陳杏村はバナナ貿易関係で、自民党献金をしていた。「岸信介の財布」とさえ言われたとか。ということは、安倍首相ともコネがあったんじゃないですかね?祖父母世代で繋がっているというのが面白いですね。今でも自民党献金をしていた昔の政治家とは多少コネがあるんじゃないでしょうか?

事業仕分けで叩かれた官僚は蓮舫憎しで彼女にマイナス材料を探している?

 今回の事件で、元官僚宇佐美氏が「汚いやり方」によって、官僚の仕事がパーにされた云々でツイートされていましたが、その理屈にはいまいち納得できませんでした。前政権の政治主導で決められたプロジェクトであり、文化省主導で作ったものではありません―とそのまま説明して納得してもらえば良いのでは?としか思えなかったのですが、どこらへんが「汚い」のかが一般人にはさっぱり理解できませんでしたね。

 この件については、官僚特有の自分達の仕事に政治家・マスコミ如きがケチをつけるなという思い上がりだという指摘が何件かあったが、やはりそういうことなのだろうか?

 まあ、官僚サイドからすると、事業仕分けでいじめられたわけですから、そういう政治家には思い知らせてやると考えているでしょうね。今頃、蓮舫バッシングについては「いいぞ!もっとやれ」とほくそ笑んで、新しい燃料を提供してやっている者もいるというところではないでしょうか。

アイキャッチ用画像

ラバーマスク 必殺仕分け人蓮舫


*1:みなし日本国籍保持者だったかな?いずれにせよ、両親が日本人で(片親の場合もそうなのかな?)海外に帰化した場合、かなりゆるい扱いをしていたと思います